1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-21 11:11:11

野毛名酒場100

テーマ:雑誌・食・料理


現在発売中の『野毛名酒場100(ぴあMOOK)』。
こちらの巻頭6〜11頁にわたって不肖ワタシが野毛ご案内をさせて戴いております。
ご紹介したお店はホントにイイお店ばかりなので皆さん機会が御座いましたら是非。
それにしても。
ワタシが大きい。
マライアキャリーの写真を見た時と同じように自分のことを大きいと思いました。
やはり少し縮まねばなりますまい。
と云うわけで現在鋭意縮小中。
下げ止まりに当たっています。
ここを通過すればスムースに縮むかなー。
以前19kg痩せた時のスタートラインにすらまだ到達していない状況。
がんばるべし。
閑話休題。
野毛はディープでして取材拒否のお店もまだ多く。
その中にあの店もこの店もあるんです。
そこまで辿り着くのはなかなか大変ではありますが。
是非何度も何度も通って、野毛の沢山の笑顔を知って欲しい。
そんな風に思います。
このMOOKはその入門編として最適。
いやかなり上級のところまでカバーしています。
『第一亭』も載ってます。
エブリバディレッツゴー野毛。
そう云えば以前ワタシが野毛を歩いている時に声をかけてくれた人が「本当にいるんだ」とお化けか幽霊かを見るような目でワタシを見て握手して立ち去りましたが。
いますよ。
ワタシが歩いていたら声をかけてくださいね。
赤レンガ終わって落ち着いたら野毛に行こうっと。
今度は「あ、縮んでる」と云われるようになりたいです、はい。

こちらのリンクから入手出来ます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-12 10:59:59

欲望の中華

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2017年9月号は中華特集。
街の庶民的な中華料理店を中心に紹介されています。
酔来軒出てるー。
暫く行ってないので行くー。
ほいでもってこの号の中で紹介されている、とある麻婆豆腐。
お店ではなくレシピ紹介。
それがもうハンパなく食べたくてシビレました。
ワタシの欲望は増すばかり。
減量中の身には堪えます。
さくさく減量していち早く欲望に身を任せられるようがんばります。
ふひー。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-05-16 00:16:16

エブリシングイズカレー

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2017年6月号はカレー特集。
カレーヤバイっすね。
今は自分のモード的にカレーに行ったら大ハマりしそうな予感。
ヤバーイ。
載っているのはもうどこのお店へまず行こうか迷いに迷うラインナップ。
もう10回近くリピートして読みましたが毎回ヒットが違うカレー。
様々な迷いと決意を与えてくれる6月号。
そしてカレーはモチロンのこと、鹿児島の白熊とレモンサワーもある。
岩手のマルカンビル大食堂には必ず行こう。
決めた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-13 01:01:01

焼鳥を食べに。

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2017年5月号は焼鳥特集。
焼鳥食べたいです。
行きたいお店がいっぱいあるのですが時間が作れなくてなかなか行けません。
でも必ず行きますのでよろしくお願いします。
ちょうどソラリスに名前が似ているタルコフスキーな希少部位の話をポカスカジャンリーダーとしたところでして。
載ってましたよなるほどね。
おフランス語でしたか。
シェー。
ドライブイン鳥も載っていた。
行かねば。
そしてもう一つの特集は春巻と春雨。
ああ春巻。
ワタシは春巻でご飯が食べたい人です。
自分の中の春巻度数が一気に上がってしまいました。
数日以内に春巻を摂取しないと大変なことになりそうです。
春雨もヤバイですね。
今月号もワタシの食欲を急激加熱して坩堝にする内容でした。
メラメラと。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-10 13:03:03

たまごと料理。

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2017年4月号はたまご特集。
卵。
玉子。
たまご。
ワタシの長年の苦手であった卵玉子たまご。
子供の頃は地球侵略の宇宙人よりも強敵だったのです。
それが50歳を過ぎて苦手を克服し、更には好きなモノの方になるとは人生何があるか判りません。
ラーメンも「もしかしたら玉子が載っているかも知れない」と云う理由であまり食べなかったくらいです。
それが今や券売機で「味玉付き」のボタンを押す人間になろうとは。
いやはや。
味玉を肴にお酒を飲んだりも出来るようになりました。
なんとも。
今号には味玉をどうやったらウマく作れるかと云う検証記事が載っていますがこれはやってみたい。
他にも食べてみたい卵料理が幾つか。
そして他にも飛騨の漬物の記事がまた興味深い。
昨年からワタシの中で一躍脚光を浴びている岐阜県。
こうして興味がまた導かれていくようで何だかちょっとおっかないですが。
あと菜の花ダイスキデス。
そんな興味津々の4月号でした。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-09-10 00:10:10

