1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-17 22:22:22

神戸湊川の丸萬でハモ湯びきとニガウリ

テーマ:酒場・全国
CKB@港まつりinすみよし&小野瀬雅生弾き語り流しの翌日。
神戸三宮のクレープのお店『ハハハ クレープ(HAHAHA CREPE)』に参りましてから新開地へ移動。
こうちゃんと大西くんと待ち合わせて『グリル一平 新開地本店』でマカロニイタリアン・オノセスペシャルなど戴きまして。
その後ちょっとコーヒーブレイクを挟みまして湊川の名店『丸萬』へ伺いました。
ずっとずっと伺いたかったのですがなかなか機会がなくて。
ようやくの再訪となりました。
お腹のキャパシティはかなり少なくなっていましたが、ダイジョウブ。
美味しいモノを軽く、のんびりと。



ハモ湯びき!
関東人にとっては馴染みの浅いハモですが、夏らしいなと思うようにまでには馴染みました。
ここでこうして巡り会えてシアワセデス。



ウマウマウー!

ああ、ハモだ。
骨切りをしてあるので独特の食感になります。
すっきりとした淡い味わいと梅肉がベストマッチ。
美味しいなぁ。
昼下がりにハモをつまみに飲んでいる幸福感。
ブラボー。



ニガウリ!
おひたしです。
シンプルなれど。

ウマウマウー!

今世界で最高の食を味わっている。
軽く残った苦味がワタシにそう思わせました。
何かが自分の中ではじけて、ふっと治まりました。
ワンダホー。



タコ酢!
タコスではなくタコ酢。
ウマイにゃー。
シアワセだにゃー。



ミョウガ!
二杯酢でこれまたシンプルに。
これまたウマイにゃー。
夏だにゃー。



ご当地サワーで爽快感倍増。
結構スッパイのよこれ。
でもそれがイイのです。
延々と飲めちゃいます。
ねぇ。



こうちゃんと大西くんと楽しい午後のひととき。
弾き語り流しではたっぷりお世話になりました。
お付き合いくださってありがとう!



何という落ち着く空間。
魂のベルトをふっと緩められました。
ありがとう。
そしてここではまだ食べていない逸品が多数存在します。
またゆっくりと探索、堪能しに伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

丸萬
兵庫県神戸市兵庫区福原町27-5
11:30~21:30
火曜休
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-21 13:13:13

金沢プログレナイトinうまいぞいや哲

テーマ:酒場・全国
CKB@北國新聞赤羽ホールの終演後。
夜食事をしておりましたらメールでトシちゃんから呼び出し。
「プログレ飲み屋で飲んでます」
「ムーンダンサー、タキオンのギタリスト沢村さんとご一緒してます」
「よろしければ是非」
タキオン!
アルバム持ってましたぞなもし。
そのプログレ飲み屋『うまいぞいや哲』急遽駆けつけました。
ここユーミンさんも来たことのあるお店なのね。
お店の前に来て引き戸を開けようとしたら聞こえてきたベースライン。
スターレス。
なんでまたそんなに用意周到なの。
入店して沢村さんと初対面。
今年さかなクンと鶴太郎さんにお逢い出来たのと負けず劣らずの感動。



沢村さん、お引き留めしてしまって申し訳ありませんでした。
いつかまたゆっくりお話しさせてくださいね。
さあ残されましたのはシアワセそうに酔っておりますワタシとトシちゃん。
店内液晶モニターにに次々と映し出されるプログレの愉悦を肴に大盛り上がり。
直近の3人ドラマー体制クリムゾンに始まり。
フォーカスにPFM。
果ては金沢の地元アマチュアプログレバンドのライブ映像まで出て来た。
プログレの裾野は広いのだと心から実感。
いつか金沢に来て小野瀬雅生ショウで演奏しようと決意。
その際はどうぞお集まりください、って誰にともなく云ってみる。
最後は何故かイーグルスのニューキッドインタウンをBGMに店を出ました。



金沢にも発見した世界の涯。
また必ず伺います。
どうやら食べ物も美味しいとのことで次回。
メロトロン欲しい。
ひとりごと。
美味しかったです! 御馳走様でした!

