1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年06月28日(火) 22時40分17秒

見えない被害

テーマ:東北関東大震災
津軽平野を見下ろす高台に津軽富士見ランドホテルと言うホテルがあります。このホテル、雰囲気は温泉宿で、温泉は良質で湯量も豊富、両親が以前使用してよかったとの話でしたので、私が企画を担当する研修会の会場とする事にしたのでした。

数日前、このホテルから連絡がきました。てっきり打ち合わせの電話かと思ったら

「大変申し訳ありません。営業を休止することになりました。」とのこと。

絶句しました。

「お迎えできる事を楽しみにしていたのですが、申し訳ありません。決まってしまった以上、一刻も早くお知らせとお詫びの電話をと思った次第です。」

聞けば、震災の後、キャンセルが相次いだとか…。

震災の影響は見えない姿で忍び寄ってきます。

震災は多くのものを東北から奪って行きました。

そして更に、その被害を受けなかったものさえ奪おうとしています。残念でなりません。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年06月26日(日) 15時56分03秒

変えられない過去から見た変えられる未来

テーマ:ブログ
ブログと仕事を通じて親友が生まれた。

同い年の進藤龍也という牧師。

当時彼は、自分の負の経験をブログで発信しながら、伝道をしていた。

それが注目されて本になった。

しかし、それが彼を苦しめた。

「極道牧師の辻説法」学研パブリッシング刊がでてから、妬みや中傷サイトが多くなりました。私はどこまで生きても元ヤクザですから、世間では赦されない存在であることを覚悟して生きています。ですから、辛抱しています・・・が、正直つらいです。

彼の本音がここにある。

それでも、彼は、今度は教会のメンバーを巻き込んでもう一度出版した。

未来はだれでも変えられる―極道牧師と“元ワル”たちの人生やり直し物語/進藤 龍也

¥1,365
Amazon.co.jp

私たちは犯罪者でないことに胡坐をかいてはいないか。そんな私たちの慢心を、罪の落とし穴はぽっかりとそして大きく口を開いて待ち受けている。この本は、そんな私たちこそが読むべき本だと心底思う。

なぜ犯罪者となったのかが赤裸々に綴られている。そこにあるのは、挫折や絶望、裏切りといった様々な人間の負の部分。誰も一人で犯罪者になったのではないのだ。

そしてさらに、犯罪者と呼ばれるようになってしまった彼らは、その放り込まれた世界で、生きる希望さえ奪われる事態に放り込まれる。更正なんて望むべくもないそういう状況からの証言者たちの脱却は迫力さえ感じる。そのために、強い力を持った希望を彼らは抱いた。それこそが信仰ということになる。

生まれ変わるという言い方よりも、復活したという表現が相応しい…そして、そんな彼らの姿はまぶしく見える。

この本に登場し勇気を持って証をしてくれている一人ひとりは、自らの証言を通し、一人でも多くの人が信仰という、自らに命を吹き込む強い力を持った希望を見つけて欲しい、そう願っていると受け止めた。

人の心の中には乗り越えることが難しい壁がある。

しかし、それを乗り越える手段を私たちは持っているはずだと信じたい。

彼は、そしてこの本に証言を寄せた彼らは謙遜です。

だからこそ、一度、私たちも謙遜になって彼らの心の声をしっかりと受け止めてみたいと心から願っています。

一度、徹底的な謙遜に打ち砕かれた彼らの証言にじっくり耳を傾けてから、受け入れるかどうかを考えて見ても損はないはず。

自らの財産とするべき経験を彼らは提供してくれている。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月25日(土) 15時31分00秒

昨日の気温

テーマ:ブログ
昨日の熊谷の気温、39.8度!!

