ワインのきらめき ~我が家のドリンキング・レポート~

状態の良い”飲み頃”ワインに出会えた時の幸福感は格別なものがあります。
ワインの本当の姿を知るにはテイスティングではなく時間を掛けて1本空けるべき・・・原則少人数で1本空けた場合のみレポートしてます(テイスティングではなくドリンキング)


テーマ:

7月8日

サントリーさん主催の塩尻ワイナリー訪問ツアーに参加させて頂きました。登美の丘、岩の原と共にサントリーさんの日本ワイン三大拠点の一つですが、通常は工場見学や一般公開をしていないそうで貴重な見学会となりました。

 

新宿駅から8時ちょうどのあずさ2号ではなくスーパーあずさ5号に乗って、塩尻駅に到着したのが10時27分。

 

 

施設は駅から徒歩圏内

 

 

開設は1936年(昭和11年)で、この翌年にウイスキーの角瓶が発売されて人気を博す事となる。それまでサントリーの事業を支えてきた赤玉ポートワイン用のワイン生産拠点であった名残りが今も色濃く残っていた。

 

開設当時からの建物

 

こちらは第2ケラー

 

この日の長野は今年一番の暑さでしたが、庫内の温度はこの通り

 

第2ケラーの中

 

このラックはウィスキーの樽を貯蔵していた頃の名残り

 

"赤玉"の文字入りのケースが山積みされていたり

 

"寿屋"時代の名残りがあちこちに

 

こちらは新しい建物内の醸造設備

 

正直言って、天下のサントリーさんの醸造施設とは思えぬ規模感に樽の数。登美の丘ワイナリーがボルドーのシャトー風なら、こちらはあまり人気のないブルゴーニュの小規模ドメーヌのような。見学会を催さない理由も良く判る^^;

しかしながらその一方で、ここ塩尻は登美の丘に負けないワインを生み出しているのである。登美のようなフラッグシップを除けば、私は塩尻産のワインの方が好みでもある。小規模・少人数なだけに、そこに「クラフト的な」と仰るワイン造りの姿勢が存在するのであれば、個人的にこちらを推したくなる理由も判る気がした。

 

これから発売されるラインナップらしい

エチケットに描かれる建物は↑の第2ケラーがモデルだそうです

 

 

施設見学に続いて、岩垂原地区の契約農家さんの畑に移動。

 

 

岩垂原の交差点を過ぎると一気に果樹園地帯に突入。作物が育たない火山灰土壌に仕方なくそばや果樹を植えたらしい。道すがら、標高700mという土地が生む寒暖差、県道293号と294号に挟まれた奈良井川という一級河川といった、良い葡萄を育む幾つもの"好条件"の存在を目の当たりに。

 

この日お相手をして下さったのは、「寿屋赤玉出荷組合」(今もこの名前を名乗っているらしい(なんだかカッコいい♪))の組合長でもあり、2代にわたってサントリーさんに葡萄を提供している山本園の山本博保さん。1980年以降、サントリーさんと二人三脚でワインの品質向上に取り組んでこられた功労者で、この日は山本さんが所有する塩尻ワインの中でも最も上質な葡萄を輩出する葡萄園を見せて頂いた。

 

その名の通り、岩だらけの土壌が水はけの良さを生んでいるらしい。

 

山本さんの歯に衣着せぬお話が楽しい♪

 

向かって右側がMBA、左がメルロ(だったかな?)

山本さんの畑は周辺のそれと比べ際立って美しかった

 

最も古い1980年植樹のメルロの葡萄畑で貴重なお話を伺う

(これも動画で録っておけばよかった)

 

所謂外来高貴種のメルロを1980年に植えてから、10年位はモノにならなかったそうです。一房につき葉は15枚まで、摘心をしつつ均一な日当たりを考えて山本さん自ら一文字短梢仕立てを採用。10㌃あたりの収穫量は約千キロとの事。

 

そして山本さんの葡萄畑を前にしながら、以下のワインを頂いた。

 

岩垂原メルロ & 塩尻マスカット・ベーリーA 2013

 

猛暑の中でも清々しい風が通り抜ける中、目の前の葡萄畑で育まれた葡萄から生まれたワインを味わうシアワセ。特にMBAはこれまで味わった事のない美味しさがグラスから溢れかえった。きっと人生最高のMBA体験になろうかと。

 

 

サントリーさん、山本さん、どうもありがとうございました!

(続く・・・)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ooisotaroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。