1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-05 21:21:21

中標津の食事処やまやでやまやスペシャルと対決

テーマ:洋食・全国・全世界
2017年10月4日、クレイジーケンバンド@中標津町総合文化会館の当日、会場入り前。
この日のお昼も数日前からのリサーチをもとに決定しておりました。
参りましたのは『食事処 やまや』。
中標津町総合文化会館のすぐ近くにある洋食中心の食堂です。
お料理のボリュームがかなりあるとの噂。
前日に伺った『ラ・キンコ』とどっちへ先に行くか悩んだ末の順番です。
さあこちらも念願の御対面。
いらっしゃーい。



やまやスペシャル!
スペシャルですぜ旦那。
噂に違わぬ、いや噂以上にボリュームがあります。
チキンライス、スパゲティミートソース、ハンバーグ、から揚げ、目玉焼きのラインナップ。
スペシャルだー。



iPhone SEと並べてみました。
デカいですよスペシャルは。



近寄ってみましょう。



チキンライスは容赦なくたっぷり一人前。
これだけで満腹必至。



から揚げは大ぶりなのが3つ。
オーイェー。



スパゲ(Ⓒ洞口さん)方面からの近影。
ミートソースは1.5人前だそうな。



ミートソースのこのタマネギの粗みじんさ具合を見よ。
心躍る、そして胸かきむしられる粗みじん。
ここまで来て良かった。
そして昼間にお目にかかれて良かった。
この時点で胸一杯。
お腹はまだです。



目玉焼きの下にハンバーグが忍んでおります。
行くぞー。



ウマウマウー!

隅から隅までずずずいとノスタルジックな味わいのオンパレード。
チキンライスはまさにこれがチキンライスであると云う味わい。
型にギュッと押し込まれてギュギュッとなっているところもポイント高。
ミートソースはトマトが勝ちすぎずこれぞ昔のミートソースなのである。
スパゲはアルデンテ知らずの中太タイプ。
ただ茹でただけでなくちゃんと何らかの油脂で炒めてあるスパゲにミートソースがかかっている。
その炒めてある時点で洋食の神髄(当社比)を感じられるのです。
バターなのか何か他の動物性油脂と混ぜているのか。
でもオイリーでは全くなくて、しっかりスパゲと一心同体になっている。
ミートソースの粗みじんのタマネギの中に同じ大きさのマッシュルームも混在している。
ああなんたるシアワセ。
ミートソース!
ミートソース!
スパゲティミートソース!
心の中で叫びながら食べました。
ハンバーグはふと気が付くとなくなっているくらいの控えめサイズ。
その代わりから揚げは一つ一つがずっしりとヘビー級。
そしてもう一度申し上げる。

ウマウマウー!

最後はスパゲティがなかなか減らないのでワタシの見ていない瞬間に誰かがお皿にスパゲティを足しているのではないかと勘ぐったくらい手こずりましたが。
見事に完食致しました。
これだけたっぷり食べたのに食後感は軽くて何だかスイスイ歩ける感じ。
スペシャル感激しました。
スペシャルブラボー。



フォークとスプーンがカワイイ入れ物で出てきました。



こちらお店の裏口。
表の入口より裏口から入ってくるお客さんが圧倒的に多い。
なぜなら裏に駐車場があるからだと考えました。
表通り歩いている人あまりいませんもの。
みんな車で移動してるんですね。



こちらは表入口。



この味をまたいつか必ず味わいたい。
なので中標津に必ず来て、また必ず伺います。
来ると云ったら来る。
ヨロシクお願い致します。
美味しかったです! 御馳走様でした!

食事処 やまや
北海道標津郡中標津町東三条北1
11:00〜21:00
月曜休
2017-09-20 03:03:03

小樽の洋食屋マンジャーレTAKINAMIでハッカクとシャコのアクアパッツァ

テーマ:洋食・全国・全世界
2017年9月16日、弾き語りライブをさせて戴いた小樽の『洋食屋 マンジャーレ TAKINAMI』。
ライブの前からお客様たちが色々食べているのを見てヒジョーに羨ましく思っておりました。
でも終演後にワタシも堪能致しました。
イタダキマス。



ハッカクとシャコのアクアパッツァ!
これはワタシに特別に作って戴いたメニュー。
独り占めすみません。
北海道以外ではあまりお見かけしないハッカクと云う魚。
トクビレとも申します。
かなり独特なルックスですがお刺身でもウマイのです。
アクアパッツァで戴くのは初めてです。



ウマウマウー!

ああもうこのハッカクと云うヤツが。
身は白身なんですがこれがもううっとりしちゃうような濃い味わいでして。
言葉少なくなり一心不乱に食べ進めてしまうタイプなんですよん。
シャコも美味しくてねー。
このシャコ、こちらの方に云わせれば小樽が日本一ウマイとのこと。
それも旬の時にはひときわウマイとのこと。
では次はその時に来ます。
そしてこのアクアパッツァの汁が濃厚で凝縮でもうたまりませんわんわんわん。
お皿から直にぐびぐび飲もうかと思ったくらい。
パンを戴いてしっかり吸わせて戴きました。
アクアパッツァブラボー。



オードブルなど色々!
こちらはご来場のお客様と一緒です。



ウマウマウー!

ポークが沁みるねぇ。
ずっと食べ続けていたかったくらい沁みる味でした。
スモークのサンマも玉子もグレイト。
こりゃお酒が欲しくなります。
なりましたよね。



パエリア!
これも魚介の味わいが濃厚にしてヴィヴィッド。

ウマウマウー!

立ち上がって踊り出してしまいそうなリズムを感じる。
ああこれもワインを呼ぶ。
実際に呼んでみましたけどね。
はっはっは。
ブラボー。



またゆっくり伺いたいと思います。
その時はお昼もイタダキマス。
楽しみにしております。
美味しかったです! 御馳走様でした!

洋食屋 マンジャーレ TAKINAMI
北海道小樽市色内2-1-16
11:30~15:00(14:00L.O.)
17:30~21:30(20:00L.O.)
水曜休(他不定休アリ)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-27 15:15:15

岡山のみちでトンテキを戴く夏

テーマ:洋食・全国・全世界
7月初旬に岡山に行って参りました。
ワタシの岡山最強ナビゲーターの大津くんと共に岡山ウマウマウー巡り。
今回はどんなウマイモノに巡り会えたでしょうか。
まずはマストイートのこちらから。
岡山市北区大元にある洋食店『みち』へ参りましょう。
前回訪問時にも書きましたが。
こちら創業から45年以上の老舗。
でも老舗感と云うよりも時間停止感のが強い店構え、そして店内の設え。
異次元空間で戴くのはこちら。



トンテキ、ライス中、スープ!
これで訪問は何度目かになりますが。
初回以外は必ずこのオーダーにしています。
大津くんはここに来たらこれしか食べないと申しております。
ワタシももうそれでイイと思います。
それだけこのオーダーはカンペキなのです。



トンテキ!
豚ロース肉を塊から適量カットして、粉をつけて、焼く。
焼き上がったらソースをかけて出来上がり。
シンプルなのですがそれだけに誤魔化しの全くないメニュー。
マスターが作っているのを眺めながら待つこと暫し。
トンテキがやってくるぞ。



ウマウマ王!

こんなにウマイモノはそうそうありませんぜ。
多分日本全国でここにしかない唯一無二の味わい。
豚肉の加減とソースの相性がワンプラスワン以上に昇華。
深く味わい、命の足るを知る。
華美とは無縁の素っ気ない佇まい。
でもその佇まいに崇高さすら感じる。
味わえば全てを納得。
ここに奇跡アリ。
ブラボー。



中華そばのスープ!
これまたシンプルで気取りなく。

ウマウマウー!

自分の中にあって普段はオンにならないスイッチ。
それがふとオンになって何かの回路に通電する。
心がふわっと軽くなって安心する。
ああ、お休みだ。
夏休み。
短いけれど自分が夏休みの真ん真ん中にいる気持ち。
すぅっと味わいました。
サンキューベリマッチ。





営業時間など訪問のハードルの高いお店。
でもいつまでも元気で続けてくださるならそれでイイです。
また伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

みち
岡山県岡山市北区大元1-12-12
11:00~14:00
日曜・水曜休
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-02 04:04:04

シンガポールのFIVE NINESでイタリアンを戴く夜

テーマ:洋食・全国・全世界
クレイジーケンバンドフルメンバーで参りましたシンガポール。
2日目の夜はイタリアンレストラン『999.99 - FIVE NINES』で戴きました。
こちらは日本の斎藤シェフのお店。
日本、シンガーポール、イタリア、もう頭の中がグローバル。
グローバルワシントンジュニアとかロジャーグローバルとか余計なことを色々考えます。
グローバル上等。
バリバリだぜヨロシク。
てなわけでイタダキマス。



カニクリームコロッケ!(King Crab Croquettes)
スタートは馴染みのある揚げものから。
このフレンドリーさがちょっとウレシイ。



ウマウマウー!

いきなりカニの風味が濃厚でうっとり。
虚を突かれた感じ。
ブラボー。



ブルスケッタ!(Bruschetta)
ウマし。
トマトの風味が食欲をかきたてます。
焼け石に水とは云い方が悪いか。
どんどんお腹が空いてきます。



Abbot12 Quadruple!
ベルギービールなんぞ飲んでみました。
これアルコール度数10.5%のきっついヤツ。
パンチがあってウマイです。



パテ!
ちょっとこの辺から記憶が色々と曖昧になって参ります。
みんなでワイワイとやっていたもので。
すみません。
これ濃厚でウマかったのだけ覚えてます。



タコのマリネ!(Marinade Octopus)
フェンネルの香りが新鮮。
ウマイでございますわよ。



こんなワインを飲んでおりました。



エビとホワイトアスパラの何とやら!
ソースはビスクソースだと思いました。
甲殻類の旨味凝縮。
スパイスが絶妙。
ウマーイ。



魚のソテー!(Grilled Fish)
この魚が何だろうと気になって斎藤シェフに直接伺いました。
沖縄で云うミーバイだそうです。
ハタですね。
これはグレイト。

ウマウマウー!

しっかりした身で食べ応えたっぷり。
ソースも味わい深い。
こりゃまたイイっすねー。



タリアテッレ・カルボナーラ!(Tagliatelle Carbonara)
パスタであります。
たっぷりとやって参りました。



ウマウマウー!

タリアテッレの口当たり、歯応え、喉越し、どれも魅惑的でうっとり。
濃厚なれどオーバーでないところがミソ。
シアワセイッパイダー。



こんなワインも飲んでいた。
久しぶりにワインたっぷり飲んだなー。



赤身肉のステーキ!(Beef Stakes)
この後に及んでどんな牛のどんな部位かなんてもう気にしておりません。
赤身の赤身らしさを受け止めます。
さあいらっしゃい。



ウマウマウー!

いくらでも食べられます。
この時間帯はもうみんな飲みモードに入っておりましたので。
ワタシへの赤身肉割当量はかなりのものになりました。
結果たっぷり戴いて満足至極。
ブラボー。



コーヒーはこれ馴染みのあるヤツ。
中目黒駅横とか品川駅にもあるね。
勝手知ったるウマさ。
ホッとします。



デザートはグレープフルーツのパンナコッタ!(Ruby Grapefruits Pannacotta)
マンゴーのソルベと共に。
ワタシ、服用している薬の関係でグレープフルーツちょっとあれなんですが。
食べた後で聞きましてですねグレープフルーツって。
全然大丈夫だったのでまあいいや。
お味は当然ウマウマウーで御座います。
オーイエー。



店員さんが大山愛未センセイに雰囲気がちょっと似ていたのでツーショットプリーズ。
オーイエー。



この夜もみんなで楽しく飲んで食べて語り合いました。
こんなにみんなでずっと一緒にいるのは希有なこと。
シアワセな時間を本当にありがとうございました。
これにて2日目終わり。
いつかここにまた来られる日を願って。
美味しかったです! 御馳走様でした!

999.99 - FIVE NINES
29 Keong Saik Road, Singapore 089136
DAY
Mondays to Fridays: 12:00〜16:00L.O.
Saturdays & Sundays: Closed
NIGHT
Mondays to Thursdays: 18:00〜21:30L.O.
Fridays & Saturdays: 18:00〜Late
Sundays: 18:00〜21:30L.O.
Public Holidays: Closed
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-03-29 15:55:55

大阪心斎橋のミツヤで伝説のミツヤライス

テーマ:洋食・全国・全世界
伝説とか神話とか伝承とか言い伝えとか口碑とかが大好きなワタシですが。
新たなる伝説に挑んで参りました。
参りましたのは喫茶レストラン『心斎橋ミツヤ 心斎橋本店』。
CKB@河内長野市立文化会館ラブリーホール(大阪府河内長野市)の翌日のことです。
以前こちらで戴いた大坂ビフカツライスには仲間がおりました。
今回はその仲間の方を戴いてみます。



伝説のミツヤライス!
構造は下の写真をご参考になさってください。



左ウイングにチキンライス、右ウイングにスパ。
その上からオムレツを載せて、ポークカツを載せる。
そして左にトマトソース、右にミートソース。
何がどう伝説なのかはどこにも記載が御座いませんでした。



こちら左ウイング。



そして右ウイング。



センターです。
量はやはりかなりあります。
このボリューム感が伝説であるのかしらん。
心して臨みます。



ウマウマウー!

子供の頃からカツ=トンカツで育ちましたのでポークの方がどうしても馴染みがあります。
でもこうして盛り付けの要素が多くなってくるとビーフの方が存在感あるのかな。
色々考えます。



ウマウマウー!

ミートソースの下のスパはちゃんとナポリタンになっています。
だけど味と味が重なっても大丈夫なくらい双方にパンチがありません。
左ウイングのトマトソースは酸味が多少強めですがミートソースとのコントラストがあまりありません。
大坂ビフカツライスの方はカレーと云うスタープレイヤーがおりましたのでそこはくっきり鮮やかでした。
伝説vs大坂。
パンチの無さでは伝説に軍配。
ネコパンチもアンパンチもロケットパンチもモンキーパンチもない。
それでも量はたっぷり。
パンチの無さとボリュームの大きさが壁となって立ちはだかります。
やさしい強敵。
ステキです。
ブラボー。



愛すべきパンチ無し大物コンビ。
実はこの後デザートも戴きましたが別記事にて。
美味しかったです! 御馳走様でした!

心斎橋ミツヤ 心斎橋本店
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-3-21
9:30〜22:00
無休(元日休)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-03-02 16:16:16

京都のグリルフレンチで冬の夜のシアワセ 後編

テーマ:洋食・全国・全世界
小野瀬雅生ソロライブ@京都Maydayの前日夜。
友人達と『グリルフレンチ』でのシアワセな食事。
シアワセの前編はこちらに御座います
後編もいってみよー。



牛ロース生姜焼き!
古今東西、豚肉と生姜の取り合わせは数多くあれど。
牛肉と生姜の取り合わせは珍しく存じます。
さあその味わいや如何に。

ウマウマウー!

合う。
合うんです。
生姜の辛さよりは香りや風味を重視して牛肉に添わせてあるんです。
エキゾチックなプッシュ。
そしてキレイさっぱりと旨味をまとめ上げる生姜の実力。
これはたまらん。
ファンになりました。
ヒューヒュー。



ポテトフライ!
裏メニューの帝王。

ウマウマウー!

極めてシンプルなれど奥深い。
ウマイなぁ。
グレイト。



パリソワーズ!
ジャガイモの冷たいスープ、ヴィシソワーズをコンソメのジュレの上にかけたものです。
これがまたもうもうもう。

ウマウマウー!

寒い日に食べてもウマイモノはウマイ。
冷たさの中に感じるぬくもり。
優しい味わい。
ブラボー。



ミニカレー!
ミニですミニ。
〆にミニ。

ウマウマウー!

洋食のカレーの丁寧さ。
味わいの隅々にまで心と技が行き渡っている。
まろやかでスパイシーで格調高し。
ウマし。



ハンバーグサンド!
デザート代わりではありませんが。
ミニカレーで足りなかった隙間にみんなで少しずつ。

ウマウマウー!

滋味溢れるサンド。
焼いたパンの香ばしさとハンバーグの充実感。
堪能致しました。
シアワセデス!



またゆっくりと伺います。
いつ牛ロース生姜焼きを独り占めの夢を見ながら。
またお会い出来る日を楽しみにしております。
美味しかったです! 御馳走様でした!
 
グリルフレンチ
京都府京都市中京区小川通御池上ル下古城町377
12:00~13:30
17:00~22:00
木曜休
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-01 03:01:01

京都のグリルフレンチで冬の夜のシアワセ 前編

テーマ:洋食・全国・全世界
小野瀬雅生ソロライブ@京都Maydayの前日。
実は京都に前日入りしておりました。
夜は友人達と『グリルフレンチ』にて食事。
雪もちらつく寒さの厳しい日の夜。
でも心は温かく。
年に何度かの楽しいひととき。
今回もシアワセを満喫致しました。
まずは冬ならではのこちらから。



生牡蠣!
サイコーのスタート!



ウマウマウー!

海の恵みを。
これでもかと味わいました。
旨味の輝きを心のすみずみにまで。
照らしました。



牡蠣の殻焼き!
焼いた方もモチロン。

ウマウマウー!

火を通すことで旨味がグッと凝縮。
こちらの滋味は身体の奥底にまで。
響きました。



カニサラダ!
主役はカニ。
カニがたっぷり。
でもこれは一つのドラマのようで。
セロリなどの脇役も含めて全てのコンビネーションが完璧。

ウマウマウー!

静かなる感動と共に。
カニブラボー。



イチボのタタキ!
華麗なる肉の味わい。
文句のつけようもなく。

ウマウマウー!

とろけるレア。
でも生とは全く異なる次元。
深く深くウマーイ。
思わず目を閉じる。
イチボちゃーん。



海老フライとカニクリームコロッケ!
盛り合わせてもらいました。
揚げもの最強コンビ。



ウマウマウー!

海老フライの楽しさ。
カニクリームコロッケの優雅さ。
存分に味わいました。
シアワセよー。
この夜のシアワセはこれに留まらずまだまだ御座います。
続きは後編にて。
美味しかったです! 御馳走様でした!
 
グリルフレンチ
京都府京都市中京区小川通御池上ル下古城町377
12:00~13:30
17:00~22:00
木曜休
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-23 15:55:55

京都紫野のMaydayでペンネナポリタンのオーブン焼き

テーマ:洋食・全国・全世界
昨日の小野瀬雅生ソロライブ@京都Maydayでのフードメニュー。
この中に完全にワタシ狙いの逸品が御座いましたのでご紹介します。



ペンネナポリタンのオーブン焼き!
スパゲティでなくペンネでナポリタン。
ありそうで意外にナイ。
これをまたオーブンで焼いてチーズをとろかせちゃう。
ワタシ狙いでしょこれ。
開場前に誰よりも早く戴いちゃいました。



ウマウマウー!

あー写真のピントが合わなかった。
もっと接写に強いカメラに変えようかなーどうしようかなーぶつぶつ。
それはともかくペンネナポリタン。
味付けがごてごてしていなくて薄味方面。
でもこれでチョウドイイ。
ペンネの食べ応えがしっかりでシアワセ。
延々と食べ続けられそうなヤバイ感じ。
この味のセンス、気に入りました。
ブラボー。



コーヒーもウマし。
この日に弾いたギターサウンドの芯は多分このコーヒーです。
グッジョブ。



またゆっくりと伺います。
そしてまた色々考えましょう。
美味しかったです! 御馳走様でした!

Coffee&Bar Mayday
京都府京都市北区紫野雲林院町47-2
19:00~翌1:00
木曜休
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-02-20 12:00:00

愛知県蒲郡市のムーミンでチキンカツ

テーマ:洋食・全国・全世界
先日の小野瀬雅生ソロライブ&イカ釣兄弟復活@蒲郡Always café Barの当日お昼。
会場すぐ近くの『ムーミン』に参りました。
ワタシは中学から高校にかけてムーミンズと云うバンドをやっておりました。
最初は吉田拓郎を中心としたフォークロック、後にドゥービーブラザーズのコピーをレパートリーにして活動。
高校1年の時に横浜関内にあった放送局と云うライブハウスにオーディションを受けに行って、そこで廣石先輩(当時きゅーてぃーぱんちょす)と知り合いました。
そのオーディションに行かなかったらクレイジーケンバンドもなかったかも知れません。
高校2年でヤマハのイーストウエストと云うバンドコンテストでジュニアの決勝まで行って。
高校3年の時はちゃんとツインドラムでサックスもパーカッションも揃えた8人編成に。
そんなことはどうでもいいですねすみません。
蒲郡の『ムーミン』に話を戻します。
超絶に昭和な外観。
内装も当たり前だけど昭和そのもの。
イカ釣り兄弟の加千須芳朗くんが「絶対コレがウマイです」とオススメのメニュー。
それをイタダキマス。



チキンカツ!
かなりのボリューム。
この時点でかなりウレシイデス。



サラダもたっぷり!



ウマウマウー!

こりゃたまらん。
デミソースがドンズバでイタリーノ級。
チキンカツの揚がり具合も上々。
インサイドのチキンがジューシーでとてもやわらかい。
ちょっと多めのご飯もアッと云う間に食べちゃうおかず力の強さに瞠目。
昭和のシアワセな旨味の圧倒的奔流。
いきなり赤大文字級のウマさ。
次に食べたら王も圏内。
これはスゴイお店を教えてもらっちゃった。
そして実はもう一つ気になるメニューがあってそれもオーダー。
そちらにも衝撃を受けましたが別記事にて。
ムーミンブラボー。
美味しかったです! 御馳走様でした!

ムーミン
愛知県蒲郡市元町8-3
7:30〜15:00(要確認)
定休日不明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-07 08:08:08

名古屋ビストロ・ドファンドールでマサオとシンヤ特別メニュー

テーマ:洋食・全国・全世界
2017年2月5日と6日に開催されましたマサオとシンヤ・スペシャルライブ。
会場はホテルキャッスルプラザ名古屋内に御座います『ビストロ・ドファンドール』。
今回も和田シェフ渾身のコース料理と共にお楽しみ戴きました。
そしてワタシ達もイタダキマス。



先にご紹介しちゃうのがホルモンカレー!
ホルモンとホテルカレーの出逢い。
イイですこれ。

ウマウマウー!

スパイシーなカレーの旨味とホルモンの口当たりの取り合わせの妙。
とても豊かな感じがしました。
ブラボー。



前菜盛り合わせ!



パテ・ド・カンパーニュ!



カリフラワーのムース!



ホウボウのマリネ!



フルーツカブの塩昆布和え!



カチョカヴァロチーズのたこ焼き風!



ウマウマウー!

どれもこれもウマかったですが、カチョカヴァロのたこ焼き風にはビックリ。
カチョカヴァロの食感がタコに思える不思議。
スバラシイ。
パテは安定のウマさ。
ホウボウの澄み切った味わいもグレイト。
オーイエー。



オニオングラタンスープ!

ウマウマウー!

コンソメの滋味の深さ。
チーズの濃厚さと相俟って心にも身体にも沁みる逸品。
ワンダホー。



サワラのグリルと松坂豚ソーセージ!

ウマウマウー!

サワラは一夜干しして旨味を凝縮。
ソーセージは濃厚にして充実。
魚も肉もたまりませんわん。



泡と一緒に。
ステキです。



デザートはチョコのムースとミントのアイス!



ウマウマウー!

大満足のコースでした。
ここまでは初日の分。



たらこスパゲティー!
2日目はちょっと趣向を変えて。



ウマウマウー!

たらことオリーブオイルとレモンだけのシンプルさ。
これがドンズバ。
もういくらでも食べられちゃう。
いやーん。



サラダ!
ウマし。



ホルモンのソーセージ!
濃厚でウマしウマし。



カチョカヴァロのたこ焼き風、紅ショウガ入り!
紅ショウガ、グッジョブ!

ウマウマウー!

紅ショウガがあった方がピシッと締まります。
和田シェフ、ブラボーな料理をありがとうございました!
また堪能させてください。
美味しかったです! 御馳走様でした!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース