2017-08-10 22:10:41

2017夏 議員インターン報告①

テーマ:議員インターン
大前はるよ議員のもとでインターンをしております間嶋です。

私がインターンに参加した理由は、
一つは将来裁判所職員(裁判官とは違い、裁判所で裁判に関する事務をするという仕事です)を希望しており、
その希望を実現するために大前はるよ議員のもとでたくさんの公務員の方や法曹の方のお話を聞き、自分の将来をより明確なものとするためです。

また、私自身まだまだ地方政治などの課題について理解をしていないので、
大前はるよ議員が開催する勉強会などの様々な機会を通じて政治に関する知識を深め、
一つでも自分の意見を述べることが出来る分野を増やすためです。

今日のインターンでは、
大前はるよ議員の父であり、元衆議院議員の大前繁雄先生との意見交換を行いました。
お忙しい中、私たちインターン生のために貴重な時間を作ってくださいました。

大前繁雄先生には、先生の経歴を軸に様々なお話をして頂きました。
私たちがまだ生まれていない頃の日本の行政の状況、
拉致問題、先生が行われている地方の活性化のための事業(バドミントン協会の活動等)、
大前学園の事業を通じて今の日本の教職員の実態など、様々なことを学ぶことが出来ました。

その中でも私が印象に残ったことが2つあります。

一つ目は、
先生の経験を通じたお話の中で、
先生が昔は学生運動などの影響で思想の時代だったが、
今はメディアの影響が大きくなったノンポリティックスの時代であるとおっしゃっていたことです。

私は今の政治にネガティブなイメージを持っていた時があったのですが、
先生はそれは一概に私たち若者のせいには出来ないとおっしゃっていて、少し意外に思いました。
今は特に週刊誌等の影響が大きくなり、私たちは情報の取捨選択を迫られているので、
必要な情報を頭の中にインプットして自分の考えをアウトプット出来る人間にならなければいけないと思います。
そして、そこから選挙などの自分の考えを表すことの出来る機会を利用したり、
地元を活性化させるためのボランティア等に参加して身近なところから政治に関わっていきたいと思いました。

二つ目は、先生が何度もおっしゃっていた「念ずれば花開く」という言葉です。
先生は小学生の頃から国会議員になるという意思を持っておられ、
選挙の際も自民党の公認候補となるための厳しい闘い等を乗り越えてこられたとおっしゃっていました。
小学生の頃の夢を叶えるための真っ直ぐな意思は本当にすごいものだと感じました。

このお話を通じて、
私は裁判所職員を目指しているので、
先生のように真っ直ぐな志をこれからも持ち続けたいと思いました。
また、先生は夢を実現するためには人間関係も大切であるとおっしゃっていたので、
このインターンで出会う人に限らず全ての人との出会いを大切にしていきたいです。

大前はるよ議員のインターンで様々な人と出会い、私の価値観が広がってきたと思います。

このインターンでは、ボランティア活動も多くありますし、自分が学んでいなかった福祉や教育についても学んでいきたいと思います。

{1B05B698-6676-46C2-900E-6BDD439938FC}


間嶋
いいね!した人  |  リブログ(0)

大前 はるよさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース