横浜市議会議員 大山しょうじ オフィシャルブログ Powered by Ameba

横浜市議会議員 大山しょうじ オフィシャルブログ Powered by Ameba。


テーマ:

 9月23日。横浜市会第3回定例会も、来週からは23年度決算審査が始まり、後半戦に入ります。先週は決算の議会質問のための当局からのヒヤリングに多くの時間が割かれる中、ある勉強会で大倉山精神文化研究所の平井誠二さんのお話を聴く機会がありました。



横浜市議会議員 大山しょうじ オフィシャルブログ Powered by Ameba


 平井さんは「わがまち港北」の著者で、少し大げさかもしれませんが、「港北区のことなら何でも知っている方」と言われています。今回は「大倉精神文化研究所の歴史と港北区」と題した講演でした。

大倉精神文化研究所の歴史にはじまり、大倉精神文化研究所の創設者である大倉邦彦氏(1882年~1971年、実業家)の生涯、旧大倉山精神文化研究所本館が横浜市大倉山記念館になってからの歴史、そして最後に港北区のこと等、約1時間のお話でした。


 大倉山精神文化研究所の歴史や大倉邦彦氏については、研究所のHP等でも見ることができるのでここでは割愛し、一般の人にとって興味深い話を少し。 


 大倉山記念館は、公共施設で利用料金が安い、山の上でなおかつ周りを木立に囲まれていて余計な写りこみが少ない、東京から近いなど撮影に有利な条件が揃っているため、これまでも多くの映画やドラマの撮影で使われてきたそうです。最近では、NHKの「梅ちゃん先生」や、「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」の撮影にも使われたそうです。「梅ちゃん先生」では、信くんが梅ちゃんにプロポーズする場面で、大倉山記念館の西側の入り口前が北品川の警察署の設定で使われていたそうです。私はその場面はピンときていないのですが・・・。


 ということで、是非そういったドラマの雰囲気も味わいに「大倉山記念館」にお出かけ下さい。大倉山記念館のある大倉山公園は、特に、梅や桜の季節は最高です。


 さて、大倉精神文化研究所は、大倉邦彦氏が、「自分をこの世に生み出した存在(神?)への畏敬の念を持ち、果たすべき役割(使命事業)を自覚し、実践できる人を育てたい。」との思いで設立したと聞きました。


 「研究所も公益財団法人で、職員の給料もそんなに高くないんですよ。」と冗談のように言われていましたが、本当に活き活きと平井さんが講演されているのを見て、「研究所で仕事をすることになったきっかけ、そして研究所で働く平井さんの果たすべき役割(使命)をどう考えておられるか」などを質疑の時間に詳しく聞かせていただきたいと思ったのですが、残念ながら質疑の時間の途中で、私は議会に向かいました・・・。

いいね!した人  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース