35期 3年生の紹介 廣瀬コーチ | 大木戸サッカークラブ サポーターのブログ

テーマ:
大木戸SC3年生 35期の紹介

我が35期は、1年生の時に5人が大木戸SCに入会してから2年生の夏までずっと5人。試合参加は下級生から応援をもらい活動して来ました。
昨年のブログ投稿では5人全員を紹介しましたが、あれから1年半の間に新しい仲間がたくさん増え、現在は35期総勢15名で活動しています。
在籍小学校も5校から集まり、女子も2名在籍しています。

(この1年、35期の主な戦歴)
3年東総春季大会あすなろリーグ 優勝
3年千葉市大会 予選2勝2敗 予選敗退
第36回東金フットサル大会 準優勝
3年生緑区大会 ベスト4進出中
3年東総冬季大会なかよしリーグ 準優勝


この1年を振り返ると2年生までの主な試合はミニサッカーでしたが、3年生になり8人制へ試合も移行され、ルールの把握(スローイン、オフサイドなど)、グランドが広くなり走り切れる体力作り、団子サッカーからの脱却とコーチ陣も子供たちと一緒に考えながらやってきました。

中でもこの期で一番頭を悩ませたのは人数の不足…
U8時代には体験会や学校の友達への紹介、宣伝などママたちも一緒になって奔走し考えてくれました。その効果もあり3年生になってからは新しい仲間がたくさん入会してくれて本当に良かったと思います。

35期は3年生に上がるタイミングより試合では3つの約束、チーム内のルールを決めています。
①全力で最後まで絶対に諦めず走り切る!
②チーム内でプラスの声掛けをしよう!
③大好きなサッカー、楽しんでやろう!

このルールを決めてから、チーム内での雰囲気は一変し仲間を責める言葉も少なくなり、個性の強い集団からチームワークが生まれた気がします。
また、まだ3年生という事もあり大会ごとにキャプテンを任命し皆んなが経験する事でチームの一体感を図ってきました。キャプテンに任命されるとキャプテンマークを腕に巻く事で不思議と気持ちも変わってきます。
本当に色々な選手(キャプテン)がいて、コーチたちも選手の性格把握や新たな一面も見られ驚かされる事もあります。高学年になるとなかなか出来ない事なので3年生のうちは継続して行きたいと考えています。

35期は私も含め、上学年を経験したコーチもいますが、今までの期に比べて非常に特徴的なのは上に兄弟がいる子が多く一概には言えませんがボールにどんどんアタックして行くガツガツ系が多い!
そして何より、本当に悔し泣きをする子が多い(^_^;)

もう少しメンタル面も成長して欲しいところです。試合中に気持ちが入り過ぎて点差が開くと気持ちが折れ、泣き出す選手も続出…そんなシーンも何度か見てきました。
悔し涙は決して悪い事ではありませんし、気持ちが入っている証拠です。
その涙は絶対に次につながるはずです。
35期皆んなで悔し涙の先にある笑顔になれるように成長しましょう!


小学生サッカー生活もちょうど折り返しに差し掛かり、サッカーの技術面もですが身体的、精神的にも成長途上の35期選手たち。
これから高学年へとゴールデンエイジを迎え成長して行く姿がとても楽しみです。
選手、コーチ、ママ、保護者とサッカーを通じて関係している全ての人たちが大木戸SCの活動の中で楽しく、時に喜び、時に悔しがり、一緒に活動を通じて子供の成長を感じ、時間を共有して行ければと思っております。

3年チーフコーチ 廣瀬

サポーターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス