お久しぶりです、楓です。
今日は ふぇんりる が やる気を出して広報活動を頑張っているので私としても頑張らないと…って思ってしまいます。



今回は店主の しるふ の占いについてお話しします。

カードの一部を載せてみましたが様々なカードがあります。
これは現在使用しているカードで調整中のカードなども含めるとまだまだあります。

店主の使う『しるふ式オラクル術』とはあらゆるカードを一律の方法で占う事を可能にした技術です。

大きく分けて
・オラクルカード
・タロットカード
・トランプ
・ゲーム用
に分かれます。

オラクルカードとは絵柄に表題、メッセージで構成されているものが多いです。
テキストも付いているので初心者でも扱える仕様のものになっています。
タロットカードは一般的にカード占いで用いられるカードですが『しるふ式~』では絵柄に重きを置いているので扱いが異なります。
トランプは誰もが遊んだことがあると思います。
店主は48枚+ジョーカーを全て使わず必要なものを厳選して使用してます。
タロットの小アルカナをベースになっているため占い用に使い易いと思います。
ゲーム用はトレーディングカードとカードゲームと用途が分かれます。
トレーディングカードはカスタマイズの容易さがある反面、適したカードを選別するのが大変で調整も難しいです。
カードゲーム用は仕様がゲームによって異なり見極めが非常に難しいです。
これら全てのカードを使いこなし、相談者のお悩みを解消していきます。

占いの特徴としては
・相談者にカードを触らせる
・ひく場所はどこでも良い
・名前、生年月日を必要としない
・相談内容はジャンル(恋愛とか仕事とか)でOK
・現在、過去、未来の解釈を伝えて本質に迫っていく
・必要に応じてカードを追加していく
・一件での料金で目安が20分程度
・必要があれば結果を当てることより良い結果を導くアドバイスをする

カードを通して導き出すので声に出す必要があまりありません。
最初の3枚の結果から次に相談者が知りたいことへと繋げていきます。
3枚出した時点では相談者さんの情報はほとんどありません。
現在と過去は確定したものなので当たっているかは分かっていただけると思います。
未来が良ければ問題はありませんが悪ければ変える方法を導くことになります。

当たるメカニズムが分かれば外す方法も分かります。
占いは当たれば良いものではなく、より良い未来へと繋ぐことが大切です。

占いも視る深さを調整することも可能なのでイベントの種類や設定料金などで調整も可能になってます。
カードもイベントに応じて変えることも可能です。
そのため、占い系から婚活、コスプレ、アニメ系などのイベント各種、バーやカフェ、ボードゲームを遊べる場所などありとあらゆる場所で活動可能です。

気になる方は一度『しるふや』で検索していただけたらと思います。
Twitterでは『ふぇんりる』が対応してますのでよろしくお願いいたします。


お久しぶりです。

テーマ:
ふぇんりる と 楓 に任せて水面下で地味に活動していた しるふ です。

『しるふ式オラクル術』の初級テキストは作成しましたが中級を完成させないと講座を開けないのでしばらくお待ち下さい。

最近、コスプレをはじめました。
理由はコスプレレイヤーさんの気持ちを知る為。
外で見てるのではなく同じ目線で見ることを大切にしていきたいから。
私の占いは
『本名、生年月日は必要なし』
『相談内容もジャンル(恋愛とか仕事とか)しか聞きません』
レイヤーさんやメイドさんなど個人情報を出せないかたにも安心してお受けいただけます。

そして、特徴的なのはカードの種類。
占い用ももちろん使いますが、そうでない絵柄のあるカードならゲーム用だって使用します。
カードの説明もきっちりしますので体験していただけたらとおもます。

楓です。

店主に憑いたりしますが私は野狐ではないのでしるふ屋でお仕事をしていない時は神社に戻っております。
いつもいないのはそのためです。


さて、今回は『占いのあれこれ』です。
占いで気になること…
・料金
・時間
・個人情報の扱い
などと思います。

それぞれ所属やお店などによって理由があるので比較はしません。

まずは料金、高い安いがあって分かりにくいと思います。
正直、適正価格はありません。
お店や所属での規定、その人の技術、キャリア、学んだことに対する支出、道具など多くの要素が関わってきます。
タダでもいいじゃないって思われる方もいるかもしれませんがお仕事である以上対価は必要です。
それが対価=金銭であるとはいえません。
自分が納得できる料金で選らんでくださいね。

