豪雨予報のアラームのなる午後
当日券のお客さまは少ないのでは‥

という懸念もよそに
雨のやみ間をぬ縫って多数お越しくださいました。


雨の境内もまたいつにもまして緑鮮やかに
初夏のよせを感じさせます。

 

さて
開口一番は月亭天使さん


手ぬぐいや扇子を使った所作の解説も楽しく
幼い子どもとお父ちゃんの掛け合い愉快な
『初天神』で賑やかにスタート。

 

そして
林家花丸師匠の一席目は
『一文笛』


腕利きのスリの噺は人情味豊か。
場面展開も鮮やかに
さすが‥と会場を唸らせました。

 

二席目は打って変わって酒呑みのお噺で
『替わり目』
ぐでんぐでんの酔っぱらいの姿に
知り合いの誰かさんを置き換え
楽しまれた方も(笑)?

荒天を吹き飛ばしたこの夜
若い方の姿もたくさん見られ
花丸師匠の、落語の
大いなるパワーを感じました。

 

次回もお楽しみに。

写真