損益分岐点 | ゲームは一日○時間

ゲームは一日○時間

ゲーム屋さんの日常について
あくまでゲーム屋さん視点です、お客様視点でないので、ご容赦ください。

個人ブログへのリンクはフリーですが、紙メディア、ニュースサイト、商業サイトへの転載は事前連絡お願いします


テーマ:

ゲームプランナーのhirooさんのブログ でゲーム製作とお金の話が載っていたので掲載します


じゃぁ実際どんくらいかかるんよ?ってことで
アバウトな感じでいくとこんな感じです。

例えばキャラモデルを1体作成するのに最近だと1人月~1.5人月場合によっては2人月とかですかね
(人月ってのは1人の人が1ヶ月作業するのを1人月って数える単位です)

モデルとモーションだけですでに2人月は最低かかりますね。

さて2人月っていくらって感じなんですけど、
例えば、作業する人の月給が平均30万だとしましょう。

でも会社が払ってるのは給料だけじゃなくて、
雇用保険だとか光熱費だとか家賃とか
プロジェクトの隙間の給料(これはまた別の機会にでも)とか
制作に携わる人以外、総務、人事の人の給料とかあるわけです。

まぁよく言われるのは会社は人を1人雇うとその人の給料の
2~3倍は必要って言われてます。

すると1人月が60万~90万って計算になります。
間をとって70万ってことにしといて
2人月ですでに140万です。
しかも安く見積もってますよ。

そこにさらにキャラデザイン
キャラ調整(AIとか)
プログラム制御
2Dまわりとかバグチェックとかなんだかんだで

1キャラ増やすだけで結局4人月とかさくっと増えるわけです。
280万ですね。

10体増やせば2800万

2800万の元をとろうと思えば、
5000円のソフトを何本売ればいいんでしょう?
当然5000円のうち、会社の利益は数十%

コンシューマーのソフトを作ろうと思えば、
最低でも数千万~大作だと数億とか数十億とか

期間も1年以上は当たり前な感じになってるし

30人で1年やったら
70万×30人×12ヶ月で、2億5200万

さらに宣伝費とかなんとかかんとか

うーんおそろしい。



次世代機は開発費に1億からとか聞いた事ありますが、はやり半端ないお金がかかってるみたいですね

DSなんかは数千本が損益分岐点になるソフトもあるって聞いた事ありますが、次世代機なら数万本は売らないと厳しそうです

あの黄金の絆とか、一体どれくらいの赤字なのか聞いてみたいですw

逆にFFなんかはどれくらい儲かっているのか聞いてみたいです、でも損益分岐点も百数十万本と聞いた事あるのでかなりのギャンブル要素がありますねー


ドラクエ9なんかはポリゴンにお金かけていないので、以外と低コストな気がするんでしょうが、どうなんでしょうねー

損益分岐点も低そうなので、350万本とか売れれば、スクエニは笑いが止まらないでしょうねー



ちなみにお店の損益分岐店ですが、

小さなお店で常時店員一人の所でも中古で150万くらいではないでしょうか

買取、80万

人件費で35万

家賃20万

その他諸費用で15万


駐車場完備のお店なら人件費と家賃がかさむのでもっと掛かるでしょう


新品は売れても利益は1割以下、しかも売れ残りもあるのでほとんど利益に加算されません

ポケモンみたいにそんなに値引きしなくても売れるタイトルばかり毎月出てくれればそこそこ利益取れるんですけどねー






おーさかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス