川崎紫明音符ビッツ指導者養成講座 Y.T先生より応用コース第5回の感想を頂きました。ありがとうございます。

 

 

『一般的に何か楽器を習わせようかと考えるのは、3〜4歳と認識されている親御さんがほとんどだと思います。また、ピアノを習わせるのは5までの数字がわかることやお話がわかるようになってからとアドバイスしていることも多いです。

 

赤ちゃんの脳の素晴らしいメカニズムによる可能性と、さらに赤ちゃんの脳の成長における 脳細胞と神経回路の発達状態を知り、今までの一般的な認識を覆し、多くの人々に広めて行きたいと思いました。

 

通常のソルフェージュとは比べ物にならない脳発達プログラムである音符ビッツは、本当に 素晴らしいと思っています。 何と言っても、譜読みのため・ピアノが弾けるようになるというだけでなく、 脳を開花させ人格に関わる目に見えない大切な力を養うことに携われる喜びを感じております 。  Y.T』