Z指定と有害指定図書 | ゲームは一日○時間

ゲームは一日○時間

ゲーム屋さんの日常について
あくまでゲーム屋さん視点です、お客様視点でないので、ご容赦ください。

個人ブログへのリンクはフリーですが、紙メディア、ニュースサイト、商業サイトへの転載は事前連絡お願いします

ゲームにはZ指定と有害指定図書ってのがあります

グランドセフトオートシリーズやドライバー、ベルセルク等がZ指定商品です

Z指定はCEROっていう団体が18歳未満の方には販売しないでくださいって自主規制した商品で基本罰則はありません、陳列方法も指定されて子供が直ぐに手に取ない様にしなければいけません


さらにその都道府県によっては有害指定図書ってのがあります、こちらに指定されると陳列をさらに制限されます

条例で制定されているので違反すると罰則があります


で、その有害指定図書のグランドセフトオート3(以下GTA3)を買いに来られた小学生のお話です

小学生高学年くらいの子供が来店されました

180センチ以上の高さにあるZ指定コーナーからGTA3をもってこられました

ちなみにZ指定のPOPもバンバンはってあるしソフトにも大きく書いてます、正面陳列出来ないので背表紙陳列してました

小学生「これ下さいー」

お店「これは18歳未満の子供はしたらダメなゲームなんだよ、僕には売れないね、ごめんね」

小学生「えーー、子供は買えないの?」

お店「買えないし、したらダメなゲームなんだよ」

えーー、と文句を言いながらも帰って行きました


で、今度は元ヤン○ー風なお母さんと一緒にまた小学生が来店

お母さん「なー、さっき子供がゲーム買いに来たやろ?」

お店「はあ、来られましたが?」

お母さん「なんで売ったってくれへんねんや?!」

お店「18歳未満の子供にお売りしたらイケないゲームなんですよ、暴力とか麻薬とか出てきて子供の成長に良くない可能性もあるゲームですので、、、有害指定図書に指定されてまして条例でも禁止されてるんですよ」

お母さん「なら私が買えば問題ないんやな?」

お店「いえ、子供にさしてはイケないので、その辺をご了承していただかないとお売りできません」

お母さん「そんなんはこっちで決める、アンタに言われたくないわ!!私がするなら売れるんだよね?!!!」

お店「成人の方のみがするのならは問題ないですが、、」

お母さん「さっさと売れ!!!」


そしてお店の外で子供に渡してました、、、、、orz


さすがに本人がするから、と言えば成人に売らない訳にもいかず、、、

こんな親に育てられた子供は可哀想

こんな親はきっと子供が犯罪に染まってもゲームのせいにするんだろうなー