うまいぞいや哲
石川県金沢市片町2-13-8 中央味食街(奥の方の左側)
18:00〜翌2:00
日曜休
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-11-04 15:15:30

福岡の夜はBTW

テーマ:酒場・全国
{7DCB68E0-2226-488B-947E-9C68ECF231AF}

昨夜の終演後は楽屋にも来てくださった浦風親方御一行様と合流。
そして何と銀座ロックフィッシュの間口さん御一行様も合流。
間口さんとは久しぶりにお話することが出来ました。
そう云えば親方とゆっくり話すのも久しぶりだったんだよなぁ。
上の方の話から下の方の話まで満遍なく川の流れのように。
吉海さんとは悪だくみも(悪くないけれど)計画出発進行ー。
と云うわけでヒジョーに楽しく実りある打ち上げでした。
間口さん達は朝から福岡で飲み始めていて、この後もまた別のお店に行ったそうな。
10年前だったら一緒に行ったけどなぁ。
なんちゃってー。

{17814B2C-F378-4E2B-A9DA-77F17FFB2394}

伺ったお店は大名の『ブタバラ トゥー ザ ワールド』。
世界を翔けるロックならぬ世界を翔けるブタバラ。
この青いレモンのレモンサワーがチョー爽快でウマイのなんの。
ライブ後の疲れた身体にギューッと沁みるのなんの。
たまりませんわん。

{979CBD6C-ED3F-401D-AA77-6AEF800795CF}

ウマウマウー!

こちらブタバラの串カツ。
肉の味わいカツの揚がり具合ソースの風味と量に至るまで隅々まで過不足ナシ。
スバラシイ。
この他にも沢山ウマイモノ戴きましたが詳細は別記事にて。
店員さんの着ていたBTW(ブタバラトゥーザワールドだからBTTWとも思うのだけど)の長袖Tシャツもカッコイイ。
XLはありませんか。
美味しかったです! 御馳走様でした!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-14 01:41:41

帯広の函館あかちょうちんで海の幸山の幸ウマウマウー後編

テーマ:酒場・全国
10月初旬北海道の思い出を思い出す。
CKB@幕別町百年記念ホールの前々日に帯広入りしてのウマウマウー巡り。
初日2軒目の炉端焼き居酒屋『函館あかちょうちん』。
海の幸山の幸堪能の前編はこちら
更に魅惑の後編いってみよー。



山わさびといか刺し!
この笹の葉を開きますってーと。



海の幸と山の幸の最強コラボ!
これにお醤油をかけて混ぜて混ぜて戴くのですが。
これがこれがこれが。

ウマウマウー!

これヤバイヤツじゃん。
山わさびの刺激が鼻腔の奥から四方八方に照射されます。
バキーッとくるよこれ。
それに対比するイカの甘さ。
すんげーウマイ。
たまりませんわん。
今回めふんと共に私のナンバーワン両者優勝。
ブラボー。



メロ!
銀ムツと呼ばれていた魚です。
本名はマジェランアイナメ。
これの分厚い切り身が焼かれて出て参りました。
ホントに厚いの。
何か対比するモノを置けば良かったっす。



ウマウマウー!

脂がノッてると云うか。
ぷりぷりでぶりぶりなのよこれ。
あまり食べ物にセクシーと云う形容詞を使いたくないのですが。
これはもうグラマラスでセクシーだとしか云いようがない。
旨味がマリリンモンロー、またはマドンナ。
お見事です。



マッシュルーム、バター焼き!
道産のマッシュルームが丸っこくてカワイイ。
オーダーせずにはいられません。



ウマウマウー!

香りがヒジョーにイイ。
食べると味と香りが同時攻撃を仕掛けてきます。
滋味深し。
ワンダホー。



大根と鮭のはさみ漬!
こういうのもたまらん。



ウマウマウー!

素朴ながら気品高し。
歯応えの痛快さと清らかな味わい。
美味しゅう御座いました。



塩からコロッケ!
これはコロッケだ。
思ったほど塩辛が主張してない。
他のメニューがみな強烈に素晴らしいので。
これはヒジョーにフツー。
ウマイのですけどね。
ホッとする瞬間でした。



山わさび!
単体でオーダー。
ホッとなんてしちゃいかん。
攻めるぜ。

ウマウマウー!

この痛烈な刺激と日本酒の相性の素晴らしさ。
こりゃハマりますわ。
百聞は一口より弱し。
この経験が出来たことを感謝します。
サンキューベリマッチ。



サイコーに楽しくサイコーにウマかった。
惜しむらくは美味しそうな豚肉厚切りを焼いてもらわなかったこと。
今でも後悔しています。
また伺って食い改めます。
美味しかったです! 御馳走様でした!

函館あかちょうちん
北海道帯広市西2条南9
17:00〜24:00L.O.
日曜休(連休の場合月曜休)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-06 21:21:21

帯広の函館あかちょうちんで海の幸山の幸ウマウマウー前編

テーマ:酒場・全国
時間は時間通りでなく好きな時間へ瞬時に移動。
そんなわけで帯広到着の初日へタイムワープ。
昼に『珈琲きんぐ』のスパゲティの洗礼を受け。
夜はまず『函館あかちょうちん』なる居酒屋さんへ。
帯広で函館と云うのも不思議な感じがしますが。
ここがなんとまあスバラシイお店でして。
海の幸山の幸色々と堪能致しました。
カモンレッツゴー。



カウンター席に陣取りますと眼前にこの風景!
左右両翼に更に食材が並んでおります。
アレを焼いてコレも焼いてそっちはバター焼きでなどとオーダーします。
いやーゼイタクデス。



お通しからしてエビの塩焼き!
アタマからバリバリ食べられちゃってこれがウマイ。
期待は高まるばかり。



つぶ貝とマイタケのガーリックバター焼き!
こんなオシャレなヤツがまずやってきた。



ウマウマウー!

ひー。
ヤバイヤバイ。
お酒を大声で呼んでいます。
つぶ貝もマイタケも旨味が深い。
特にマイタケの滋味に瞠目。
身体中の力がふーっと抜けていくような感覚。
もうトリコジカケ。



ツボダイ!
ああー。
こんなに身が大きくて厚いツボダイは初めて見た。
これがまた何とも。

ウマウマウー!

脂まみれで下品なくらいだと思っていたツボダイの印象が全然変わりました。
焼き目の香ばしさは格別。
白身のクッと引き締まった食べ応えも格別。
こんなにウマイとは。
お見逸れしました。



タラの白子!



タコの白子!



サケの白子!
白子3兄弟!
タラはともかくタコのとサケのは初めてお逢い出来ました。
みなさんそれぞれに。

ウマウマウー!

濃厚なれど後味スッキリ。
今後ともよろしくお願い致します。



ノドグロ刺身!
今回刺身は少ないのです。
とにかく焼いて焼いて、焼いてもらいました。
それにしてもこの刺身。

ウマウマウー!

歯応えも味わいも特級。
ブラボー。



コマイ!
氷下魚と書いてコマイと読む。



ハッカク!
八角と書いてハッカクと読む。
どちらもどちらも。

ウマウマウー!

それぞれ白身の中に個性的な味わいを持っています。
コマイはアタマからバリバリ食う。
ハッカクは上品な香りを楽しむ。
スゴイですよみんな。



めふん!
サケの内臓の塩辛です。
細かく説明しますと腎臓(血腸)の塩辛です。
女奮と書いてめふんと読む。
珍味中の珍味でありますが。
これがもうもうもう。

ウマウマウー!

今までにも何度かめふんを戴いたことがあります。
何だか生臭いだけであまり好きになれませんでした。
でもこちらで戴いたのは全く違います。
口の中で弾ける滋味の衝撃波。
塩、血、海、命。
これはもう日本酒でないと受けきれない。
国稀とか福司とか戴きました。
北海道の日本酒とめふんの相性が悪いわけがない。
もうこのまま延々とこの取り合わせで飲んでいたいと思ったくらい。
サイコーデス。
この後もまた魅惑の味の世界が広がりましたが別記事にて。
美味しかったです! 御馳走様でした!

函館あかちょうちん
北海道帯広市西2条南9
17:00〜24:00L.O.
日曜休(連休の場合月曜休)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-09-09 22:22:22

高知の呑兵衛でカツオに焼鳥に締めは絶品焼飯

テーマ:酒場・全国
2016年9月3日、小野瀬雅生高知ソロライブ@堺町シャララの終演後。
打ち上げは居酒屋『呑兵衛』へ参りました。
この日のステージで一緒にセッションしてくれたジェイジーズの皆さんも一緒です。
高知ならではのウマイモノが色々。
堪能致しました。



カツオのたたき!
高知ではこれがフロントマンですよね。
たっぷりとやって参りました。



ウマウマウー!

なんでこうもウマイのか。
旨味がゆったりたっぷりしていてビックリ。
薬味の有無増減で味わいのコントラストもどんどん変わる。
生ニンニクスライスの相性の素晴らしさ。
元気の出る味わい。
ブラボー。



カツオの刺身!
刺身はまたタタキと様相も味わいも全然違います。
あっさりと、でもカツオ自体の香りがストレートに感じられます。
太古の昔から繋がっている血の薫りの鮮烈さ。

ウマウマウー!

