「おにぎりの並べ方を聞けたので、すぐに試してみようと思います」 | 栄養素を語らない心理栄養士ふじいくみこ

栄養素を語らない心理栄養士ふじいくみこ

栄養素を語らずして、何を語る!?
いえ、栄養素以外にもとっても大切なモノがあるんです。
子育てを通して気が付いた、ママと子どもの「食」を中心に、
身体や心のお話をお伝えします。
離乳食や食物アレルギーでお困りの方、一度お読みください^^


テーマ:
●「おにぎりの並べ方を聞けたので、すぐに試してみようと思います」

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

離乳食講座(手づかみ食べ)8_201

お気に入りの玉ねぎ。

こ~んなお口を開けて、自分で食べていました。

なんどもお代わりして、よっぽど美味しかったのでしょうね。

離乳食講座(手づかみ食べ)1_201

ジィ~と見て、

離乳食講座(手づかみ食べ)2_201

ためらわずに、口に入れてみる姿もありました。

ずっと美味しそうに食べていましたね。

これは、先日の手づかみ食べ講座の様子です。

離乳食講座(手づかみ食べ)5_201

ママのお膝の上だと、安心してチャレンジできますね。

離乳食講座(手づかみ食べ)3_201

上手に持てたよ。

離乳食講座(手づかみ食べ)4_201

ちゅうちゅう…、やっぱりおいしい^^

講座の感想をご紹介します。

8ヶ月で少し手づかみは早いかと思いましたが、食べる意欲がありしっかり食材を持ち食べていたので驚きました!
蒸し野菜の作り方も見せてもらい、実際どんな形で与えるのがよいのか、与え方のコツなどがよくわかりました。
食べる時の姿勢も大切なことも分かりましたし、こどもの様子をしっかり見て自分の
判断でゆっくり進めていけばよい、焦らなくて大丈夫だということが分かり、気持ちが楽になりました。
お出汁をとらずに簡単にしかも体にいいお味噌汁は、即席でできて、本当に美味しかったです。
さっそく今朝からやりました。
ふじいさんにゆっくりといろいろ教えていただき、本当にありがとうございました。
(Iさん)

手づかみのしやすいメニューや食材の切り方を知りたくて参加させてもらいました。
おにぎりの並べ方を聞けたので、すぐに始めてみようと思います。
今後、幼児食のメニューの講座や小さな料理教室のようなことをしていただきたいです。
(Mさん)

いかに簡単に、かつママも一緒に食べれる下ごしらえをするか…はとっても大事です。

子どもが小さい間は、冷めたみそ汁しか飲めない…とよく言いますが、ちょっとした発想の転換で、熱々の具沢山みそ汁だって飲めるんです。

みそ汁作るの面倒くさいし…と、長く汁物から遠ざかっているママにも、好評です。

私たちママは、毎日凝った料理を作る余裕はありません。

子どもの離乳食が始まればなおさら。

さらに、食べてくれない子だと、ママの食事は2の次3の次に…。

「まぁ舌触りはちょっとあれだけど、安心安全なら、こんなおみそ汁もありだと思いません?」
そんなコツをお伝えしました。

離乳食講座(手づかみ食べ)7_201

こうやって下ごしらえして、親子で一緒に食べれたら、言うことないですよね^^

離乳食講座(手づかみ食べ)10_20

みんないい笑顔で、私もほっこりしました^^

こちらの講座、次回の開催は未定です。

7月か8月頃かな?

開催リクエストがあれば、下のお問い合わせからメール下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



大阪の心理栄養士ふじいくみこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス