お部屋探し④〜契約編 | 夢追い人のヨメ in マニラ

夢追い人のヨメ in マニラ

夫が南の島で突然起業→夢追い中。
遠距離生活ののちナースをひと休みしてマニライフ開始。
経営者妻の自覚なく自由気ままに暮らしてます。
ズボラなんで気が向いたら書きます。


テーマ:

~物件絞り込み編~

~内見編~

~交渉編~

のつづき。(^◇^)ラストです。

 

☆お部屋探しの流れ☆

1.住みたいエリアを決める

2.部屋の条件を決める

3.内見したい物件の絞り込み(業者、ネット)

4.内見スケジュールを調整する

5.内見

6.自宅に持ち帰って比較

7.希望があればオーナーと交渉

8.決定、契約

 

④は~契約編~(8)

 

物件を決めたら、いよいよ契約。

予想外のどんでん返しがないかドキドキしてましたが

スムースにいきました。ほっ。

 

英語力に自信のない私は、事前に契約書のコピーをメールで送ってもらうよう依頼。

 

内容としてはお作法があるようで、いろいろ難しいこと書いてありますが

とりあえずチェックすべきは

 

◯お互いの名前が間違ってないか

◯契約日、契約内容があっているか(部屋番号、Association Due込の家賃、セキュリティデポジットなど)

◯契約書終了時の取り扱い(更新時に家賃が値上がりする設定になっていないか、お互いの同意のもと更新することになっているか、何ヶ月前に退去通知かなど)

◯修理費について(オーナー負担の範囲と、いくらまで自己負担か)

 

などなど。

 

あとは常識的な範囲で、火事のときはどうするとか、部屋は居住以外の目的で使用してはダメとかいろいろ書いてあります。

 

念のため、夫の秘書さんにもチェックしてもらい、契約当日。

 

場所はどこでもいいよ~(°∀°)bと言われたので、

新居をもう一度見せてもらうことに。

 

そこで、事前にリクエストした内容(家具家電の追加)を確認し、

更に入居前のメンテナンスを依頼。

 

・強力なペストコントロール

・エアコンのクリーニング

・グリーストラップの掃除

・インターネットの契約

・汚れている壁のケア

などなど。

 

契約にはオーナー代理とオーナーさんが来ていたのですが

二人とも感じのいい人で、上記の内容はだいたい言わなくてもやるわよ~ニコニコっていうかんじでした。

 

あとは、水回りのメンテや棚などの引き出しがちゃんと開くか確認したり

追加してほしい収納家具の位置などを相談したり

引き取ってほしい家具家電を依頼したり(でっかい花瓶や古いオーディオなど)。

 

 

世間話も含めて1時間くらいで完了。

オーナーさんはマカティやオルティガスにも部屋を持ってて、

日本人に貸している部屋も多いので、日本人に慣れているそうです。

 

「日本人はトラブルがないから良いわー音譜

 

と言ってもらい、先人たちに感謝ニコラブラブ

 

 

入居後にどんなトラブルがあるかやっぱりドキドキだけど、

無事に部屋が決まってひと安心。

 

さあ、あとは引っ越し準備ビックリマーク

がんばるぞーがんばる

 

長文読んでいただきありがとうございますうさ・ペコぺこり

みふゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