感謝の菊2021*旭川市末広公民館に展示中*Hさんのご自宅の様子もご紹介(旭川市) | おらが街*おらがくんのブログ高橋新聞店(北海道 旭川市)

おらが街*おらがくんのブログ高橋新聞店(北海道 旭川市)

北海道旭川市の末広・春光・花咲エリアを中心に、地域情報を発信中♪北海道新聞(有)高橋新聞店のブログです。
おらがくんとは、新聞店のマスコットキャラクターの名前です♪
毎月第1金曜日にはミニコミ紙「おらが街」を発行しています。
地域密着の楽しい話題を発信中!

感謝の菊2021

 

Hさんの菊が、今年も旭川市末広公民館(末広1-2)に飾られていますよ(*^^*)ラブラブ

日頃、ご夫婦で公民館を利用されているHさん。感謝の気持ちをこめて、毎年飾ってくれているんです

今年もきれいですね~ラブキラキラ

 

 

まるで我が子のよう

 

土や肥料も手作りし「まるで我が子のよう」に愛情こめて育てていらっしゃいます音譜

今年は気温の変化が激しく、お花を大きくするのに苦労されたそうですが、とっても立派に咲いていますよね!

 

 

三本仕立て

1本の苗から、3本の茎を伸ばす「三本仕立て」にしてあるんです。

きれいにまっすぐ伸びた茎の先に、こんな大きなお花をつけるように育てられるなんてすごいですよねキラキラ

 

 

ご自宅にも伺ってみました音譜

今年はHさんのご自宅にもおじゃまさせていただきましたラブ

玄関前にずらりと並ぶ菊ラブすごーいキラキラこのほか、お友達のところにあげた分もあるそうです。

 

 

真冬以外はずっとお世話

 

 

1年を通してどんなふうに育てているのか伺ってみました。

 

 

(1)冬越し(これからお花がおわったら、根元から切り、雪の下にうめて冬越しさせます。)
冬の間、気温が低すぎたり、春先に一度雪解けしてからまた冷えたりすると、あっという間に根がダメになって消えてしまうこともあるそうびっくり

 

(2)苗づくり(雪解けと同時に芽を切って、挿していきます)

(3)土づくり(オリジナルでブレンド)

(4)肥料づくり(拾ってきた落葉や、油かす、魚粉、米糠、豚糞など混ぜてつくる自家製。かなり栄養ありそうグッキラキラ

(5)剪定(バランスよく三本仕立てにするの難しそう)

(5)防虫(アブラムシがつかないように)

(6)温度管理(外に出したり、家にしまったり)びっくり

 

 

ざっとの内容で、順番や内容が微妙かもしれませんが…

とっても手間と時間と愛情をかけて、可愛がっていらっしゃいます(*^^*)ラブラブ

 

 

 

 

こちらは珍しい「4本仕立て」になっていますね~拍手 1つ多くお花を楽しめていいですね爆  笑 

左側の鉢は、黄色い菊と、白い菊のミックスになっています(白いお花はまだ成長中)

ピンクのグラデーションも可愛いですね~ピンクハート

 

東旭川S名人へのオマージュ

 

2019年にご縁があり、亡くなった東旭川の菊名人から譲り受けた菊の花がありました。

下矢印そのときの記事はこちら

 

 

残念ながら、今年の寒波であのお花はだめになってしまったそうですが…

S名人の技にならって、同じサイズの菊を育ててみているそうですラブラブ

右の鉢のは、高さは理想通りですがお花が大きくならず

左のはちょっと高くなりすぎて、と、なかなか難しいようです。

いろいろ試行錯誤されているので、また来年が楽しみですねキラキラ

 

 

 

 

というわけで、今年も楽しませていただきありがとうございましたラブラブ

公民館にはまだしばらく飾ってあるので、お近くの方はぜひ直接ご覧くださいね。

取材ご協力ありがとうございましたラブラブ

 

 

 

 

さて、このあとHさんの奥さまの作品もいろいろ見せていただいたので(奥さまは手芸や絵がすごいんです!)

また別の記事でご紹介しますね。お楽しみに音譜

 

 

 

【過去にご紹介した記事】

 

花火感謝の菊2020

 

 

 

花火感謝の菊2019

 

 

↑2018以前の記事は、2019年の記事からたどれます