2017-07-26 12:02:02

『変態だ』上映&トークin東京@LOFT9 Shibuya 2017/07/25

テーマ:映画
昨日7月25日夜は、『変態だ』Blu-ray&DVD発売記念 安齋肇×みうらじゅん×前野健太がやって来る『変態だ』上映&トークin東京@LOFT9 Shibuyaにお邪魔して参りました。



トークショウにもちょっぴり参加させてもらいました。
韓国の富川市で開催された”富川国際ファンタスティック映画祭”にて特別賞受賞などまだまだ話題満載の『変態だ』。
それにしても改めて自分のギターがいっぱい鳴っている映画だなと思っております。
ちょっと不思議な気持ちです。
そんなわけで『変態だ』Blu-ray&DVDは絶賛発売中。
ワタシも改めてゆっくり観たいと思います。
トークショウご一緒させてもらった皆様、お疲れさまでした!
またお逢いしましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-08 17:17:17

この世界の片隅に

テーマ:映画


映画『この世界の片隅に』を観てきました。
ワタシが生涯で観てきた映画の中で確実にベスト10に入る作品でした。
ワタシは子供の頃から戦争がキライなんです。
だから銃も戦車も戦闘機も軍艦も全く興味がありませんでした。
ウルトラマンとかウルトラセブンは好きでしたが。
戦争や戦いと云うよりは野球の試合とか相撲の取り組みとかそう云うカテゴリーでした。
国と国とか争って人が死ぬ。
それも大勢死ぬ。
そんなバカバカしいことがあってたまるかと思っていました。
『この世界の片隅に』を観て、今まで以上に戦争がキライになりました。
昨日まで沖縄にいたのですが。
戦争のバカバカしさと、それに付随するイメージの変幻自在さに改めて驚かされました。
戦争って、見ようによっては格好良く見えるんだよね。
生きるって、鈍くさくて潔く見えないんだよね。
人は生まれて、必ず死ぬさ。
生きている間には敵が現れて戦うこともあるだろうし。
でもお互いに助け合って理解し合うことも出来るだろう。
キレイゴトを云うようだけれど、キレイゴトを目指して行かないと進歩がない。
結論は別に出ないんですが。
この映画、また観るか観ないかわかりませんが。
アニメだとかそう云うのも超えてスバラシイと思いました。
泣きはしませんでしたが。
もっと世界のことを考えて生きようと思いました。
そしてのんさんの声ナシではここまでの作品にはならなかっただろうとも強く感じました。
乱文失礼。
ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-09-17 09:09:09

映画『変態だ』試写会

テーマ:映画
昨日は映画の試写会に行って参りました。
みうらじゅん原作、安斎肇監督の『変態だ』と云う映画です。
不肖ワタクシもギターなどで音楽に参加させてもらっております。



映画の内容はどこをどう話してもネタバレになってしまうのでお話ししませんが。
これはスゴイ映画です。
rock'n porno movieです。
R-18指定映画でありますからそう云うシーンもあります。
それだけでなく。
音楽がスバラシイ。
そして何より映像がとてもウツクシイ。
12月10日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー予定です。
是非ご覧になってください。
ワタシ的には「シン・ゴジラ」を上回りました。



試写でお会いしました山田五郎さんと喜国雅彦さんと!
この後お食事をご一緒しました。
特撮からジャパメタまで話題は多岐にわたって3時間超。
楽しかったです!
ありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-25 05:05:05

天才バカヴォン 〜蘇るフランダースの犬〜

テーマ:映画

 
5月23日から上映の『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬』を観て参りました。
私は子供の頃、少年マガジン連載の天才バカボンを読んで育ちました。
あとはゲゲゲの鬼太郎と円谷プロですね。
その三つで私と云う人間の半分くらいが作られています。
私が漫画をあまり読まないのはバカボンと鬼太郎以上の漫画に巡り会わないからです。
それくらい天才バカボンには思い入れがあります。
それが今回バカボンでなく何故にバカヴォンなのか。
映画を観れば判ります。
その映画の内容は。
悪の組織+地獄から蘇ったネロとパトラッシュと、バカボン一家とが戦う。
この基本設定だけでもう私はメロメロだったのですが。
実際に観てみたら。
くだらないんです。
スゴクくだらないんです。
最上級の褒め言葉として申し上げたいと思います。
徹頭徹尾くだらない。
あまりのくだらなさに油断していたら終盤に、私、号泣寸前でした。
しまった。
やられた。
この号泣寸前の気持ちは「風の谷のナウシカ」以来。
パパもスゴいけど、バカボンがスゴイんです。
そして映画の最後にCKBのパパの子守唄が流れますが。
ここで号泣危機ふたたび。
ひー。
自分の参加した曲にこんな風に恩返しをされるとは。
想定外でした。
ヤバイ映画です。
私はきっとまた観ます。
観ないと死刑なので皆さんも是非映画館で観てください。
天才バカヴォン、ブラボー!
これでいいのだ!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2014-04-19 14:04:19

アナと雪の女王

テーマ:映画


ディズニー映画『アナと雪の女王』を観て参りました。
 
ブラボー!
 
