格安!電動搾乳器 | 夢追い人のヨメ in マニラ

夢追い人のヨメ in マニラ

夫が南の島で突然起業→夢追い中。
遠距離生活ののちナースをひと休みしてマニライフ開始。
経営者妻の自覚なく自由気ままに暮らしてます。
ズボラなんで気が向いたら書きます。


テーマ:
ベビ、6ヶ月になりましたアップ
 
ただ今、絶賛夜泣き中sao☆
寝かしつけたあと30分から1時間くらいで
「うわ〜〜〜んえーん
と聞こえます。
最近は料理しててもシャワーしてても泣き声の空耳が、、笑
 
と思ったら、
image
 
あっ!!歯が生えてる!?
下の前歯がちょこんとラブラブ
夜泣きはこのムズムズのせいなのかな〜目
ということはしばらく続きますよね、、
 
 
さて、そんなわけでなかなかタイムリーにブログを更新できない毎日ですが
産後お世話になった搾乳機のお話。
 
搾乳機って、どのくらい使うのか不明なものリスト上位のものでした。
私の出産前のイメージは、
 
「完全母乳育児のママが産後しばらくしてお出かけできるようになってから赤ちゃんを人に預けるときに母乳を搾っておくための器械」
 
だったので。
(完母じゃなければいらないよね〜(´ε` )くらいに思っていた)
 
ところが、意外と産直後から活躍するものだということが判明。
 
①母乳の出が悪いときや赤ちゃんの吸う力が弱いときに、赤ちゃんに吸ってもらうような刺激を与え分泌を促す
②乳頭に傷ができたり、陥没乳頭などで直接授乳するのが難しいときに搾って与える
③うつ乳(乳管が詰まった状態)のときに使う
④母乳が出にくい人は、夜間の授乳間隔があき始めた頃、分泌を維持するために搾る
⑤母乳が出すぎる人は、夜間の授乳間隔があき始めた頃、軽く搾って乳管の詰まりを予防するために使う
 
などなど、、他にもあるかな??
 
むしろ、母乳の分泌や授乳間隔が安定する前に起こる、乳房トラブルの予防や解消で使う機会が多いものなんですね。知らなかった(O_O)
 
私の場合は母乳の出が悪く、産直後から搾乳器を使うように医師の指示があり使い始めました。
 
最初は友だちに借りたピジョンの手動搾乳機。ニコ
image
 
NICU滞在中、移動できるようになってからは、病院備え付けのメデラの電動搾乳機。
image
 
マニラでも、ピジョンやメデラ、chiccoなどいろんな種類の搾乳機を購入できますが
電動は10000〜15000ペソ。
高い〜手が出ない〜えーん
 
退院後しばらくは手動でがんばってたんですが、頻回すぎて握力が、、ショック
 
そんななか、産後2ヶ月ごろにたまたま見つけた格安の電動搾乳機@SM Aura。
 
{4BE0C3D8-E5A9-412A-95EA-28E694C4D1D2}
搾乳機ってBreast Pumpって言うのね〜(・・)
{BFC7DD4E-F9EB-487E-B72C-7C868A76E6EC}
このトゥイティーシリーズは哺乳瓶なども格安ひらめき電球
 
なんとお値段2000ペソ。びっくり
エッ、他のに比べて安すぎやしませんか???
すぐ壊れたりして、、と逆に不安にひひ汗
 
フィリピンのローカルブランドだから安いのよ、とお店のお姉さん。
一応、1年の保証もついているとのこと。
 
毎晩寝ぼけ眼でシュコシュコしぼっている私を見ていた夫が
わんわん「ダメもとでもいいじゃん」
と買ってくれました。
 
左がトゥイティー。右がピジョン。
image
 
結論としては、、
 
アリアップ(°∀°)b
 
後ろの説明図を見るとやたら分解されて面倒に見えますが、4〜5個くらいの部品に分かれて洗浄しやすいです。
 
そして、ギュッギュッギュッという刺激モードと、ギューッギューッという搾りモードが数段回の強さで選べます。ほとんど搾りモードしか使ってないけど。
 
ただし、乳管の詰まりの解消目的のときなんかはいろんな方向から圧をかけて搾りたいので、手動じゃないとイマイチな気がします。
 
また、病院で使っていたメデラはやっぱり優秀で、もう搾れないんじゃないか、というところから使って5〜10mlとかポタポタ出てくるかんじだったのですが、こちらはそこまでの底力はないです。
 
ということで、この電動搾乳機を使うシーンとしては、
 
◯手動を持っているけど頻回に使うから2台目がほしい
◯溢れる母乳を詰まる前に抜くために使いたい
◯手軽に乳頭に刺激を与えたい
 
といったかんじですかね〜キョロキョロ
 
搾乳した母乳は24時間冷蔵庫で保管できるそうです。
 
めっちゃ搾ってたのは最初の2〜3ヶ月くらいで、
3ヶ月過ぎた頃からは、6〜8時間ほどまとまって寝てくれていた時期に、最後の授乳(だいたい7時ごろが多かった)の2時間後くらいに搾って→翌日の夕方に足す、という使い方をしていました。
夕方は母乳の出がとりわけ悪くミルクの間隔が3時間あかないことが多かったのです、、
 
今は夜泣きでずっとビービー泣いているので搾れませんにひひ汗
 

☆母乳分泌維持のために夜中も3時間おきの授乳を欠かさないように赤ちゃんを起こしましょう、という考え方もあるので、あくまでうちの場合です。

 

 

ミルクの良さも実感しつつ試行錯誤で続けてきた混合授乳ですが、

なんとか「離乳食まで母乳を少しでも吸ってもらう」という目標までは達成できたので、一段落です。ニコ

 

最近はとうとう哺乳瓶を自力で持てるようになってきたベビ。

どんだけ大泣きされても乳首を噛まれて傷ができても、授乳の時間は癒やしになっています。

卒乳のときは泣くかもなあ〜〜えーん私が。

 

離乳食を進めつつ、いつまで続くかわからない貴重な授乳の時間を大切にしたいと思います。ニコニコ

 

 

長文読んでいただきありがとうございますうさ・ペコぺこり

 

みふゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