まずはクリックを是非お願いします!!

 
人気ブログランキング

 

引き続き、暑い日が続きますよね?!

今週末は久々の事務所にてこもって業務です。

 

最近なかなか落ち着いて事務所に入れなかったので。。。

ただやることが終わらず、焦りながらのお仕事です?!

 

ちなみに最近、防犯カメラが増えたせいか、警察から捜査協力で、防犯カメラの映像を見せてくださいという問い合わせが結構来ます。

(なおダミーカメラでも、そういった話が来ますので、そういったお話多いです。)

 

やはりここ最近は防犯面において、この防犯カメラが有効で、以前でしたら画像が粗く、また確認作業にかなり時間を要していましたので、どちらかというと予防、抑止面での効果がありましたが、今は画質も格段に良くなり、また確認作業もタイムリーに探せることから、事件の証拠として、十分に使えることから、犯人を特定するぐらいなりました。

また、同時に、インターネットなどにより遠隔での確認も、鮮明にできるようになり、使いやすくなっています。

 

今後もこの防犯カメラの利用が増えると思いますし、管理面でも有効なアイテムだと思います。

 

そんなことを、事務仕事に集中しながら考えていました?!

 

明日も終日事務所にて、溜まっている仕事を片付けたいと思います。

 

それでは、また!

 

クリック押して頂きますと順位が大きく変わります、確認はこちら

 ↓↓↓

あ?!でも、すぐには反映されないかも?!

 

本日、「今日の一言」更新しました!!ぜひ見て

頂ければと思います!!

 


ということで今回の動画、補足説明を!!
賃貸の管理会社の業務にて、退去時の立ち合い並びに退去精算という業務があるかと思いますが、この退去立ち合いの業務、実際どういった業務をしているか?あまり知られていないかもしれません。
退去時の立ち合い(ルームチェック)は室内に何もない状況で、部屋の傷み具合を確認し、その過失あ内容をその費用負担に対して、契約書と原状回復のガイドラインに基づき、その負担割合取り決め、精算し、最終的に鍵の返却をして頂き部屋の解約手続きを行う業務です。
この退去立ち合いは、以前でしたら賃貸管理において一番トラブルになることが多かったです。
そうその理由として明確な負担割合やその方向性、指針が法律上なかったためでしたが、昨今、国交省が定めた原状回復のガイドラインをはじめ、都条例、賃貸借契約書における重説、その内容の充実により、可視化、明確化されたことでトラブルが格段に減りました。またオーナー様におかれましても明確な負担についての判断基準ができました。
とはいえ、実際に退去立ち合いにいくと。。。
残置物、カビ部屋、鳩被害などいろいろな場面に出くわします?!そういった内容につき今回はパワーポイントを使いながら簡単ですが説明をしています。

<参考>

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について(国交省)←クリック



是非、ご覧を頂けましたらと思います!!

 

 

過去の投稿はこちらへ!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://realreport.blog.so-net.ne.jp/

 

私が所属しておりますがオンサイトマネジメント事業部で「OMSスタッフブログ」を始めました! 物件のメンテナンス、美化、価値向上から入居者の住みやすい環境作りの為、現場の最前線で業務をするスタッフで日々の業務で感じた事、思った事等を書き込んでいますので是非見てみて下さい!!

 

また、同時に「オンサイトマネジメント事業部のFacebook」も始めました! こちらも色々な業務の情報が満載です!是非ご覧下さい!! (↑↑↑詳しくはココをクリック!!)