マニラで布おむつ | 夢追い人のヨメ in マニラ

夢追い人のヨメ in マニラ

夫が南の島で突然起業→夢追い中。
遠距離生活ののちナースをひと休みしてマニライフ開始。
経営者妻の自覚なく自由気ままに暮らしてます。
ズボラなんで気が向いたら書きます。


テーマ:

昨日マニラの紙おむつについて書きましたが

参考記事→紙おむつ比べ

我が家、昼間は布おむつ愛用中です。おむつカナヘイハート

 

 

友だちでマニラ子育て中のママさんには

「暑いからすぐ臭くなりそう、、ガーン

と驚かれましたが

 

3ヶ月やってみて、

マニラこそ布おむつはアリビックリマーク

と実感しております。

 

新生児の退院直後、2週間くらい紙おむつオンリーの生活をしてみて、

おびただしい量の紙おむつのゴミに心が痛み(←もったいない病なので)

日本の姉にとりあえずもらってた布おむつを使い始めたのがきっかけ。

 

 

そもそもズボラーなのでいちいち洗うの面倒そうだわ〜と思ってたんですが、

意外と洗濯がラク。びっくり

さすが常夏マニラ、一瞬で乾く!!晴れ

 

おしっこおむつは蓋付きバケツに日中分つけ置きしておいて、じゃぶじゃぶ水ですすいだ後に洗濯機へポン。

う◯ちのときも、うちはいらなくなったシーツをちょうどよい大きさにちょん切ってライナー代わりに当てているので、それをポイすれば手洗いはそれほど面倒ではないです。

ゴミを気にせずどんどん替えられる〜ニコニコ

 

そして、マニラは布おむつの種類が豊富で安い。

カバーは姉にもらった50と60のサイズが2個ずつあるんですが、

こちらではフリーサイズのおむつカバーが300ペソ〜(700円〜)で手に入ります。

 

とりあえず1個買ってみたおむつカバーがこちら。

image

デザインもいろいろ。ハデハデなのもデニムっぽいのも無地もあります。

 

ボタンを使ってサイズ調整するタイプ。たしか300ペソくらい。

 

新生児だとこんなかんじで縮めておいて、

image

 

左右のボタンでおなか周りを調節。

image

これは1ヶ月ごろのときの写真。ちょっと大きめでこんもりしてますが、漏れませんでした。

 

フリーサイズなので買い換える手間がなく、リーズナブル。

 

更に、姉からもらったおむつカバーは内側が防水加工になっていますが

マニラのこの布おむつカバーは外側が防水になっている様子。

内側が柔らかい布で、汚れ落ちがすごくいいです。

ぺったりう◯ちも、ゴシゴシせずちょいちょいっと手洗いして真っ白になります。

メイドさんがいれば洗ってもらえるので更に楽ちん音譜

 

 

インサートは、日本の「輪おむつ」とこちらで購入した「形成おむつ」を使用。

 

image

 

形成おむつは、3個入り160ペソ(ランドマーク)や2個入り119ペソ(Baby CompanyやSMデパートのベビー用品売場)で手に入ります。1個はおむつカバーに付いてきます。

 

形成おむつは洗うのも干すのも楽ちんですが、日本の輪おむつのほうが幅を調節できるのでいいかも。そしてサラっとしています。

 

日本で調べたら「布おむつは50枚〜70枚用意しましょう」なんて書いてあるけど

外出時と夜は紙おむつを使用しているので、今のところ15枚で足りています。ニコ

もう少ししたら2枚重ねじゃないといけないくらい1回の尿量が増えるかもしれないので、そしたら輪おむつを買い足そうかな。

 

 

ただ、離乳食が始まるとニオイがきつくなるとか、

ハイハイなどで動き回るようになったらボタンで止めるタイプのおむつカバーは難しいかも?とか、いろいろ不安要素もあり、、

布おむつをいつまで続けられるかは未知です(^_^;)

 

長時間の外出の機会が増えてきたので紙おむつ率も上がっていますが、

どのくらいの時間で替えればいいかタイミングがわかってきたので、短時間のお散歩などでは布おむつを使用できるようになってきました。

 

ということで、無理せずできる範囲で続けてみようと思います爆笑

 

 

長文読んでいただきありがとうございますうさ・ペコぺこり

みふゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