2010-10-06 13:49:25

久しぶりのブログです

テーマ:政治

今日は朝から草加市議選応援に入っていました。民主党からは、大ベテランの新井さだお、地元密着の関一幸、バイタリティの須藤哲也と、それぞれに特徴のある方々が立候補していますが、1970年以来の埼玉県における地方議会解散の結果を受けた混乱の市議会選です。待ったなしの状況にある市民生活を守るために、早急に実績のあるこれらの候補者が議会の正常化、政治の正常化を実現いただけるよう希望しています。


さて、私の方は、党の政策調査会長補佐として、外交・安全保障に関するとりまとめを行う責務を与えられました。昨日、今日と本職に関しては、3回の会議が行われ、広範なエリアをカバーしなければならない任務の有り様を改めて認識しました。また、11月に本番を迎える事業仕分けの仕分け人に選ばれました。私の担当は特別会計ではなく、前2回の仕分けのレビューです。仕分けに真摯に取り組むケースもあれば、付け替え等、様々な「偽装」が施されているケースもまま見られており、国民の皆様の税金を無駄に捨てるようなことがないよう、しっかり手を入れて参ります。


さて、外交、環境、行政監視という自らの所属する委員会・部会以外に、この1週間で二回、、民主党の取り調べの可視化を実現する議員連盟に出席してきました。法務省からの説明によると、「村木元局長には申し訳ないことをした」としていました。その一方で、今回の一件をレヴューし、再発防止に努めるために第三者を関与させるべきであるとの指摘に対しては、「レヴュー後に第三者の意見を求める」とのことでした。

議員側から、「レヴュー後ではなく、レヴュー自体に検察の影響の及ばない第三者・専門家を関与させるべきではないか」との指摘があると、これに対して検察側は、「プライバシーの問題等もあり、レヴュー自体に関与させたり、レヴューの過程で証拠を見せることはできない」との反応でした。

誰のプライバシーなのか、よく理解できませんが、村木元局長のプライバシーに対しては「申し訳ない」で済ませ、検察のありように関する事態については「プライバシー」を盾にするのには納得できません。


検察・警察に対する信頼は、独裁国家ではなく、民主国家の根幹を創り上げるものです。今回の事件の証拠のすべてを公開しろと言うつもりはありませんが、専門的な第三者にしっかりとレヴューしてもらうのは、最低限行うべき措置でありましょう。取り調べの全面可視化を含め、無実の方々が犯罪者にされないような検察であるとの信頼をいただく必要があろうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース