お部屋探し②〜内見編 | 夢追い人のヨメ in マニラ

夢追い人のヨメ in マニラ

夫が南の島で突然起業→夢追い中。
遠距離生活ののちナースをひと休みしてマニライフ開始。
経営者妻の自覚なく自由気ままに暮らしてます。
ズボラなんで気が向いたら書きます。


テーマ:

前回①~物件絞り込み編~の続き(*^o^*)♪

 

☆お部屋探しの流れ☆

1.住みたいエリアを決める

2.部屋の条件を決める

3.内見したい物件の絞り込み(業者、ネット)

4.内見スケジュールを調整する

5.内見

6.自宅に持ち帰って比較

7.希望があればオーナーと交渉

8.決定、契約

 

②は~内見編~(4.5)

 

4.内見スケジュール調整

 

めんどうだったのがコレ。

業者に依頼すると、いくつかのコンドを車でスイ~っと案内してくれるけど

ネットで自力で探すとなると、それぞれのブローカー(ネットに載っている連絡先の人。だいたいオーナーの縁の人だったりアシスタントだったり)と個別に時間を調整しないといけません。

そして、移動も自力。

テキストの返信の速さもバラバラだし、狭い範囲だったからまだ良かったけど、移動時間も含めてアポイントを取るのに若干苦労しました。あせる

 

ただ、良かったのはやりとりの時点でブローカーのキャラクターがわかること。

仲介だけの人もいるかもしれませんが、今後オーナーとの橋渡しをしてもらったりするにあたってずっと関わる人もいるので、対応がイマイチだったりめっちゃ押しが強いとちょっとな、、というケースもありました(それでも内見はしたけど)

 

そして予想外だったのは、ひとりのブローカーに問い合わせるごとに、

「他にも◯件似たような条件の部屋あるけど見る?」

と提案されること。

 

結局1日でトータル12件見せてもらいました。

ブローカー1人あたり1時間くらいあればいいだろー、と時間調整してたものの

フィリピンタイムでオーナーが遅れてきたり、追加で3件見れることになったりして

次のアポに間に合わない~汗と焦ったりしました。

 

自力調整の場合は、1時間半~2時間くらいのゆとりが必要だと学びました、、、ガーン

 

 

5.内見

 

結局短い時間でたくさんの物件を見せてもらうことになった私たち。

1件1件覚えていられないあせるので、

◯動画を撮る

◯写真を撮る

◯メモを取る

ということをしながら、事前に考えていた条件を比較して内見していくことに。

 

うちが比較したポイントは以下のとおり。

 

◯キッチン

 

・広さ

・普通のコンロかIHか(BGCはガス禁止)

・カウンタータイプかどうか

 →小部屋に独立している間取りも多い。私は子どもが生まれたらリビングが見えた方がいいなと。そして、動きまわるようになったときのためにリビングとの仕切りがおける形であるとなお良い。

・冷蔵庫の大きさ

・オーブン付きかどうか(あれば嬉しい、くらいだけど)

・シンクの大きさ

 →びっくりするくらいちっさい場合も。

・収納の大きさ

 →一見多そうに見えても、今の家はシンク下が全部つながっていて、グリーストラップ(排水を一時貯めておくバケツみたいなの)のニオイがひどくシンク下~コンロ下に鍋や食品など入れられませんでした。ということでグリーストラップコーナーとの仕切りがあるかチェック。

 

◯リビング

 

・窓の大きさ、向き

・エアコンの種類

 →今の部屋はウィンドウタイプとスプリットタイプ両方あるけど、ウィンドウタイプは音が気になる、、。リモコンもないし。ただしスプリットタイプは水漏れなどメンテナンスが面倒だったり。あとは埋込み型のコンドも。これは電気代が高いとかメンテが大変という噂。

・家具

・収納

・床が木

 →タイルの物件多し。タイルはオシャレなんだけど、ちっさい子どもはコケてゴチーンドンッしたりするよ、と友だちに言われて、木がいいなと(マットは敷くつもりですが)。簡単に洗えない絨毯は不潔っぽいので却下(言えば取り除いてもらえる)。

 

◯ベッドルーム

 

・窓の向き

 →リビングにも関連するけど、今の部屋が東向きでめっちゃ暑いダウン日中はむわっとして入れません。エアコン代にも関わってくるし、マニラで南、東向きは避けようと。

・ベッドの大きさ(できればクイーン)

・収納

 

◯バス、トイレ

 

・バスタブの有無(あれば嬉しいラブラブ

・収納

・給湯器が洗面台にも対応しているか

 →シャワーはお湯だけど洗面台は水のみ、という物件も。

・洗濯機の場所、種類

 →メイド部屋にあったり、キッチン脇にあったり。お風呂場近くにあると手洗いのとき便利だなーと。

・手持ちシャワーがある

 →ホテルなどで見かけるレインシャワー、ヘッドシャワーと言われる天井から水が来るタイプは使いにくい。

・シャワールームの仕切りがガラス

 →カーテンのタイプも多い。マストではないけどガラスのほうが掃除しやすい。

 

◯全体

 

・築年数

 →新築や初入居の物件は構造上の不具合があることが多いとよく聞く(コンセントに電気が通ってないとか埋め込みコンロが断線してるとか、、ガーン)ので、できれば前に入居者がいる部屋を希望。

・部屋のニオイ

 →今の部屋で苦しんだのはコレ。建物の古さにも関連すると思います。あと、内見のときにニオイがする場合は空き部屋になってから時間が経っていたりするので入居後の不具合が多い可能性が、、

・メイド部屋の有無

 →住み込みの予定がないのでうちはなくてもいい。メイド部屋がない物件は居住スペースが広くなる。

・エレベーター

 →来るのが遅い場合日々のストレスに。(日本人会のエレベーターとかほんとダメメラメラ)高層階まであるコンドだと低層階と分かれていたりする。

・アメニティ

 →ジム、プールはほぼ付いている。ほかにプレイエリアがあったりヨガスタジオがあったり、、

・窓からの眺め、ベランダの有無

 →景色は良いほうがいい。ベランダはなくてもいい。

 

 

まあ、全部希望を満たす物件なんて皆無ですよね。真顔

結局、こまこま条件あげつつも総合点で絞り込みというかんじ。

 

家具付きなのでいろんなインテリアを見れたのは楽しかったです♪♪

 

image

カフェみたいな内装のお部屋や

 

image

オーナーさんの信仰で全面クリスチャンデコレーションのお部屋えっなどなど。

 

 

次は~交渉編~音譜

 

長文読んでいただきありがとうございますうさ・ペコぺこり

 

みふゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