復職後、離乳食をどうしようかと悩んでいます。 | 栄養素を語らない心理栄養士ふじいくみこ

栄養素を語らない心理栄養士ふじいくみこ

栄養素を語らずして、何を語る!?
いえ、栄養素以外にもとっても大切なモノがあるんです。
子育てを通して気が付いた、ママと子どもの「食」を中心に、
身体や心のお話をお伝えします。
離乳食や食物アレルギーでお困りの方、一度お読みください^^


テーマ:
復職後、離乳食をどうしようかと悩んでいます。

いつもありがとうございます。
ふじいくみこです。

先日、目からウロコの離乳食講座を開催しました。

お子さんがこの4月から保育園に入られ、慣らし保育中にママがお一人でご参加くださいました。

離乳食がうまくいかずネットで色々検索して、一度相談してみたいと思い参加しました。
一対一だったこともあり、悩んでることを中心にお話ししていただけて、とても有意義な時間になりました!
スプーンやフォーク、コップなど、道具についても色々教えていただけて、とても参考になりました。
新聞で作る腰掛けは、ぜひ作りたいです。
教えていただいた蒸し器も買ってみます。
本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。
(Kさん)

この講座では、幅広い内容をお伝えさせていただいてますが、参加者さんによって、ここがよかったです、と言われる項目が結構違うのです。

Kさんには、スプーンやフォーク、コップの話を参考にしていただけた様です。

オススメの食具の説明はもちろん、スプーンの持ち方、食事の食べさせ方、お箸へのつなげ方などもお話しさせてもらいました。

今回は、お一人様でしたので、Kさん個別にお悩みも聞きました。

「お仕事復帰後の、離乳食と大人の食事をどうしていけばいいでしょうか?」

これは、多くのワーキングママのお悩みだと思います。

特に、朝は「また今日も食べないな~」と、ゆっくり悩んでいる時間も無くなりますから、手間をかけずに作り、食べさせることが必須になります。



このまま、食べない~となると焦りますよね。


でも、無理やり食べさせたら、逆効果になることも。

どうすれば、自分で食べてくれるか、どうすれば、簡単に用意できるか、どうすれば、時間短縮になるか、ご家庭の食事や環境に合わせて、無理のない方法を考えたいところです。

慣れるまでは、ママもお子さんも大変でしょうから、無理せず、ご自分のペースをつかんでいってくださいね。

こちらの講座、次回は6月に開催予定です。

早く聴きたい!
出張してほしい!
などのご要望がありましたら、こちらからご連絡くださいね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。



大阪の心理栄養士ふじいくみこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス