上原さん、詐欺事件に巻き込まれるの巻(前編) | “愛のペガサス”リーダーの「1拍目に集中!」
新型コロナウイルスに関する情報について

“愛のペガサス”リーダーの「1拍目に集中!」

On The One !!!!
Funk is, Also what you don't play.
“愛のペガサス”リーダーの日常
音楽ネタは、こちら↓
http://on-the-one.com/blog/

先週の金曜日、出かける直前に、E-ジャスティス法律事務所というところから電話がかかってきた。

E「少々お時間よろしいでしょうか?」
U「今から出かけるので少しなら」
E「分かりました。要件のみお伝えします」

セールスの電話ならすぐに切ったのだけど、法律事務所ということに引っかかった。


E「ヤフオクはお使いですね?」
U「はい」
E「利用料が未払いになってます」
U「はぁ……おいくらほどですか?」
E「かなりたくさんお取引されていたようで、利用料が100万円を越えています」
U「100万!? ということは、2,000万円以上の取引をしたということですか?」

ヤフオクは、5.40%の落札システム利用料がかかる。

E「昨年の12月から今年の4月にかけてかなりたくさんご利用されていますね」

まったく身に覚えのない話である。

U「混乱しています」
E「月曜日にハガキを送らせていただきましたが、届いてませんでしょうか?」
U「届いてません」

念のため、ポストまで確認に行ってみたが届いていない。

E「おかしいですね。ハガキは戻って来ていないので、届いているハズなのですが…」
U「届いていません」


U「ちなみに、その未払いのIDは?」
E「beatuylife001です」

U「いやぁ、そんなIDまったく心当たりがありません」

E「ご家族やお友達にお名前を貸したこととかありませんか?」
U「ありません」

U「あ! このID、ビューティの綴がまちがってますね」
E「あ、本当ですね。少々お待ち下さい確認してまいります」

なんだか怪しいぞ。
「E-ジャスティス法律事務所」をGoogle検索してみる。

【E-ジャスティス法律事務所 詐欺】というキーワードがごろごろ出てくる。


そもそも、ヤフオクを利用するのにクレジットカードを登録している。
カード会社から引き落としができなかったということがあったとしても、ヤフーから利用料が支払われていないと言われるのはおかしい。

もしかして、これは詐欺電話なのか?


E「おまたせしました。やはり、beatuylifeで間違いありません」
U「そうですか。なんか頭の悪いIDですね」

U「ところで、E-ジャスティス法律事務所で検索すると“詐欺”とかいっぱい出てきますね」
E「そうなんです。少額訴訟とかされた方からの嫌がらせだと思われます。迷惑してるんです」

悪びれる様子もない。本物なのか?

U「このbeatuylifeというIDは、クレジットカード登録はしてないのですか?」
E「そうですね。銀行口座引き落としもご利用できますから」
U「なるほど」

E「ヤフオクを利用するには、Yahoo!プレミアム会員に登録する必要があります。登録には本人確認が必要です」
E「お客様のお名前で登録されています。身分証明証を提示されたということですね」

逃げても無駄だぜ!的な威圧感である。

U「でも、本当に心当たりがないのです」

埒が開かない。


U「ちなみに、先ほどのハガキはどちらに送られましたか?」
E「大阪府豊中市~」

番地から下が違っている!

U「住所が間違ってますね」
E「え?そうですか?本当の住所は教えていただけますか?」
U「いや、気持ち悪いので言いたくありません」
E「確かにお話が咬み合わないので信用いただけてないのは分かりますが……」


・家族や友達にも疑いの目を向けている割に本人確認の重要性を強く訴える
・ハガキは届いていないのに、戻ってないという
・住所が間違っているのに本人確認したとかあやしい
・電話番号は間違ってないのが気持ち悪い


U「納得できないので、私から一旦ヤフーに問い合わせてみます」
E「分かりました。ヤフーは電話受付は一切おこなっていないので、メールのやりとりになりますので少々時間がかかるかも知れませんがご了承ください」


とりあえず、一旦電話を置いた。

この時点で、待ち合わせの遅刻が確定していた。