素晴らしい映画でした。
観るに値するとはまさにこれだと思います。
映画でしか経験出来ない未知の世界。
観る者をそこへ易々と連れて行ってくれます。
日本語吹き替え版で観ましたが、その方が映像に集中出来て良かったです。
隅から隅まで、どこをどう取っても心遣いが行き届いている。
映像も曲も台詞も音響も。
スゴイなぁ。
感心する事頻り。
オラフの吹き替えがあの人でまたビックリよ。
クリストフがんばれ。
どうぞ映画館で。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2014-04-14 17:07:17

LEGO® ムービー

テーマ:映画

 
LEGO® ムービー』を観て参りました。
 
サイコー!
 
私も子供の頃、レゴでいっぱい遊びました。
ロボットだったり乗り物だったり家だったり色々作って。
透明パーツが好きで好きで、宝物のように思っていて。
その頃の事をヒジョーに強く思い出しました。
今でもレゴがいっぱいあったら何か作るだろうか。
どうかなぁ。
とにかく大人も子供も子供な大人も大人な子供も楽しめる映画です。
劇場公開もうすぐ終わっちゃいそうなので、興味のある方はお早めに。
 
あと、予告編を観て辟易した方。
大丈夫です。
日本語吹き替え版も、大丈夫です。
予告編だけがどーしよーもないです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-10-17 10:40:40

第31回アレ★アレ★シネマトーク 2013/10/16

テーマ:映画

昨晩は「第31回アレ★アレ★シネマトーク」@外苑前TAMBOURINE GALLERYにゲスト参加して参りました!

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

左から高橋キンタローさん、有本彌生さん、私、ロバート・ハリスさん、佐々木誠さん。

トークのお題は、評判悪いけど自分は好きな映画「え?おれだけ??」でした。

とても楽しいトーク、みなさんありがとうございました!

私のネタはロマーヌ・ボーランジェとウェインズ・ワールドでした。

トークの中で出て来た色々な映画、見直してみたいと思います。

まずは宇宙戦争ですね。

また参加したいと思っておりますので、よろしくお願いします!

観に来て下さったみなさんもありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-07-31 12:08:08

美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~

テーマ:映画

美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~』の試写会に行って参りました。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

フランスのパスカル=アレックス・ヴァンサン監督が撮ったドキュメンタリー映画です。

ヴァンサン監督は90年代にフランスの日本映画配給会社にいたそうです。

そこで美輪さん主演の『黒蜥蜴』を知り、三輪さんと云う人物に非常に興味を持つ。

そして美輪さんにコンタクトを取り、このドキュメンタリーを制作する事になったと云う次第。

上映時間は63分と、あまり長くありません。

美輪さんのキャリアの全てを1時間で網羅する事は叶いません。

それでも、フラットで愛のある視線で、美輪さんをしっかり捉えています。

知っているようで、知らなかった美輪さんのここまでの道程。

驚くべき方です。

美輪さんがスゴイ方だと云うのが本当によく判りました。

 

過ぎたるは及ばざるが如し、と云うことわざがあります。

このことわざが通用しない世界もあると云う事です。

過剰なんて言葉が生易しく思えるくらい、美輪さんはオーバーしてきました。

78歳の現在でもオーバーしたままです。

素晴らしい事です。

スピリチュアルとかセクシャリティとか、アンダーグラウンドとかそんなのどうでもいい。

溢れ出るエネルギー、そして愛。

感じ入る事がたくさんたくさんありました。

あと、やはり音楽って凄いなと。

改めて思いました。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

映画『美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~』公式サイトはこちら

 

8月31日、東京都写真美術館ホール、渋谷アップリンクにて公開。

同時上映、『黒蜥蜴』(1968年松竹)!

是非!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-05-15 01:01:01

AURO11.1 体験レポート

テーマ:映画

昨日は日活調布撮影所内にあります映像機器システム社にお邪魔しました。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

こちらで映画産業向けの次世代3DサウンドフォーマットであるAURO11.1のデモを体験して参りました。

ヨーロッパのギャラクシースタジオが開発したこの3Dサラウンドシステム。

観客を全方向および上方から包み込むような形でサウンドが再生されます。

それによって現実により近い音の世界を創出。

なんてここまで完全な受け売りです。

この日集まられたのは音響のプロの皆さんばかり。

ギタリストの私はもう蚊帳の外もいいところなんですが、それでもこんな千載一遇の機会を逃す手はありません。

しっかり体感し、ちんぷんかんぷんな用語の飛び交う説明も一生懸命聞いて参りました。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

機材も色々説明してもらいましたが理解度20%くらい。

いや、10%いかないかも。

実は私は先週、偶然にも都内の同じような映像と音響のスタジオにおりました。

何と云う奇遇。

いやこれも私の将来の必然になってくるのでしょうか。

ちょっとおっかない気持ちも致します。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

今回私をこの経験に導いて下さったお二人。

左の湊さん、右の石井さんはどちらもレコーディングエンジニア。

昔のヤマハ日吉センターで大変にお世話になった方々です。

先週、数年ぶりにお会いして色々お話をさせて戴いたばかり。

ヤマハ日吉センターと云えば、剣さんと廣石さんと私を繋いだ場所。

私が音楽のMIDIプログラミングを覚えた場所。

それだけでなく今に至る様々な人と人の繋がりを紡いだ場所。

日吉センターにいなければ、私の音楽は全く育たなかったはずです。

そしてその強い磁場は今も変わらずこうして人を引き寄せるのです。

素晴らしい先輩お二人に感謝します。

ありがとうございました!

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

これは隣のスタジオ(EAR)の上にあった使用表示ランプ。

普通はこれ「RECORDING」とか書いてありますね。

古いので「本番」です。

さて、肝心のAURO11.1ですが。

凄かったです。

臨場感とか、迫力とか、何だかそんな言葉では表せない。

巻き込まれていく感じ。

自分の耳が浮遊している感じ。

耳だけじゃなくて身体全体が、かも。

未来の中にいる感じ。

新しい現実。

あーうまく説明出来ない。

デモで幾つか体験させてもらった中で、素晴らしいと思ったのはクラシックのコンサート映像のサウンド。

某CGアニメーション映画のトレイラーよりも、クラシック。

美しく青きドナウ。

フルで聴きたかったなー。

それを観た後で私が一言「このシステムでピンク・フロイドが聴きたい」と申しましたところ、賛同者一名ゲット。

ねー。

聴きたいですよねー。

ところでこのAURO11.1システムを導入している映画館があります。

一つは愛知県安城市の安城コロナシネマワールド1。

もう一つは茨城県つくば市のシネマックスつくばのADMIXシアター。

興味のある方でお近くの方は是非体験してみて下さい。

凄いですよ。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

体験はしっかりしたけれど、全体的には夢のような一日でありました。

それにしても暑かったですね。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

建物の壁に大巨獣ガッパの絵。

日活唯一の怪獣映画に出て来た怪獣です。

この絵を見て、何だかとても嬉しかったんです。

私より5歳年下のガッパ。

まだまだがんばろうぜ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-05-01 03:50:10

中学生円山

テーマ:映画

宮藤官九郎監督の新作映画『中学生円山』の試写会に行って参りました。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

これはスゴイ映画です。

まず中学生の円山くんの目標はアレを自分でアレする事ですから。

そこを美化していない。

粉も衣もつけずにそのまんま映画になっている。

女の人にはわからないかも知れないけど。

これは、そうです。

妄想が妄想を呼んで妄想だらけの日々をおくる。

脈略も整合性もナイ、自分勝手な妄想。

その自分の妄想に自分がビックリしたりする。

これも、そうです。

あまりストーリーには触れません。

どうぞご覧になってビックリして下さい。

そして居心地の悪い気持ちになって下さい。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

欲望。

理想。

価値観。

コミュニケーション。

ディスコミュニケーション。

そのどちらでもないモノ。

コミカルで軽妙ながら、辛辣で悪意に満ちている。

笑っちゃうほどに意地悪。

中学生なんて身体の内側で化け物が常に暴れているようなもんですからね。

大変なんですよ、中学生は。

 
小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
 

そしてこの映画は遠藤賢司さんの映画でもある。

エンケンさんです。

最高です。

この映像が後生に残されただけでも最高です。

平凡以下のマイナスから突如プラスに噴出。

エンケンさんに興味のある方は、必見です。

そして主演の草薙剛さん。

馬鹿馬鹿しくも崇高な「生」を体現しておられる。

とても美しく思えた。

中学生円山。

観るべきだと思います。

あと向井秀徳さんの音楽も最高です。

ここでは書けないような色々な事をもっともっと考えました。

もう一度。

中学生円山。

観て下さい。

 

映画『中学生円山』公式サイト

 

5月18日全国公開

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース