放送作家の小野高義です

 

巨人ですが

4連敗の翌日

 

村田修一二軍野手総合コーチ

杉内俊哉二軍投手コーチ

一軍コーチに配置転換となることが

発表されました。

 

その代わりに

三沢興一投手コーチ

古城茂幸内野守備走塁コーチ

二軍に配置転換となるそうです。

 

最初にこのニュースの見出しを見た時は

 

もしかしたら

宮本、元木コーチの去就が…?

 

というのが頭をよぎりましたが

今のところ

二人は留任予定。

 

その文字を見て

なんか安心しました。

 

  ◇

 

日本シリーズは

二年続けて1勝も出来ず4連敗

という歴史的大惨敗

となり

 

きょうのネットニュースを見ても

 

ソフトバンクの強さの秘密

巨人の弱さの原因と総括

みたいな

似たような見出しと内容の記事ばかりで

正直うんざりしました。

 

確かに

 

日本シリーズはそうでしたけど…

 

よく考えて下さい

 

今年一年のセ・リーグでの戦いを!

 

開幕からぶっちぎって

最も早くにマジックを点灯させて

 

終盤ちょっともたつきはしたものの

2位を7.5ゲーム差つけてぶっちぎりの優勝。

 

ここだけ見れば

なんの攻められる要素がありましょうか!

 

  ◇

 

きょうの日本シリーズ総括ニュースで

目立ったのは

「ソフトバンクの育成力とFAに頼る巨人のもろさ」

みたいな論調ですが

 

ちょっと待て何を見ているんだ?と。

 

日本シリーズ不調だったとはいえ

 

松原聖弥を

明星大学みたいな無名大学から発掘し

優勝チームの二番バッターにまで育て上げ

元とび職の増田大輝を未唯だし

守備走塁のスペシャリストに育て上げ

 

ドラフト6位入団の戸郷翔征はあわや新人王

菅野に続く巨人の先発の柱にまで成長し

昨年の山口俊が抜けた穴をしっかり埋める大活躍

 

サイドスローに転向した大江や鍵谷も

しっかりとブルペンを支える存在となり…

 

こんなチームのどこが育成力に欠けているというのか?

 

そして

キャプテンの坂本

4番の坂本

一番吉川に

キャッチャーは小林も大城も岸田も巨人の生え抜き

 

FAに頼る金満球団なんて何年前の話をしてるんだって話です。

 

  ◇

 

そんな

若手がぐんぐん伸びて来るチームの環境を作っているのが

実は

元木コーチであり宮本投手コーチ

だと思うのです。

 

原監督は12球団で一番の厳しさを持っている

と言われていますが

 

そんな原監督と選手の間に立って

時には選手の側に立って

全責任を背負う覚悟でチームを鼓舞する姿は

 

少なくともペナントレースの強さの大きな力となっていたに違いありません。

 

それほど前に

この二人が入る前の巨人と入ってからの巨人のカラーは

明らかに違うのです。

 

  ◇

 

もちろんこの二人を登用した原監督こそが

その重要性を誰よりもわかっている

と信じています。

 

この両コーチの存在なくして

来年のリベンジはあり得ないと

ぼくは思います。

 

ソフトバンクだって

お金はありながら勝てない時期がどれだけ長くあったことか。

 

チームが

思い通りに変わるまで

3年くらいかかるのは当たり前。

 

来年こそは期待してます。

 

というわけできょうはこのへんで

小野高義でした