新しいリアサスが届く前に、やらねばならないことが多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルが漏れている、シフトアームのオイルシールを交換するのです。

 

 

 

 

実は、エンジンをばらそうかという気持ちもあったので、ステップもマフラーも外しています。

 

 

 

 

 

でも、時間かかるしどうしようかと迷ってましたが、エンジンの異音も何とかしたい。

 

 

 

 

おそらくカムチェーンのテンショナー関係だろうということで、

 

 

 

 

 

 

 

専用の工具を使って、フライホイールを外します。

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

ジェネレーターコイルやポイントが見えます。

 

 

 

ここで、発電したり、スパークプラグの火花を飛ばすタイミングを決める仕組みなのです。

 

 

 

 

高回転になると点火の時期を進角する装置がついています。

 

 

 

 

 

ジェネレーターを止めているネジを外すと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カムチェーンが見えます。

 

 

 

右側の斜めになった棒みたいなものが、カムチェーンテンショナーにテンションをかけるプッシュロッド。

 

 

 

 

これの動きが悪いとにらんだのだ。

 

 

 

 

 

ギアチェンジもうまくいかないこともあるので、一度ばらしてやり直そうかと考えていたのです。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルシール交換してから考えようと、古いシールにコースレッドをドリルでグリっとやってしまいます。

 

 

 

 

 

そうすると、シールが簡単に浮きあがるのです。

 

 

 

 

注意することは、思い切りねじ込まないことです。

 

 

 

 

 

あくまで、グリっとやるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮いたら、マイナスドライバーでこじって外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品はこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

適当な工具で打ち込んで完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

テンショナーのロッドもばらして動きを確認。

 

 

 

 

 

 

 

エンジン始動して、カムチェーンのテンショナーの細かい調整をします。

 

 

 

 

 

これで、終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、エンジン異音が無くなればいいのですがね。