インストラクター養成講座、傾聴のお勉強! | ママだからできる・発達凸凹児がぐんぐん伸びる方法

ママだからできる・発達凸凹児がぐんぐん伸びる方法

多動・癇癪・パニック・感覚過敏・不安緊張・集団苦手・不器用・対人関係・社会性などでお困りのアスペルガー・ADHD・発達凸凹の方。不登校・いじめ・鬱・自己否定などの二次障害で苦しい方。カウンセリング・タッチセラピー・原子反射統合で生きやすくなりませんか?

こんにちは。
発達支援カウンセラー おーこ です。

土曜日はタッチライフインストラクター養成講座の5回目

「傾聴」について学びました。

しっかり相手の話を聴く、と言うのはなかなか難しいものです。



私もまだまだ修行の身ですが、、、

相手(クライアント)の思いの芯を正確に拾い、話を正確に理解し、聴きながら整理していく作業です。

・思い・感情・葛藤など気持ちの部分

・状況・環境・経緯など実態の部分

を同時に聴いて整理していきます。


今回の実習ではガッツリ1日

聴き方のコツや重視すべきところ、聞き手が注意すべきスタンスなど、説明しながら

ロールプレイで練習していきました。


クライアント役の方は真剣に相談者として話し

カウンセラー役の人は、実際に聴いて話を進め、整理していきます。


傾聴では、何と言っても自由に話すクライアントが一番話たい「主訴」を掴むことが
とても重要です。

それが最後の方まで見えない、、という場合も実際にはあったり、クライアント自身も
話す中でそこに気付いたりするのです。



話た後は、みんなで振り返り、良かった点、改善点など話合います。




なんと、みなさん、とっても上手なの!!

私がカウンセラースクールで何十回とやらされたロールプレイのレベルを考えると
なんと上手なことでしょう~~~
びっくりでした!!

お一人が、自分のクセに気付かれて、とても客観的に捉えているのがすっごくいい!と
思いました。

ロールプレイで実際にやるこで、いろんな気付きがでてくるのです。

私も自分の考え方や価値観が見えたり、とても充実した1日でした。


傾聴のコツをママがもっていると、お子さんやママ友などと話しをするときに役立つかもしれません。

普段からカウンセラー目線で関わるのは良くないと思いますが、話を聴くのがあまりうまくないな~という方は知っているといいかもしれませんね。



ではまた。
おーこ(^^♪






オンライン講座お申し込み後、自動返信メール届かない方は、info@ookoine.com を受け取り可能かお確かめください。またはご連絡ください。



■子供の発達凸凹お母さん向け個別相談

■大人の発達凸凹個別相談
 
■ご感想

■ご予約・ご質問はこちらから(講座の申し込みもこちらでできます)

■メルマガ登録はこちら(info@ookoline.comを受け取り設定してください)













発達障害児の子育てを楽にするカウンセラー 尾島美央子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります