私のスーパーカブ90のバッテリーの寿命が尽きた。

 

 

 

 

 

新しいバッテリーを使用するも、格安品は、見事にはずれ。

 

 

 

 

 

ダメもとで、充電してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6Vのバッテリーを12vで充電してしまってた(汗

 

 

 

 

 

だが、どうにもならず。

 

 

 

 

 

新しい6Vバッテリーを買うことにしようかと思いましたが、切れまくった6Vの灯火類の電球の入手が、面倒に思えてきた。

 

 

 

 

なんでかというと、今の主流は12V。

 

 

 

 

6Vは旧式で、全く品物がないわけがないが、12Vに比べると種類も少なく。

 

 

 

 

 

ならば、12Vにしてしまえば・・・・・・

 

 

 

 

 

 

で、買ってみた、6Vを12Vにしてしまうキット。

 

 

 

 

 

 

 

もともと、バイクって6V仕様のバイクでも、12V以上の発電をしていて、その電圧を調整してホーンやウインカーなどの灯火類を動かしているんです。

 

 

 

 

で、電圧を調整する部分とバッテリー、ウインカーリレーなんかを12V用に交換することで、6Vのバイクを12V化できるのです。

 

 

 

 

 

で、早速時間のかかるバッテリーの準備をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーは、新品。

 

 

 

まずは、液を補充し、充電しなければ、車体に装着できません。

 

 

 

 

時間がかかるので、まず先に取り掛かったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

液の封印を一つ外して気が付いた。

 

 

 

 

そのまま差し込めば、いいんだと・・・・・(笑

 

 

 

 

 

 

 

泡がポコポコでなければ、揺さぶって流入を促進します。

 

 

 

 

液の充填には、時間がかかるので、

 

 

 

 

 

 

 

電球類を、12V用に交換。

 

 

 

 

ヘッドライトにテールランプ、ウインカーにニュートラルランプ・メーターライトなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーの初期充電をしながら、

 

 

 

 

 

 

 

6Vバッテリーなど、6Vのレギュレーター、ウインカーリレーを外して、12V用に交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

6Vバッテリーケースを外した後は、

 

 

 

 

 

 

 

キットに入っていた、新品のケース。

 

 

 

ホンダ純正部品です。

 

 

 

 

で、6Vのレギュレーター、端子は3つ。

 

 

 

 

新しいレギュレーターの端子は4つ。

 

 

 

赤と白はつなげるとして、残った6V側の端子はどうするの?

 

 

 

 

説明書を見るが、書いていない。

 

 

 

よくわからないので、メーカーさんに℡。

 

 

 

 

ほっておいて良さそうなので、

 

 

 

 

 

 

 

黄色い線を、エンジンから出てる黄色い線に連結して、サイドカバーに収まるようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、エンジン始動。

 

 

 

 

 

 

 

灯火類の確認をして、完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灯火類、元気に光る。

 

 

 

 

びっくりしたのが、エンジンの調子もよくなったこと。

 

 

 

 

点火系が強化されたのと同じ効果だと考えればいいのでしょうが、明らかに低速から力強くなってるのだ。

 

 

 

 

 

思わずにやけるほどの効果。

 

 

 

 

 

 

手間や出費はかかりますが、やってみて損はない12V化でした。