2015年04月19日(日) 09時19分16秒

新制度への移行

テーマ:保育
昨日、こんな記事が目にとまりました。

社員の最低年収を830万円に、自らの年収は1億円削る 30歳CEOの大胆改革

木造保育所も、3月末に、給与規定を更新しました。

認定こども園化すると、保育士とか職員という一括りの給与の算定では、どうしても対応できないと思ったからです。

全職員、基本給制を導入し、細かく手当をつけて、職能を明確化しました。全職員の給与が下がらないようにしようと、相当苦労しました。在職期間が長い職員が多いこともあり、給与の開きは結構あったものの、それに近づけるように手当を設定していくと、職員それぞれに求めなければならない職能が見ることが出来て、私も勉強になりました。

何よりも、職員それぞれに給与の根拠を示せたので、職員それぞれも、求められていることが「見える化」されたようで、それぞれの働き方が変ったように思います。

結果、職員の昇給は下位ランクほど上がり、上位ランクの職員は微々たる金額。全員なんとか昇給したものの、園長給与は年10万円ほどのダウン。そうだよなあ。園長ってだけで、これだけ貰っているっておかしいよなあと思っていたことと重なりましたので、思い切ってそのまま採用しました。

でも、貰っても課税対象になり、さらに職員に(奢るとかなんとかで)還元していたことを考えると、10万円給与を下げてもあまり気にならないかもと思った次第。

そんなこんなで、昨日読んだのが冒頭の記事でした。

桁が違いすぎるんですけどね。

どうやって働いてもらうか、どう働くか、その賃金の根拠は何なのか…それを知ることはどんな立場にあったとしても大切なんだと思った次第です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年04月05日(日) 14時53分20秒

「主と自分の復活」

テーマ:説教
 1日より新しい年度が始まりました。去年度から、木造保育所では、3歳以上児と3歳未満児それぞれを縦割りクラスとして考え、また、一斉保育なしをスローガンとして一年間保育を行ってきました。現場の保育士たちはとても苦労したようです。それまで、園児一人一人に道具セットを入れた棚を用意していましたが、去年からは、それを取りやめ、敢えて最低限の文房具を置いています。当然、園児たちはそれを共有して使わざるを得なくなります。当然のごとく「貸して」「ダメ」のトラブル起こります。今日も保育室に入ってみると「園長先生、ピンクを貸してくれない」と訴えてくる園児がいました。すると訴えられた方の園児は「だって、貸したらずーっと返ってこないんだもん」と反発。よく見ると、別々の机でそれぞれに色塗りを楽しんでいての衝突でした。色鉛筆のセットを一度取り上げて「ねえ、色鉛筆これしかないんだもの、こっちの机でみんなで色塗りしたら?」と提案すると、「そっか。だったらみんなで使える!!」と閃いた子が、早速イスを持って移動して色塗りを始めました。それからはお互いの絵を評価しあったり、お喋りをしながら、楽しそう。「一つしかないんだから、真ん中に置いて、みんなで使おう!!」人生の知恵を発見した瞬間に立ち会いました。

さて、今日はイースター…復活祭です。主の復活をお祝いする日として、定められてる日です。ユダヤ教で祝われていた過越祭を起源として、キリスト教では、主イエスの復活の日と定められているのが、この日です。ユダヤ暦では「ニサン」という月の15日。イエスが十字架の上で息を引き取ったのが「ニサンの月の13日」で金曜日ですので、「13日の金曜日が不吉」などと言われているのはご存知の通り。キリスト教では、イエスが復活をすることによって「すべての人が死に至る罪」を過ぎ越したと解釈します。イエスの甦りはすべての人の罪の赦しを意味し、それを信じる人たちすべての甦りを約束したものだと解釈するわけです。

キリスト教ではとても大切な復活祭ですが、時期的にも春を迎える祭としても重要視されます。そのために、直前の46日間を四旬節と呼び伝統的に食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が奨励されます。肉食を避けるなど質素な食事を摂りながら、慈善事業などに参加してそれまでの一年の罪を償おうというわけです。カーニバルというのは、その前に食べるだけ食べて、騒ぐだけ騒ごうという発想から生まれた祭らしいです。つまり、一年のリセットが、この日という感じで受け止められているのでしょう。

冒頭の保育での一コマはまさに園児たちのリセットのその瞬間に立ち会えたということでしょう。子供達の成長は、その日その日で目に見えていきます。だから、毎日が感動的です。逆に、追い込まれれてからの強制的なリセットでは情けないですね。逐一その必要にどう自分をリセットしていくかということを考えることは人生の大切な知恵なのだとつくづく思わされるます。そして、またその新しい知恵に基づいた新しい悩みも生まれてくるでしょう。そうして私たちは耐えず生まれ変わらされていくのだろうと思います。

主の復活をお祝いする…これは私たちの成長をお祝いすることと同義です。主の復活を祝おうとするからこそ、私たちの生まれ変わりも自覚でき、その成長を実感することができるわけです。生きるということは誰もが避けて通れない死という最大の絶望の殻を打ち破り続けることと同義です。そして、その歩みに主は祝福を持って寄り添ってくださいます。

この一年、主と共に復活から復活へと学びを深め、働きを広げ成長していきましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年04月02日(木) 21時17分45秒

一つのものを

テーマ:保育
昨日から始まった新学期。

去年から、木造保育所では、3歳以上児と3歳未満児それぞれを縦割りクラスとして考え、また、一斉保育なしをスローガンとして一年間保育を行ってきました。現場の保育士たちはとても苦労したようです。それまで、園児一人一人に道具セットを入れた棚を用意していましたが、去年からは、それを取りやめ、敢えて最低限の文房具を置いています。

園児たちはそれを共有して使わざるを得なくなります。当然のごとく「貸して」「ダメ」のトラブル起こります。

今日も保育室に入ってみると「園長先生、ピンクを貸してくれない」と訴えてくる園児がいました。すると訴えられた方の園児は「だって、貸したらずーっと帰ってこないんだもん」と反発。よく見ると、別々の机でそれぞれに色塗りを楽しんでいての衝突のようでした。

色鉛筆のセットを一度取り上げて「ねえ、色鉛筆これしかないんだもの、こっちの机でみんなで色塗りしたら?」と提案すると、

「そっか。だったらみんなで使える!!」と閃いた子が、早速イスを持って移動して色塗りを始めました。それからはお互いの絵を評価しあったり、お喋りをしながら、楽しそう。

一つしかないんだから、真ん中に置いて、みんなで使おう!!

これって、人生の大切な知恵だなあとつくづく思わされました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。