大きい方は「2蓮華印」
蓮華の中心をハチスを言います。あなたは今ハチスに座っています。過去をここに繋ぎ、未来をここから見渡す位置にいます。
小さい方は「愛語」
あなたから発せられた言葉を最初に聞くのはあなた。世界を好循環に導く為にも、いつも明るい前向きな言葉を使いましょう。
2つ合わせると、
あなたは「いま」にいます。いえ、いまにしか存在しえないのです。過去や未来に行くのは、さまよう「心」。「今」には時がなく、今は失うものを持ちません。誠意で愛に満ちた言葉は人を活かし自分を幸せにします。天に向ける顔で語って下さい。という感じでしょうか?
時代の空気感が大きく切り替わって来たことを感じます。忖度せず動く無心の人達や裏表ない真実が明らかになっていく。まさに光が強くなれば闇も濃くなり、その闇に強く光を当てて光を繋げて行くようなそんなエネルギーを感じます。言葉は大切ですね。発する言葉を最も間近で聴くのは自分自身です。常に人と自分を比べ不平不満を心の中で呟いていればそれを聴いているのも自分自身です。先ずは誰よりも自分自身に光を当てて自分が自分を認めてあげること、過去への執着も未来への不安も手放して「いまあるもの」を大切に柔軟な心でいること大切な気がします。
#観音力カード#観音力カード合わせ

大きい方は「24不動明王」さま。
昨日に続けて引きました。
相反する2つのものであっても、まずは認める。そこから様々な価値観をよしとする鷹揚さが生まれます。互いにゆるしあい、支え合って世界は成り立っているのです。
小さい方は「14胡蝶の夢」
寛容であって辛抱強いなら愛されないはずがありません。無理をする必要のない心には、人を休ませる力があります。
2つ合わせると、琴の音色は胡蝶のように舞う飛天の心の響き。弦は張り過ぎると切れてしまい、弛めると音が出ません。何事もほどほどが幸せの道。おかげ様の道。あらゆるものが「すべて」と一体である時「正反対」という概念など意味をなしえません。豊かさとは多様であることに他なりません。という感じでしょうか?
不動明王さまのカード、2日続けて引くという事はそれだけ強い意味合い。世の中がジャッジで二分され緊張感が高まっているということかもしれません。どちらも正しくないから争いが起こる。一人一人皆んな違うし、違うからこそ必要なのだと受け入れる広さやゆとりや優しさが自分も人も休ませます。「嫌い」の感情を読み解いてみると本当の正直な自分の心に行き着いたりします。それを抵抗せず素直に認めてみると開放されて楽になるのかもしれませんね。
#観音力カード
#観音力カード合わせ


大きい方は「24不動明王」さま。
二相一対の理なれば、善もなし、悪もなし。
切りつけられたものの痛みを知れば、また切りつけたものの痛みを知る。「だれの正しい」でもない答えを見出さなければならないのです。
小さい方は「19賛嘆」
あなたは他人の鏡であり、他人はあなたの鏡です。人のいいところを見つけられるのはあなたの中に同じものがあるから。又その逆もあります。2つあわせると、あらゆるものが「すべて」と一体であるとき「正反対」という概念など意味をなしえません。多様であるから世界は美しい。豊かさとは多様であることに他なりません。むずかしいのは受け入れること。難しいだけに大きな糧になります。という感じでしょうか?一人一人が全員違う。違うからこそ、補いあえて大きな世界が成り立ちます。ジグソーパズルのピースのように、どれ1つ違った場所にはハマらなくて、1つ欠けても成り立たない。そう思っていれば正義を振りかざして怒る事も少なくなることでしょう。違う意見は決して自分を否定された訳ではないのです。相手を自分の思い通りにコントロールしようと思うから苛立ちます。正義はそれぞれの中に異なって存在しています。正しさよりも優しさで接する方がまとまります。受け入れることが難しいなら相手の気持ちになって考えて見るのはいかがでしょう。何故、腹が立つのかを深く分析していくと思いがけない自分の気持ちに気付くこともあるように思います。
#観音力カード#観音力カード合わせ

大きい方は「13慈母観音」さま。
捧げるという喜びを。
愛するのは愛される為、子どもを養うのは将来の為ですか?本当に大切なものをモノの価値と混同しないように。
小さい方は「22水の神殿」
あなたのからだは神仏からお借りした神殿です。感謝と慰労を忘れないように。あなたのいのちが未来を創ります。
2つ合わせると、見返りを求めた途端、愛はエゴとなり、憎悪にも姿を変えてしまいます。壊れていくものには値がつくかもしれませんが、壊れないもの(愛、いのち、信頼、友情、平和)に値はつけられません。つけてはなりません。あなたのいのちがいまどう生かされるか。その中にこそ未来があります。という感じでしょうか?子供を育てるのは将来自分を養って貰う為ではなく、パートナーを愛するのは同じだけ愛される為ではなく、愛は無償でひそやか。「愛することが出来た」その暖かさが自己肯定で幸福感。そうはいっても、人である限りは中々そんなふうには思えなく「こんなに愛したのに」と思ってしまいがちです。でもその欠乏感が結局は自分を苦しめるのです。プライドの高さは人より低く扱われたように感じる許せなさ。そんな事にがんじがらめになると心は冷えてガチガチになります。温めましょう。弛めましょう。開放しましょう。何ひとつ「わたしのもの」ではありません。愛は見返りを期待しない方が何故か増えていくようです。
#観音力カード#観音力カード合わせ

大きい方は「29アイ・リメンバー・ユー」
生きる。生きている。それで十分です。これ以上のものは世界にないのです。
小さい方は「35新生」
日々新生の時、日々新しいあなたの誕生です。生きていくことのすばらしさを味わってください。2つあわせると、本気で、いのちがけで生きるとはどういうことか考えたことがありますか?いつでも何度でも生き直すことが出来ます。本気で命がけで生きるなら全てがよき方へ動き出します。お金があるとか肩書きがあるとか、いい企業にいるとか、セレブな暮らしぶりとか、モテるとか、有能とか、そんなことは皆、妄想です。という感じでしょうか?今日は2枚とも「生きる」というテーマのカード、大きい方は、生きているというそのこと自体がすごいことなのだと、小さい方は気持ち次第で毎日新しい自分に生まれ変われると伝えています。
世の中、この2年で大きく様変わり、それでもまだ変わり切れていないから又続くということでしょうか?病気や事故は止まって見つめ直しなさいということですね。極限になって初めて気付くことってあります。私も大病したからこそ「健康の大切さ」を実感して「ストレス」が1番よくないことに気付きました。ストレスを上手にプラスに変換出来るユーモアがあれば心が病みません。すると身体も健やかです。何よりも「自分の健やかさ」が自分だけでなく周りをも笑顔に出来る気がします。
#観音力カード#観音力カード合わせ

大きい方は「20天の琴」
人間には生まれつき身に備わった良心への眼差しがあります。これが「徳」ということです。本来的に宿るもので、人生はそれを磨き出してゆく旅といえるでしょう。小さい方は「21守護」あなたはいつ何時も護られています。膨大な歴史を刻んだすべてのものがあなたをささえてくれています。雲が晴れる時、さあ心機一転、生きていきましょう。2つ合わせると、いつからでしょう。「徳」が「得」に姿を変えたのは。損得と有徳が混乱しています。過ぎ去りし時は遥か遥か手を合わせたくなります。ここに辿り着くまでの奇跡の数々、どれだけの罪を、善行を重ねて来たことでしょうか?徳を磨き徳を積んでうまく生きるのではなく、良く生きていきましょう。という感じでしょうか?「得と徳」見返りを求めない行動の繰り返しが「徳積み」なのかもしれません。表には見せずに裏で支えるとか、心配事を胸に秘めていても笑ってみせるとか「認めて欲しい」という子供っぽさでは出来ない行動です。周りへの配慮があるからこそ出来る強さ深い優しさや思いやりにまで思いを馳せられると優しさは繋がっていくのかもしれませんね。↓
#観音力カード#観音力カード合わせ

大きい方は「6花吹雪」
楽になりたいがための迎合や同調はもうやめましょう。魂の求めに素直になればおのずと葛藤が生じます。その葛藤があってはじめて真に豊かな人生を歩めるとも言えるでしょう。あなたの存在はすでに多くの支えになっています。
小さい方は「6大調和」
生きとし生けるものは思いを通じて結びつき合っています。日々の思いを内観し、恐れや怒りを解き放ち、希望や感謝の方へ向かって下さい。内在を知ることは至高への道筋です。
2つ合わせると
人は一人では生きてはいけません。見えるもの見えないものと支え合ってこそ生きていけるのです。だから互いが支えになる生き方を創造していく、、そのための葛藤でもあります。深い意識の中では森羅万象みな一つなのです。という感じでしょうか?2つとも優しいピンク色のカード。伸び伸びと自由に空を舞う天女様が楽しげに花びらを舞いていらっしゃいます。ピンクの蓮の花の中心に穏やかに座っていらっしゃいます。心が不安でザワザワしたらカードを眺めてゆったりと深呼吸しましょう。心の中にこのピンク色が広がるようにイメージしてみましょう。思いは波動なので共振します。平安は深い深い我が内にありますよ。出来るだけ優しい言葉や感謝の思いを言葉にしましょう。
#観音力カード#観音力カード合わせ

大きい方は「13慈母観音」さま。
捧げるという喜びを。勉強するのは競争に勝つため。仕事するのはお金を稼ぐため。子供の頃から「何かのため」に生きて来ました。けれども愛するのは愛されるため、子供を養うのは将来のためてすか?本当に大切なものを「モノの価値」と混同しないように。
小さい方は「時は今」
始めの昔より導かれし者、ここに態を成す。
さぁ、その時が、巡って来ました。氷を打ち砕き、闇を破り、新たなる世界が花開きます。2つ合わせると、壊れていくものには値がつくかもしれませんが、壊れないもの(愛、いのち、信頼、友情、平和、、)に値はつけられません。つけてはなりません。心を開き、あるがままに望み、あるがままにいのちを燃やしましょう。と言う感じでしょうか?本質に向かって正直になれということのようです。本当に大切なモノ、失うと困るものには値がつけられません。お金が無くても地位や名誉失っても、いのちがあればなんとかなる。愛があれば暖かい優しさがあればどんな事も超えられる。その本質に気付いて殻を破りましょう、ついに時が満ちてその時が巡って来ました。
#観音力カード#観音力カード合わせ


大きい方は「6花吹雪」
楽になりたいがための迎合や同調はもうやめましょう。かけがえのないあなたの人生なのですから。見えるもの見えないものと支え合って、互いが支えになる生き方を創造していきましょう。
小さい方は「19賛嘆」
人のいいところはあなたのいいところなのです。人を褒めることは自分を褒めることなのです。その逆もあります。
2つ合わせると、難しいのは受け入れることです。むずかしいだけに大きな糧になります。自在なる魂のその求めのままに、さぁおゆきなさい。その葛藤があってはじめて真の豊かな人生を歩めるとも言えるでしょう。という感じでしょうか?人のよいところに目がいくのは自分の中にもそれがあるから。逆によくないところに目が行くのもそれが内側にあるから。良くないことばかりが目に付くとしたら、自分のことが好きではないということになります。誰よりも自分を1番に愛し味方になるのは自分自身。だってその人生を選んで生まれてきたのだから。魂の思い通りに生きようとするなら当然大きな葛藤が生まれることでしょう。でもそれを越えることが沢山の人達の糧や勇気にもなります。魂の求めに素直に伸びやかに解放されていきましょう。
#観音力カード
#観音力カード合わせ



大きい方は「9賛嘆」
さぁ、素敵なタネを蒔きましょう。
タネ蒔きはスタート地点であると同時に目的地でもあります。向かう先によって路線を決定するのです。
小さい方は「20慈愛」
愛とは見返りを期待しない純粋な思い。たとえ誰ひとり振り向かず報われることが無くても、自らをそしてすべてのものを生かす力。
慈とは母のように恵み深いこと。
2つ合わせると、タネが原因とすれば、収穫はその結果です。それぞれに適した時があります。考えてばかりでは何処へも行けませんね。私の献身に世界が応えてくれないのではなく、世界の献身にあなたが応えていない。そのことに気付きましょう。という感じでしょうか?タネを撒かずして花は咲かないし、カボチャの種にメロンはならない。そもそも時期もあるし、土壌もある、ならば一つ一つ動いていかなければ、何も始まりません。突き動かされる思いがあるならば、それは必ず叶っていくことだから、自分を信じて行動を開始しましょう。誰にも解って貰えていないのではなく、本当は皆んなの期待に自分が応えられていない、ということのようです。見方を変えるとハッとなることありますね。信念のとおりに動いて行きましょう。
#観音力カード#観音力カード合わせ