昨日の五所川原の最低気温。14.8度。最高気温が20.7度。

そう言えば、昨日も寒かったなあ。

多分、熊谷のプールの水温より気温が低かったに違いない。

4年前までは、そんなところに住んでたんだなあと、我が事ながら感心したりして。

今朝のつがる市の最低気温が13度。

現在室内で23度ぐらい。

日本は長いなあと改めて思わされた次第です。

猛暑お見舞い申し上げます。
どうぞ、お体にはくれぐれも気をつけて下さい。



ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年06月24日(金) 18時14分12秒

心じゃわめぐじゃ

テーマ:ブログ
最近、木造で、ブルーシート製の大きな建物があちこちに出来ました。

ネブタ小屋です。

この中でいよいよネブタが組み立てられていくわけです。

もうすぐすると、ネブタのお囃子の練習があちこちで始まります。

そういうのを毎年見ている息子、だんだん、やりたいような目で見るようになりました。

ということで、お囃子道具を買ってやりたいなあと思っていました。

青森ねぶた囃子道具専門店鼓笛堂http://www.geocities.jp/kotekido2/

↑こんなホームページを見つけたので息子なら手振り鉦ぐらいかなあと思って調べてみてビックリ。

一番安いもので…

1万8千円…いちまんはっせんえん??そんな高いもの、子供に持たせてどうする!!即却下です。

こりゃ無理だと思っていたところに朗報が飛び込んできました。

灰皿で作るナンチャッテ物があると。

一組1000円でだそうで、見つけて買っちゃいました。

息子用↓

ある教会の牧師室-2011062318240000.jpg


娘用↓

ある教会の牧師室-2011062318250000.jpg


しっかり、元灰皿だとわかってしまう一品ですが…与えてみれば、二人とも大喜びでチャン、チャン、チャカ、チャンと走り回りながら鳴らしておりました。津軽っ子になったなあって改めて思い知らされました。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年06月23日(木) 16時32分23秒

夏至

テーマ:ブログ
昨日は夏至。

津軽の夏は昼が長い。


因みに今日の日の出日の入りを調べてみると、

日の出 4時06分 日の入り 19時13分

何と日中が15時間7分!!

因みに冬は日の出6時58分、日の入16時13分って記録がありました。

16時30分を回る頃には真っ暗になります。

日中の長さは9時間15分。

その差は、5時間52分!!なんと6時間弱もある。

そうそう、夕日の方角を見たら、北西ぐらいの方向になってたっけ。

北国って凄いなあと実感した日でした。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月22日(水) 13時04分32秒

出張続き

テーマ:ブログ
4月から3ヶ月間は、怒涛の出張期間。

牧師で、キリスト教主義の保育園の園長でということになると、様々な関連団体の総会などが目白押し。

肩書きで言えば、ざっと数えても六つ。

青森、岩手、秋田で奥羽教区という教区を構成していますが、面積たるや広大で、しかも交通インフラが貧弱ですから、会議といえば盛岡界隈まで片道2時間ちょっと。会議が3時間ほどで、帰りがまた2時間ちょっと。効率の悪いこと夥しいのです。電車や新幹線、高速バスに乗ろうにも、どれも1時間ぐらいかけなければ乗ることも出来ません。つまり、移動は自分で運転するしかなく、移動時間中に何が出来るわけでもなく…。

被災地にしても支援をするにしろ、盛岡からどこに行くにしても車で2時間は掛かります。

今朝あたり、体がバキバキ強張っています。

来週なんぞ、男鹿で行われる会議に出席します。

ちなみにナビによれば、

総距離 156.4Km 所要時間 05時間31分

5時間って…。ああ、一般道検索だった。

そうだ!高速を使えば…

総距離 169.1Km 所要時間 05時間14分

距離伸びてるし、しかも15分しか違わないし…。orz

ちなみに鉄道はどうかな…。

発21:54⇒着09:23(11時間29分) 4,870円

なぜ、1泊??…orz

ちなみに弘前に出れば、

発06:19⇒着09:23(3時間4分) 4,130円

でも、弘前に行くには1時間ってことは、5時前に車で出なければいけません。しかも便数も少なく、乗り損ねれば一泊も覚悟しなければ…orz

これも、断念。

大体、東京から5時間ぐらいの移動時間で、どこまで行っちゃうでしょう?

その割りに東京に出るのは、飛行機を使えば2時間もあれば行ってしまう…。

考えてみれば今までの交通インフラというのは、東京を中心に、太平洋側を幹にして日本海側に伸びるような設計になっています。つまり、日本海側の移動とか、地方から地方の移動というのはとても大変だということ。

「地方は地方でいればいい」そんな国家の基本路線が見えてくるような…。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年06月19日(日) 17時17分56秒

牧師就任式

テーマ:ブログ
ある教会の牧師室-2011061914000000.jpg

日本基督教団では牧師が就任するたびに牧師就任式が行われます。

今日はお隣の藤崎教会の牧師就任式が行われました。以前に担任教師として就任された事を紹介した先生ですが、主任担任教師に就任するということで再度就任式を行う事になったと言うことです。

日本基督教団は各個招聘制を採ります。教会が牧師を求め、牧師がそれに応え着任するわけで、そのその儀式ですから結婚式のように牧師、教会員共に誓約を建てます。

暖かで家庭的ないい就任式でした。

藤崎教会は今年、125周年を迎えられるそうです。再来年60周年を迎える我が木造教会からすれば倍以上の歴史をもつ教会です。
主の祝福がこれからも豊かにありますように。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月17日(金) 17時58分05秒

確率と現実

テーマ:ブログ
昨日は午前中に職場の健診に行って来ました。

30代の頃は、会場に行って、尿検査、血液検査、レントゲン、聴力、視力、身長、体重、ウェストなどあっさりとした健診だったのですが、40歳を迎える去年から、胃の検査、心電図、検便などが加わりました。

朝、8時10分に病院に集合。当然前の晩から絶食…。

悩むのは胃の検査。バリウムを飲んでのレントゲン検査にするか、それとも胃カメラを飲むか究極の選択です。職員のアドバイスは、「ちょっと大変でも胃カメラのほうがいいですよ。レントゲンで怪しいってことになればどっちにしろ胃カメラを飲まなくちゃいけませんから」

なるほどってことで、胃カメラをチョイス。

去年もやりましたが、胃カメラもなかなか大変です。「きれいな胃ですね」とは褒められましたが…。

そして医師の問診。最後は、直腸の触診だそうで…。

指を突っ込まれるほうも大変ですが、仕事って行っても突っ込むほうも大変か…(--;

まあ、今年も無事にこの健診を乗り切りました。後は結果が来るのを座して待つ…。


さてはて、最近特にあちこちで聞くのは確率のこと。

原発事故に伴う放射性物質の漏洩で、どれくらいの放射線を浴びればどうなるという時に、確率で解説されています。

「年間100mSになるとガンになる率は0.5パーセント上がる。100mS以上ではこの関係は比例しており、つまり100mS増えるごとに確率は0.5パーセントずつ上がっていく」なんて記述があります。

この確率…とっても厄介です。調査の仕方から考えれば、放射線を年間100mS以上被曝した人たちの集団ととそうでない人たちの集団を比べると、被曝した人たちの集団では癌になる人の数が0.5パーセントほど多くなるということを意味していると思われますが、それが個人に適用される時、どういう風に考えれば良いのか判らなくなるからパニックになってしまうわけです。

もともと人はそれぞれに癌になる確率を持っています。その確率が0.5パーセント増えますよということですが、それは癌になった時にその癌の量が0.5パーセント増えるって言うものではないですし、すべての人の寿命が0.5パーセント短くなるというものでもありません。あくまで、集団の中で考える確率ということでしかないのです。

それは確率がどれだけ低かろうと個人の場合には、なるか、ならないかの二つに一つしかあり得ません。例え確率が0.0001パーセントであったとしても、それに該当した人にとっては、100パーセントということになってしまいますし、発症しない人にとっては0パーセントです。

この0.5パーセントをどう捉えるかと考えてからしか対策を打つことが出来ないっていうのが本当の話なのです。癌になる確率が0.5パーセント上がるとして、他の確率が上がる要素(例えば減塩食に切り替えるとか、適度な運動をするとか)を排除することによって0.5パーセント程度は下げられるのであれば、そんなに心配することではないかもしれません。

でも、そんなことで誰も納得行く訳もありますまい。何が私たちを不安に駆り立てているかをもう一度見直す必要があるのだと思います。

そしてもう一つ、確定的な数字があります。それは人間の死亡率は100パーセントということです。

私たちを不安に駆り立てているのは、自分の死に様が0.5パーセントくらいはっきりとイメージできたということでしかないのかもしれません。

無論、放射線被曝は避けたほうが良いのは確かです。

しかし、確率だなんだで振り回されてその結果大切なものを失うほうが、私たちの人生には大きな損失ということが出来るのかもしれないと、最近そう思ったりもして…。私の寿命は神様が決める…そう思って生きることが出来る幸せが信仰者の幸せというものだと言えそうです。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月14日(火) 10時38分07秒

対話を求める

テーマ:ブログ
熱中しているうちに口から涎が垂れた息子に「涎」と言いましたら、息子が私をシラーっと見て

「違うよ。びーろ」

「びろ」って言うのは津軽弁で涎のこと。

誰だよ、教えたのは…orz

方言を自分の母語と位置付ける人も多いと思いますが、彼の母語は津軽弁って事になるのかな~なんて思ってみたり…。

半年ほど前、ある自動車のコマーシャルで津軽弁を使ったコメディーが放映されていました。ぼーっとして聞いているとフランス語に聞こえるのが津軽弁。

ところで、維新の折、どうやって全国的な意思の疎通を図ったのかと調べてみると、通訳が入ったり、イントネーションを消してみたり、いろんな事が行われたようです。でも、一番大事な事は、自分の想いを伝えたいとそれぞれが願っていた事は確実です。そして、それぞれが相手の想いを聞き取りたいと思っていた事も確実でしょう。

一昨日はペンテコステでした。二千年ほど前、初代教会の人々の言葉をいろんな国の出身の人たちがそれぞれの自分の母語で聞いたという奇跡が起こったと、聖書の使徒言行録で報告されています。

なぜこんな事が起こったのか。

話したいという強い想いと聞きたいという強い想いを、神が祝福し結ばれたことがこの奇跡が起こしたのだろうと

やはり対話はとても大切な事だと思わされます。

ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年06月12日(日) 06時54分59秒

できないことを「できないない」と言えない?

テーマ:東北関東大震災
なぞなぞをひとつ。

大阪城を作ったのは誰?



答は大工さん

閑話休題。

無知の知を説いたソクラテス。

その説明に、yahoo!知恵袋でこんなのを見つけました。


「俺は無知だからもっと勉強しなきゃ」と思う人
「俺は天才だから勉強しなくていい」と思う人
最終的には前者の方が知識、知力が増えます
自称無知は自称天才よりも努力するから実は自称無知のほうが頭がいいってこと

無知だけどどうでもいいやって思ってる自称無知もいますけどね
そういう人にはあてはまりません


なるほどなるほど。

子供に勉強するように命じたところでそれは無意味。本人がやる気を出すための方策をどうするのかってところが重要なのは判りきっていることです。

ところで、これと同じ事が言えるのが政治家達の姿の様な気がします。

自分は他人より出来ると思っている政治家がいかに多いことか。

でも、はっきり言っておきます。

政治家の皆さんができることは法律を作ることだけです。

命令だって、時限の法律と解釈してしまえば、それ以外は何もできません。

国会が法律をどれだけ成立させようが、政府がどれだけ命令を出そうが、それはそれに従う人達に響かなければ何の意味もありません。煮ても焼いても食えないどころか、存在さえ空虚で無に等しい存在です。

要は、政治家と言われる方々がそこを自覚しているかどうかです。

「俺達は法律を作る。だからは従え!」という発想が国会議員の方々には見え見えになるのです。

だから時々「私の責任において」なんて言うわけですが、その実、もし実行できない時には、自分でやるわけにもいきませんので、結局空手形を着る羽目になり、最期には雲隠れするしかないわけです。

そうではない。

命じることだけなら誰でもできます。要は、その命令や規則によって人々が生き生きとするかどうかです。

勧善懲悪という言葉がありますが、懲悪にのみ目がとらわれれば、法律というのは意味がありません。勧善を視野に入れた法律を作るには、人々が法律に従おうとする良心に最大限の敬意を払い、その良心を保全し、鼓舞することを視野にいれなければならないはずです。

この際、政治家の皆さんには「法律を作るしかできないのだ」とはっきりと自覚して頂きたい。災害の復旧も、復興も政治家がやるのではないのです。

私たちそれぞれが与えられた責務にベストを尽くすことによってのみ、成し遂げられるのです。

頑張りましょう。


ランキングに参加しています。お気に召しましたら、

↓クリックしてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。