どうも、イ○ポです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が君をどう思おうが、君の幸せとは一切関係がない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちはいつから他人の目を気にし

 

 

 

自分ではない誰かの仮面を被りながら生きていくようになってしまったのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

あー言えばこう言われる、こう言えばあー言われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になるにつれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我の数だけ増えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくなっていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカには年齢を持たない人々がいる…

 

 

 

 

 

女はこれでもかと言わんばかりに垂れ下がった"乳を丸出し"にし、

 

男はまるで"マンモス"を彷彿させるかのような牙を鼻につけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はアフリカの民族に憧れ、

 

 

年齢というものを捨てた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は「人生を変えてやる」という強い気持ちとともに、あらゆるものを捨て続けた。

 

 

 

 

「年齢」

 

 

 

「新卒」

 

 

 

「社会のレール」

 

 

 

「人からの目」

 

 

 

「家族の期待」

 

 

 

「彼女」

 

 

 

 

 

そして同時に得たものは…

 

 

 

 

「おまえ頭大丈夫?」

 

 

 

「そんな人だと思わなかった」

 

 

 

「ってかまじおまえの元カレ頭おかしいって言われるからやめて」

 

 

 

「つうか童貞なの?」

 

 

 

「まじ下ネタばっかできもい」

 

 

 

「とろーる芹澤?きも」

 

 

 

 

 

あぁ周りからは後ろ指をさされ、散々バカにされたさ。

 

 

 

でも、俺はたしかなことを知っている。

 

 

 

 

 

 

これは大切な何かを失った人間にしかわからないことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを手に入れるということは、何かを手放すということ。

 

 

 

そして何かを手放す覚悟のない人間が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功することはない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは本日も始めることにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おれはオシャレの地、原宿キャットストリートのなかで一人頭を抱え込んでいた。

 

(マジでどうしよう…)

 

 

 

というのも、

 

実は"ホストデビューの日がもう明日"に迫ってきていたからである。

 

つ、ついにっ( ̄□ ̄;)!!笑

 

 

 

 

ホストクラブに問い合わせしたところ、スーツでも私服でもいいとのことだった。

 

スーツは地味なものしかないために私服で行くことに。

 

 

 

 

 

だが困ったことに、"ホストに最適な服"なんて持っていない。

 

 

 

 

 

元ホストK氏に相談したところ…

 

 

「う〜ん、とりあえずメンズ109ッショ!」

 

「オッケーオッケー、イケるッショ!」

 

 

っという何ともチャラい返答をもらってしまったのだ(((゜д゜;)))。。笑

 

 

 

 

 

 

「成功者は言われたことを素直に聞く。そして直ちにそれを実行してみる」

 

 

 

 

 

 

ということで109へ…

 

 

 

 

 

 

 

う〜ん…

 

 

 

微妙だ

 

 

 

 

 

何が微妙って、それはもしおれがここ109で洋服を買ったところで"同化"してしまうのだ。

 

というのも27歳童貞イ○ポが人生を変えるためにホストデビューをするという挑戦なのに、

 

 

"他人のマネをして個性を潰してその場になり染まることに、なんの価値もない"

 

 

 

 

右を向いたから右を向く。左を向いたから左を向く。

 

 

 

この服みんな着てるからおれもきる

 

 

 

みんなやってるから、おれもやる

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことをし続けた結果…

 

 

気づけば自分が誰なのかさえ、わからなくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

マネ

マネ

マネ

マネ

マネ

マネ

マネ

マネ

 

 

 

 

人のマネで作られた人生。

 

 

 

この先のおれ人生にはいったい…

 

 

 

 

何が待ち受けているんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、何もない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おれはその場を逃げるように立ち去った。

 

 

「おれは生まれ変わるんだ!!!」

 

 

心の叫びが周囲の人間に聞こえてしまうか心配になるくらいに、

 

胸の鼓動が急に高鳴り始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを捨ててしまいたかった

 

 

 

 

 

 

この背中に乗っているなにかよくわからないもの

 

 

 

 

 

 

こんなものすべて殴り捨ててしまいたかった

 

 

 

 

 

気づけばおれは…

 

 

キャットストリートを全速力で駆け抜けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはどこだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興奮冷めきらず、手当たり次第に店に入っていく…

 

 

 

 

 

 

 

こいつら、おれをナメてんのか?

 

 

 

 

 

 

どこもかしこも世俗的な見慣れたキャラクターでプリントされたグッズであふれている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おれは歌舞伎町でホストデビューすんだよ

 

 

 

 

 

 

 

天下の歌舞伎町で、一発逆転してやんだよ

 

 

 

 

 

 

こんな馬鹿げた洋服…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が買うんだよ、ふざけんじゃねーぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

ホスト!?

 

 

あぁ?ホストっちゅうもんは何だかよくわからねーけど、ジャラジャラしてんじゃねーか

 

 

 

 

 

そんだったらまずはおれもナメられないように…

 

 

 

"ジャラジャラ"させよーじゃねぇかっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おれの名前はとろーる芹澤だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来、必ず天下をとる男だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまえの胸にもしっかり…

 

 

 

刻んでおけよっ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

将来天下をとる男がビビっちゃいられねぇんだよ

 

 

 

 

おれはよ、生まれたからにはよ、でっかいもん掴みてぇんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそみたいな27年間だったんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

いいじゃねーかよ…

 

 

 

 

 

 

一度ばかしの人生じゃねーかよ

 

 

 

 

 

少しくらい夢見たってよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おれは怖いんだよ。

 

 

新しい世界を見ることにビビっちまってんだ。

 

 

 

 

 

ずっと縮こまっていた。

 

 

 

ずっとずっと自分を押し殺して生きてきた。

 

 

 

 

 

 

でもよ…

 

 

 

マジで今ここでやっておかないと…

 

 

 

ここですべてを殴り捨ててまで夢を追わないと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にこのまますべてが終わっちまう気がしてさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は不安になった時何をするか知っているか?

 

 

 

 

 

 

そう、何かにすがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

見えない将来が怖いから、

 

 

 

 

 

 

 

自信を持たせようとして…

 

 

 

 

 

 

目に見えない何かにすがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからおれも…

 

 

 

 

 

 

 

 

"この挑戦を最高のかたちで成功させる"ために…

 

 

 

 

とりあえずお守りとして…

 

 

 

 

 

 

 

名前入りのアクセサリーを…

 

 

 

 

 

 

 

 

買い占めました

 

 

 

 

 

 

いや、それっておまえ…

 

"うさんくせー壺"とか買っちまう奴とおんなじじゃねーかよっ( ̄□ ̄;)!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性とはいったい何なのだろうか?

 

 

 

日々考える、とろーる芹澤であった。

 








いいから、洋服を、着ろっ( ̄□ ̄;)!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「成功を手にできないでいる人達は、自分の欲望を全く犠牲にしていない人だ。

 

もし成功を願うならば、それ相当の自己犠牲を払わなくてはならない」

 

 

ジェームズアレン(作家)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!笑


ついに最終回です。

ガチで行ってきます(iДi)!!!!笑

 

 

 

 

 

場所間違えました