横浜市議会議員 大山しょうじ オフィシャルブログ Powered by Ameba

横浜市議会議員 大山しょうじ オフィシャルブログ Powered by Ameba。


テーマ:
衆議院選挙も中盤戦~終盤戦に入っていますが、横浜市会も開会中で、一昨日(10月16日)、決算第二特別委員会(政策局審査)で質問に立ちました。
 
{9644D876-829D-454A-A927-DB4A23DE4680}
 
質問項目は、
 
1 カジノを含む統合型リゾート(IR)
 
2 横浜市立大学付属2病院
 
です。
 
カジノを含む統合型リゾート(IR)については、7月の市長選挙でも市民の皆さんの関心も高く、争点の一つにもなりました。
 
市民の皆さんも市長選後、「IRについてどのように市会で議論が進んでいるのだろう」と思っておられる方も多いと思い、取り上げました。
 
民進党横浜市会議員団は、来年度の予算要望の重点項目で、「カジノについては、港湾事業者、多くの市民が反対の姿勢を示すことを重く受け止め、国の施策に引きずられることなく、導入しないこと」としており、この立ち位置から現段階の政策局(=IRの検討を担当している局)の考え方を質しました。
 
IRについては、これまでも林市長は、「国の方でIRの実施法案も成立しておらず、制度の全体像が明らかになっていなので「白紙」。今後、市民の皆さんや市会の意見も踏まえ検討していく。」と繰り返し議会でも述べています。
 
IRが横浜市である意味「大きな政治課題」になっている中、横浜市のトップの林市長がIRについて現状これ以上の話をしていない中で、事務を担当する政策局長が、市長以上の踏み込んだIRの見解、方針を述べることはあり得ませんが、そのありのままの現状を皆さんにわかってもらうために議会の場で、以下について質問しました。
 
 
①IRに対する現在の横浜市の考え方?
 
②市民のカジノに対する賛成・反対の意見をどのように受け止めているか?
 
③IR推進法成立以降の国の検討状況?
 
④国が開催した説明・公聴会の状況?
 
⑤有識者で構成されたIR推進会議のとりまとめのポイント?
 
⑥IRの主なメリット、デメリットをどう捉えているのか?
 
⑦市長は、「市民や市会の意見も踏まえ方向性を決定する」としている。また選挙後には、「市民アンケートを実施したい」とも発言しているが、民意の反映の手法として、どのような方法を検討しているのか?
 
 
政策局長の答弁を含む議事録は用意ができ次第、またブログでご紹介しますが、主に、「IRの導入は白紙であるため、現時点では具体的な検討はしていない」や、「国の方ではこうなっている」という説明の答弁で、
 
 「国の方でIRの実施法案も成立しておらず、制度の全体像が明らかになっていなので「白紙」。今後、市民の皆さんや市会の意見も踏まえ検討していく。」(林市長)
 
の域を出ませんでした。
 
現時点ではこの通りですが、引き続き国の動きも注視し、改めて時機を見て取り上げていきたいと思います。
 
明日(19日)は総務局の審査で質問に立ちます。
 
 
 
 
 
 
 

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

大山正治さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース