令和2年第1回横浜市会定例会が、昨日(1月30日)開会しました。会期は3月24日までの55日間です。
 
 
会期決定の本会議の後、各局から来年度予算案の説明を受ける「予算研究会」が連日開かれています。
 
昨日の教育委員会からの説明の際、
 
今から1年3か月前(2018年10月23日)の議会質問(決算特別委員会・市民局)、4か月前(2019年9月26日)の議会質問(決算特別委員会・総合審査)で、私が副市長や市長に提案・要望してきた、「東京オリンピック・パラリンピックでの横浜の子どもたちへの競技の直接の観戦機会の提供」について (※ 下記のタウンニュース港北区版(2018年11月15日号)の記事参照)、来年度予算に1億190万5千円)計上されている旨の表明がありました。
 
image
タウンニュース港北区版(2018年11月15日号)
 
 
その内容ですが、
 
○対象は市立学校の児童・生徒約5万人(※引率者も含む)。
 
○競技種目は、オリンピックは、横浜市内が会場となっている、野球、ソフトボール、サッカー。パラリンピックは、陸上競技。
 
当初、私の提案に対して、副市長は、「未来を担う子どもたちにどう伝えていくかは本当に大事なこと。観戦機会もその一つ。他の自治体の取組みも参考に、今後横浜市としての対応を検討していく」という答弁でしたが、昨年のラグビーワールドカップの観戦機会の提供に続き、実現してくれました。
 
半年後、東京オリンピック・パラリンピックを会場で観戦する横浜の子どもたちにとって、何ものにも代えがたい「一生に一度の」思い出、レガシーになればと願っています。
 
 
(★過去の関連ブログ)
 
2018年10月24日 
ラグビーワールドカップ2019、東京オリンピック・パラリンピックで横浜の子どもたちに観戦の機会を

https://ameblo.jp/ooyama-shoji/entry-12414054957.html

 

2018年11月16日

タウンニュース11月15日号 ~ 4年に一度じゃない、一生に一度の思い出を横浜の子どもたちに!

https://ameblo.jp/ooyama-shoji/entry-12419334864.html

 

2019年1月4日

林市長 - 「子どもたちが観戦できる機会も検討していきたい。」

https://ameblo.jp/ooyama-shoji/entry-12430601298.html

 

2019年5月27日
横浜市、よく頑張ってくれました! ~ 4年に一度じゃない、一生に一度の思い出を横浜の子どもたちに!