肉にときめくお年頃

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2016年10月号の特集は「ときめきの肉 エピソード4」。
毎号楽しみにしているdancyuですが。
今号は特に肉厚でたまりません。
憧肉(そんな言葉ないけど)のオンパレード。
あれもこれもそれもどれも食べたい。
片っ端から食べたいぜ。
肉にときめくお年頃ですが悲しいかな身体も胃袋も一人に一つずつ。
肉に行く時は(これも変な云い方ね)しっかり肉欲を満たしてきたいと考えます。
これからも益々で肉々のご発展を祈念致しまして。
それはそうと。
巻頭の小特集の佐野のいもフライ。
ああ。
これも食べたいにゃー。
煩悩のゲインがグッと上がってオーバードライブしてきました。
マスターで絞らねば。
ああ
切ないにゃー。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-21 02:22:22

甘い生活

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2016年6月号の特集は「甘い生活。2回目」。
あんこと生クリームどっちが好き?
うーん。
悩むところです。
ワタシは寒天が好きでして。
寒天に黒蜜でもちょっとかかっていればサイコーにシアワセデス。
あとは伊勢佐木町の文明堂茶館ル・カフェのパステル。
生クリームもシロップもなくてイイんです。
そのものの甘さが好きであります。
他にもそう云うのが色々ありますが。
究極の選択でどちらかを必ずと云われたら、あんこの方かな。
ゲゲゲの鬼太郎で、さら小僧があんこを食べて喜ぶシーンがあります。
「うめえや、このあんこほんとのあんこだ」
さら小僧、強いんだよねー。
それはどうでもよろしい。
ワタシは子供の頃からずっとその「ほんとのあんこ」を求めている気がします。
幸いにも生涯で何度か「ほんとのあんこ」に出逢えました。
今度出逢ったらご紹介します。
さて「ピッツァとピザ」と云う特集もあります。
是非いつか本牧の四角いピザも取材して戴きたい。
あと、意外に話題になってないのがピザトースト。
俄然食べたくなりました。
これも自分の課題の一つにします。
食のあれこれにぶんぶんと心を振り回されるワタシ。
少しずつ気をつけて参りたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-04-26 14:14:14

散歩の達人2016年5月号「食堂100軒」

テーマ:雑誌・食・料理


現在発売されております散歩の達人2016年5月号
20周年特別企画第2弾で「食堂100軒」と云う特集をされております。
100人の達人が選んだ食堂100軒。
僭越ながらその100人のうちの一人として参加させてもらっております。
P64、登場順は69番目と気を遣って戴きました。
ワタシがどのお店を紹介しているかは読んでのお楽しみ。
そして他の方が紹介しているお店がかなり心ざわめくものばかり。
ダイエット中の方にはかなりキツイ内容となっております。
でも何軒かはターゲットロックオン。
散歩ついでにいつか行ってみたいと心に決めました。
是非とも散歩の達人2016年5月号「食堂100軒」ゲットしてください!
よろしくお願いします!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-05 10:10:10

一冊丸ごとおいしい餃子。 pen 2016年4月15日号

テーマ:雑誌・食・料理


pen 2016年4月15日号は『一冊丸ごとおいしい餃子』特集。
表紙からして蔓餃苑の餃子です。
ああ食べたい。
山元さんの餃子を巨匠達が食べている記事。
ワタシも食べたい。
作り方も大公開。
食べたい食べたい。
他にも餃子の美味しい店の記事がたっぷり。
うー。
うー。
心の中の餃子欲に火が付きました。
今夜は餃子か。
ワタシは餃子にビールでなく、餃子にご飯派の人間です。
にゃろめー。
減量は来週からやるぞー。
ぐおー。(←ちょっとオカシイ)(←大丈夫です、やれば出来る子YDK)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-03-08 12:12:12

料理の四面体から壇流クッキングまで

テーマ:雑誌・食・料理


dancyu2016年4月号の特集は「いいレシピって、なんだ?」。
様々な方の様々なレシピがたっぷりと紹介されています。
中でもワタシがビックリしましたのは玉村豊男さんのアルジェリア式羊肉シチューのレシピが載っていた事。
この料理が紹介されてた玉村さんの「料理の四面体」と云う著書。
ワタシが若い頃からずっと愛読している本の一つです。
そのアルジェリア式羊肉シチューが出て来たくだりは本当に何度も読んで頭の中に情景が浮かぶほどになっていました(勝手な妄想的情景ですが)。
それが2016年の今、dancyuでその場面に遭遇するとは。
熱くした油にニンニク入れて羊肉入れてトマトを鍋の上で握りつぶして。
ああ。
今度絶対に作ってみよう。
そしてこれも愛読していた「壇流クッキング」も登場する。
手羽先料理、これも作ってみよう。
他にあと作ってみたいのは冷や豚とパセリカレー。
思い起こせばワタシが最初に料理に興味を持ったのは、子供の頃にウチで買った無水調理鍋(マジック鍋とかそんな名前)の付録だったレシピブック。
それを眺めては見知らぬ欧風料理に想いを馳せていたものです。
食べ物の好き嫌いだらけだったのに興味だけは旺盛でした。
ワタシはギタリストになっていなかったら料理人になっていたかも。
実際作らなくても料理に近いところで仕事をしていたかも。
何だかそんな事を考えました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース