「Japanese Soba Noodles 蔦」店主監修「冷し醤油ラーメン」発売中! | 大崎裕史オフィシャルブログpowered by Ameba
2016-05-25 10:02:14

「Japanese Soba Noodles 蔦」店主監修「冷し醤油ラーメン」発売中!

テーマ:ラーメン
ミシュランでラーメン店世界初の星を取った「Japanese Soba Noodles 蔦」(巣鴨)店主・大西祐貴さん監修の「冷し醤油ラーメン」が発売されたと聞いて早速買ってきた。

「サークルKサンクス」での販売。税込み498円。500円を超える商品も増えてきている中、あの「蔦」の監修でワンコイン以内に抑えたのは相当の努力があったことがうかがえる。

外観。なかなかカッコいい。


横から。高さもある。


封を切って蓋を開けてみる。
トッピングは味玉1/2、白髪ネギ、青ネギ、チャーシュー細切り、メンマ。


トッピングの皿を外すとスープと麺が出てくる。


まずは麺にスープをかける。この時点でかなりトリュフの香りがする。
正直、「蔦」の特徴でもあるトリュフをどう使うのか?
どこまで使えるのか?というのが一番気になる点であった。
想像以上であった。メニュー名は「冷やし醤油ラーメン」だが「冷やしトリュフ香る醤油ラーメン」とかにした方が良かったのではないか?とさえ思えるほど芳醇で香ばしい。
そしてまずはスープをかけて麺と混ぜる。
その後、トッピングしてこのようになる。


麺は全粒粉入りの細麺。スープは本醸造醤油に丸鶏プラス魚介。
そして、何といってもトリュフをココまで効かせた店主のこだわりが感じられる。
ここまでやるにはその分、どこかを削ったのかもしれないのだがまったくそれが気にならない。
つまり、完成された商品といえる。
私も商品監修をしたことがあるが、予算内でうまくおさめるためにはあちらを立てるとこちらが立たず。ではこうしてみたらどうだろう?ありゃ、こうなっちゃった。という試行錯誤の繰り返しである。この価格でこのクオリティだと店主もかなり満足できたのではないだろうか。もちろん、十分すぎるほどにおいしい。最近のコンビニチルド麺のレベルも上がってきているが、さすが大西店主。さすがミシュラン店監修。他の追随を許さない仕上がりだ。

九州を除く全国の「サークルKサンクス」で4週間ほど発売されるらしい。

OOSAKIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース