小塚崇彦さんの徹底解説、佳菜ちゃん織田君みたいなバラエティー的な登場の仕方はしないのが小塚流、カッコ良いわー😆

強さと脆さが背中合わせな“月光”の第1楽章は、見飽きないし目が楽しい、小塚さんの実演も美しくて好き。

野球に強い印象の“S-1”は正直ノーマークだったのに、小塚さん投入で一気にスペシャルに。

私的MVPですね、“見事な銀メダルでしたね”も聞き漏らしません。台本には“見事な金メダルでした”を用意していたかも知れないけど。

捻りの無い記事が溢れる中、清々しかったし、各々が色を出して来ているスポーツ番組で、プレカン報道陣大集合の映像も、捕らわれている感が満載でMVP要因。

捕らわれてからのインタビューが興味深く、言葉の虜。宇野昌磨の魅力は演技だけに非ず。

☆GPファイナル~男子FP

テーマ:
楽しい、宇野昌磨の試合が楽しくて困る(笑)。

ショートは練習からプレカン迄、ずっと泣きそうだったのに、今日はデミさんとニッコニコ。一晩で何が有ったのよ。

上着の渡し方とて違って来る、美穂子先生ナイスキャッチ。

ジャンプが本人比でベストとは言えない中、見せ場は山盛り。後半の後半は笑っとるがな。

その辺りがジャンプだけじゃない選手の強み。プレカン大集合の報道陣~、笑顔の理由を良く取材しておく様に。

3楽章、怒涛の連続ジャンプからのステップからのラスト迄がホントに好きで、何回でも見返せちゃう。

ミスった分を引いて、得点が出る前には自己採点しちゃっているみたいですね。美穂子先生も計算が速そう。

1位かも~って期待じゃなく、今日のコンディションで出来る事は出来たって感じの安堵のキスクラに一安心。

ネイサン選手、優勝おめでとう。今日の宇野昌磨にも勿論おめでとう。皆お疲れ様。

もう直ぐ誕生日、ケーキのホール食いは薦めません(笑)。