次は時間です。
内容にもよりますが一件料金なら表記の料金ですので問題はありません。
時間料金である場合、
時間が長い≠情報量が多い
なぜなら、
ご本人のお話+占いの結果+その他のお話=占い時間です。
対人である以上会話が存在します。
お話をしたいのであれば良いのですが時間を気にされるのであれば時間の管理は大切にしてください。

そして、個人情報の扱いです。
お名前、生年月日、相談内容…すべて個人情報です。
どれだけの情報を差し出せるか…これは自己責任です。


それでは店主の しるふ はどうでしょう。
一件料金で時間は目安です。
明確にすることで受けやすいと思います。
時間の目安は区切りをつけやすくするためです。
個人情報に関しては名前、生年月日は必要ありません。
名前よりご本人を特定するもの…対面なら必要はありませんね。
遠隔での占いならAさんでも名無しの権兵衛さんでも紐付けできる要素があれば問題ありません。
生年月日は必要とする占いではないので不必要な情報は結果に影響を与える場合があるのでいりません。
相談内容も出来るだけ情報を減らしたいのです。
未来の信憑性は未知数ですが過去と現在に関しては確定しているので納得していただきやすいです。
まず、信頼していただくことを大切にしています。

わからないこと、疑問などはお問い合わせいただくか直接お話していただけたらと思います。






楓です。

前回の初心者向けの話ですが、今回は占いを全く知らなくても特性が分かるカードゲームユーザー向けです。

しるふ式オラクル術の適性ではなく、オラクルカード向きかタロットカード向きかです。

つまり、何で見るかと言えば戦略的な違いです。

大きく分けて
メインカードの集中突破型
状況に合わせて戦術を変えるバランス型

集中突破型は相手の戦術がどうであっても自分のペースに巻き込む戦術とも言えます。
バランス型は自分のスタイルを保ちつつ状況を読むことに長けた戦術。

さて、どちらがどちらでしょう。


答えは
集中突破型はタロット向きです。
タロットは悪魔や死神などが負のものがあるので振り回されないようにしないとブレが出ます。
その点、集中突破型は己の道を突き進むのでその心配はありません。

バランス型はどうでしょう。
こちらはオラクル向きです。
オラクルはカードの絵柄で癖が違います。
初心者向けのテキストはありますが相手に伝えようとした時、示されたいくつかの言葉の中から適した言葉を選んで伝えなければなりません。
状況観察に長けたバランス型が合う理由です。

あくまで目安なので興味を持ったら試しに使ってみることをオススメします。
オラクルカードなら大型書店ではサンプルがある場所もあるので試しやすいです。

楓です。

今回は占いのカードの向き不向きについてお話をしたいと思います。

カードを使った占いは一般的に流通しているのは大きく分けて二つになります。

タロット or オラクル

あなたが占いをするならどちらが向いているのでしょうか?

個人的な見解ではありますが説明していきます。

タロット
メリット    …深く占いすることがしやすい。
デメリット…向きや置き方、カードの内容を覚えなければならない
※完全ではなくてもコツくらいはつかんでから使いたいですね。

オラクル
メリット    …種類が豊富、テキストもあるので初心者から使える。
デメリット…深いことは占いにくい。テキストやメッセージに振り回されて本質を見誤ることがある。

簡単にやるならオラクル、きっちり学ぶならタロットです。

相性としてはタロットには悪魔や死神などのマイナスのエネルギーが含まれていますのでコントロールできないと向かないかもしれません。
一方、オラクルはマイナスがほとんどないがカードによって特性が違うのでベストなカードを見つけれたら…ならいいと思います。


これはあくまで一般的なカードの使用での話で『しるふ式オラクル術』は当てはまらないです。
カード(デッキ)を1つの人格のように捉えているため、カードとどれだけシンクロできるかが鍵になってます。
ちょっとしたコツがあるのですがそれは内緒で…店主が困ってしまいますから。