2010-05-28 11:52:17

サッカーW杯目前

テーマ:コラム
恥ずかしながら、レッズとアルディージャという二つのJリーグのチームがあるサッカー県の人間でありながら、大のサッカーファンとは言えない。
どちらかといえば、結果しか興味がない程度である。

しかし、中東に在住しいた手前、サッカーの熱狂ぶりはよく承知しているつもりである。

外交官としてアラブ首長国連邦(UAE)に居住していた頃の思い出として、日本代表チームがW杯予選に来た際のこと、日本が勝った際には、いかに日本人を無事に競技場から脱出させるかを練ったこともある。

この日本人をも熱狂させるサッカーの日本代表が先日発表された。

川口というゴールキーパーの選出が話題を呼んでいる。

中東にいた際、多くの選手とユース時代から幾度も交流させていただいたが、
川口君と城君は特に人柄のよい選手であった。

パーティのみならず、彼らとは、飛行機の中で何時間も一緒であったことがあったが、この二人は、とても優しく、我が家の子供を何時間もあやしてくれていた。

単純な理由ながら、こんな川口君が選出されると、素直にうれしい。



≪大野もとひろへの質問を受付けております。≫
※新しいウィンドウが開きます。
※この記事への返信コメント用ではありません。
 ご注意くださいませ。

↓  ↓  ↓
パソコンの方はコチラ
↓  ↓  ↓
携帯電話からはコチラ


1.コメント投稿は承認制とさせていただきます。
2.ご質問の内容によっては、コメント返信ではなく
 新規記事として取り扱わさせていただく場合がございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-21 16:21:42

~口蹄疫問題に関する所感~

テーマ:コラム
~口蹄疫問題に関する所感~


宮崎県おける口蹄疫の拡大が大きなニュースになっている。

中東ではしばしばこれまでも、口蹄疫やブルセラ症(マルタ熱)といった家畜に拡大する感染症がみられてきた。
(後者はヒトにも感染する)。

話題の口蹄疫だが、特に子羊や子ラクダ等に大きな被害を与える病気として知られ、感染力が極めて強いため、何年かに一回は国境を越えて大規模な被害を与えてきた。

中東においては、遊牧が現在でも広範に行われており、その様子は日常で見られる光景の一つとなっている。
羊の場合にはそれほど広範囲を連れ歩くわけではないにしても、一か所にとどまらないことから、感染の拡大が早かったのだと理解してきた。

また、口蹄疫が流行ると貧しい遊牧業者の羊がすべて処分されてきたことから、あまり知らせない業者もいたようで、これが問題を深刻にしたとの現地の新聞報道を見たこともある。

今回の宮崎県の問題も、業者の協力とともに、早期に一定の範囲でとどめることが肝要なのだろう。

いずれにせよ、消費者の側のパニックを抑制するためにも、行政は早急に抜本的な対策を行うと同時に、マスコミには、政府の危機管理体制のまずさはあとで批判いただくとして、まずは口蹄疫の早期封じ込めの重要性を大きく報じてほしい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース