ウィクトーリアのレース後コメントで気になること、分からないこと。


騎手曰く “  直線でいったん2着馬を交わしたのですがそこで耳を絞って気難しさを見せました。 ・・ 一過性のものであればいいのですが  ” 

調教師曰く “ 最後は耳を絞るなどこの血統らしい面を見せましたが ・・・ 単に疲れただけかもしれません ” 



“ 耳を絞る ” ってよく聞くのは不愉快 や怒りのサイン。

叩き合いのゴール前で “ 耳を絞った ” って、ウィクトーリアの心情は如何に?
そして具体的にレース(結果)にどう悪影響したのか?


具体的な影響は2着馬を交わした後に差し返されたこと ... ?  
それは2着馬との併走が嫌で騎手の叱咤激励に反抗して自ら下げた?

それとも今回のレース結果には悪影響は無かったけど、今後のレース中のコントロールが不安ってこと?


限られたコメントスペースだろうけど素人でも分かり易いように悪影響や懸念内容を教えてほしいもの。



他の一口馬主たち
天気カメラ _ 勝山は恐竜もいいけど大仏もね

説明

三十三間堂と言ってもは京都の仏堂じゃない。
青森県平内町の夜越山森林公園にあるサボテン園で40~60年に1度しか花を咲かせないとする多肉植物「三十三間堂」が開花した。今回咲いた株はオープン当時の1972年からあったものだとか。
2017年7月に花芽が確認されて2年以上かけて開花。一生に1度だけ開花、後はタネができ枯れゆく運命らしい。
10月いっぱいは咲き続けるらしいので帰ったら見に行ってみっぺ。
それでは今日も歌います。
♪ 花見の駅で待ってる君に やっとの思いで逢えた
♪ 満開 花は満開 君は うれしさあまって気がふれる
♪ 空ではカラスも 敗けないくらいによろこんでいるよ
♪ とまどう僕には なんにも出来ない だから
♪ ガンバレ みんなガンバレ 黒いカラスは 東へ西へ