命への感謝を。
ありがとう。



焼鳥は、モモとハツをタレで!



スナギモとカワを塩で!
タレも塩もどちらも。

ウマウマウー!

個人的イチオシはハツ。
味わいヒジョーに深し。
グレイト。



甘長とうがらし焼!
万願寺とかそう云った系のあまり辛くないヤツです。
でもちょっと辛い。
人によってはスゴク辛く感じるようです。
ワタシにはチョウドイイ。

ウマウマウー!

こりゃお酒が進みます。
えらいこっちゃ。



ヤケド丸干し!
ハダカイワシと云う深海魚なんですが。
水揚げされた時に皮が剥けちゃっている感じなのでヤケドなんて酷い云われようの魚です。
かといってハダカってのもいかがかと思いますが。
さてこれがまた絶品でして。

ウマウマウー!

イワシと云うよりはメヒカリとかあちらの深海魚系白身の旨味がギュッとあります。
脂はありますがそれほどしつこくなく、骨もやわらか。
希少価値のある魚に巡り会えてシアワセデス。
ハダカブラボー。



うなぎ肝串!
問答無用!

ウマウマウー!

甘辛濃厚のタレにも負けぬ肝の濃厚さ。
パワーが漲る感じ。
オーイエー。



どろめ!
高知では生しらす(イワシの稚魚)をどろめと申します。
ハゼのドロメとは全然違います。
これがまたどうしましょう。

ウマウマウー!

つるっとした口当たりと繊細な旨味の在処。
海の豊かさを心から感じます。
気のせいか相模湾の生しらすより甘味が強いかも。
ああウマイ。



焼ソバ!
鉄板でキタッ!

ウマウマウー!

何だかどれもこれもやたらとウマイ。
ワタシはスゴイお店を知ってしまったようです。



玉子焼き!
これまたふわっとジューシーなヤツ!

ウマウマウー!

減量チュウの身では御座いますがどれにもこれにも箸が止まらず。
じっと手を見る。
手を見てどうする。
そしてまた箸を持つ。
マーイウェーイ。



そして締めに、焼飯!
ああ魅惑の炭水化物締め。
魅惑とか誘惑とかに弱いワタシです。
惑うばかりなり我が人生。
じっと手を見る。



ウマウマウー!

ああ。
突出した特徴はないのだけれど。
しっかり炒められたご飯の香ばしさがたまらん。
絶品。
気がつけば独り占め。
すみません。
満喫致しました。
ワンダホー。



そう云えばこちらのマスターはベイスターズファン。
今回のソロライブを企画してくださった町田さんもベイスターズファン。
高知でディープなベイスターズ繋がりとは縁は異なもの味なもの。
CS進出を心から願ってこの日はお開き。
高知にまた来ますぜ。
ジェイジーズもまたヨロシク。
またいつかここでゆっくりと杯を傾けたいと思います。
その日まで皆さんお元気で。
美味しかったです! 御馳走様でした!

呑兵衛
高知県高知市与力町10-2
営業時間定休日など今度訊きます
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-05 15:15:15

高知のかもん亭でカツオ塩タタキと日本酒で至福のひととき

テーマ:酒場・全国
CKB@高知県立県民文化ホールグリーンホールの終演後。
参りましたのは『かもん亭』と云うお店。
高知へ来たならやはりカツオを戴きたい。
その願いは十二分に叶いました。



カツオ塩タタキ!
キターッ。

ウマウマウー!

これは絶品でした。
カツオを炙ることでその持ち味を最大限に引き出す。
そしてシンプルにストレートに塩で戴くことで旨味の隅々まで堪能できる。
たまりませんわん。
来てよかったわん。



日本酒をぬる燗で!
銘柄はお任せ。
錫の酒器にこだわりを感じます。
お味はモチロン。

ウマウマウー!

思うところあって暫くは日本酒にこだわっていきます。
そしてお通しの小さな貝。
この貝についてはまた後ほど。



しいたけ網焼き!
ああ。
ウマイ。
旨味が濃い。
たまらん。



土佐あかうし牛すじもつ煮!
これも濃厚でウマーイ。
どれもこれもたまらん。



四万十川えび唐揚げと四万十青のり天ぷらの相盛り!
何だかスゴイことになってきた。

ウマウマウー!

川えび唐揚げは香ばしくウマイのは当然として。
青のりの風味の豊かで深いことと云ったら。
自然の滋味は何てスバラシイのでしょう。
心にも身体にも沁みました。



トウモロコシかき揚げ!
甘くウマし。
延々と食べられそうで怖い。



ステキな日本酒を色々と味わいました。
左側の亀泉純米吟醸原酒はまるでドイツの白ワインのようにふわっと爽快な風味。
亀泉純米大吟醸貴賓はその名の通り品格の高い広がりのある味わい。



ウマウマウー!

とってもシアワセ。
ブラボー。



フキの土佐酢漬け!
ワタシはフキが大好きですが。
酸っぱいのは初めて食べました。
これがヒジョーにウマイのです。
日本酒のアテとして秀逸。
これは高知に来なかったら知る由もなかった美味。
小さくガッツポーズ。



ニナ貝!
感じだと蜷。
お通しで戴いたのがあまりにも気に入って、追加で出してもらいました。
これは関東で云うシッタカとかナガラミとか云うヤツですね。
本名はキサゴなのか何なのかよくわからんのですが。
この小さな貝がワタシは本当に好きでして。
巻き貝の身を爪楊枝で刺してちゅるんと引っ張り出すのが好きで。
磯の濃厚な香りがするのがまた大好きで。

ウマウマウー!

頭の中には沢田研二さんの「追憶」が流れるのです。
おーニーナ。
ニナ貝だけに。
おあとがよろしいようで。



とってもステキなお店でした。
またいつかウマイモノをよろしくお願いします。
必ず再訪致します。
美味しかったです! 御馳走様でした!

かもん亭
高知県高知市はりまや町2-3-13
17:30〜翌1:00
火曜休
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-27 12:34:56

越谷の味田家でもつ焼き煮込みコロッケ春巻

テーマ:酒場・全国
昨日のフーレンズ@越谷EASY GOINGのリハーサル後。
5年前の出演時にも伺いました『味田家(みたや)』に参りました。
前回も散々飲んで食べてステージやったのですが。
今回も同じ轍を踏むワタシ達フーレンズでありました。
美味しいモノが色々と次々と登場致しました。
イタダキマス。



ホルモン焼き!
あー。
これこれ。

ウマウマウー!

滋味深し。
酒進む。
ブラボー。



カシラ、塩!



ナンコツ、塩!

ウマウマウー!

ボリュームたっぷり。
肉々しくシアワセ。
たまりませんわん。



煮込み!
これまたこれまた。

ウマウマウー!

ウマイだろうなと思って食べても更に一段上のオドロキがあるウマさ。
オドロイタ後はその滋味にしみじみと和む。
ステキよー。
ステキよーお客さん。



マカロニサラダ!
これがいわゆるマカロニだけのヤツではなくて。
マカロニサラダの載ったサラダなのです。
マカロニは螺旋タイプのフジッリ。
これがまた。

ウマウマウー!

チーズの風味が濃厚。
野菜たっぷりでスバラシイ。
次回は独り占め決定。



冷やしトマト!



梅きゅうり!



ザーサイ!
どれもウマし。



タンしゃぶ!
やーん。
ウマーイ。



カレーコロッケ!

ウマウマウー!

フツーにカレーコロッケです。
サプライズとかはナシ。
これくらいの感じで多分ちょうどいいのです。
安心できるのーです。
結果食べ出すと止まらない。
止まれない。
ブラボー。



レバー、塩!



レバー、タレ!
塩もタレもどちらも。

ウマウマウー!



レバーから揚げ!
これもウマし。



謎のメニュー、もびィ〜!
ホルモンのから揚げです。
味わい深し。
ウマしウマし。



春巻!

ウマウマウー!

中身は何だろうと思っていたら全部食べちゃった。
リピートしたけどそれもまた全部食べちゃった。
ミステリアス春巻。
とってもスバラシイ。



ハムカツ!
薄目でサクッと。
ウマイの。
こちらはコロッケとかカツとかにソースを予めかけて出してくれます。
そのかける量がチョー絶妙ですの。
多からず少なからずチョウドイイ。
ブラボー。



シイタケ焼き!
シイタケがオレに沁み入るウマウマウー。
沁みました。
ずずんと。



感動しています。



飲み物はホッピーからクエン酸サワー経由でバイス。
イイですよバイス。
マイアミで飲んだらマイアミバイス。
いつもそんなことばっかり考えていますすみません。



自家製厚揚とうふ!
おおっ!
これは!

ウマウマウー!

カリッと焼き上がった外側。
そして内側はふるふるっとひたすらになめらかな豆腐。
この絶妙なコントラスト。
セクシー。
スバラシイ。
スバラシイですわよセンセイ。



玉ねぎ天!
いやー。
これまたこれまた。

ウマウマウー!

シンプルなのに味わいは重奏的。
どうしてこんなにウマイのか。
ブラボー。



焼きおにぎり!
見学のみ。



若どり唐揚!

ウマウマウー!

三角にキレイに仕上げてある唐揚。
お店の心遣いを感じます。
軽妙な味わいが格別。
いっぱい食ったー。



たっぷり戴いて堪能しました。
お会計はビックリ仰天リーズナブル。
またゆっくり伺いたいと思います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

味田家(みたや)
埼玉県越谷市越ヶ谷1-15-9
17:00〜22:30L.O.
月曜休
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-30 04:04:04

神戸湊川の丸萬でイカナゴ(新子、フルセ)と蕾菜などウマイモノ色々

テーマ:酒場・全国
2ヶ月前は春だった。
この記事を書く前に写真の整理をしていて心からそう思いました。
心から思わなくても2ヶ月前は春でしたけどね。
はっはっは。
先日3月27日に神戸SLOPEで行われました「我が麗しき音楽"大人のお花見"フェスティバル2016」。
通称「我がフェス」。
その開催翌日のお昼に安斎さん達と合流して、そのままずっとあちこちに行って。
夕方に湊川の『丸萬』に到着。
この名店をワタシはまだ訪れたことがなかったのです。
名店とは聞いていましたが、これほどの名店とは。
2階の座敷に案内されたのですが。
もう空間的にも雰囲気的にも大きいのがイイ。
スカッとしてるのです。
そしてワタシがここ半年くらいで一番ウマイと感じたのがこちらです。



イカナゴ、フルセ!
イカナゴの新子(稚魚)でなく、成魚の方です。
おろし生姜と共にイタダキマス。
これがあなた。

ウマウマウー!

お魚のウマさの美点がここに全部アル!
何と云う濃密さ。
そして儚さ。
イノセントでもセクシーでもワンダフルでもビューティフルでも形容詞は何でもイイ。
ウマかったんだー。
心奪われたんだー。
ウマウマウースキスキスー。
もう既に来年の春が待ち遠しい。
3月から4月が旬なのか。
じっとスケジュールのアプリの画面を見る。
じっと見る。



イカナゴ、新子!
これも儚い旨味がたまりません。
ウマし。
来年の春が、ってさっきも書きましたっけ。
スケジュールのアプリ、もね。



ホタルイカの酢味噌和え!
むっちりと、こちらも芳醇な春の味わい。
ウマしウマし。



竹の子煮物!
ウマし。
春のモノのちょっとした苦みが好きなんです。
フキノトウもそう。
春が懐かしい。



マスコットサワー!
神戸市長田区の兵庫鉱泉所で作られているご当地レモンサワーです。
甘ったるくなくてウマーイ。
いつまでも飲み続けられてしまうのが難点。
サイコーデス。



山芋キザミ!
シャクシャクッとウマし。
そしてグッドルッキング。



ニラ玉!
これがまた何とも。

ウマウマウー!

素朴な味わいながら強く響く。
フツーに心奪われる。
この辺りに名店の名店たる所以が感じられるのです。
心、なのかな。
響きました。



蕾菜(ツボミナ)バター炒め!
これは初体験。
オモシロイ形をしておる。
食べてみましたところ。

ウマウマウー!

でっかいタラノメと云うか。
アスパラガスの太いのと云うか。
ブロッコリーの芯のもっと味の濃いのと云うか。
野菜の芯の独特の甘味がふわっと感じられて、食感も楽しい。
これが何かと後に調べましたところ。
からし菜の4~5キロもある大きな株から出る脇芽(蕾)を収穫して食用にしているとのこと。
福岡県のみで作られているらしいです。
そして1月下旬から3月までしか出回らない、旬の短い野菜なんだそうです。
知らなかった。
それにここ神戸湊川で出逢うとは。
出逢えて良かった。
来春はフルセとツボミナ狙いで決まりです。



ホーレン草!
特に書いてはありませんでしたが、おひたしです。
ほうれん草のおひたしでそのお店の何たるかがわかると思っています。
ビジュアルも味も含めて。
こちらのは名店のおひたしでした。
ウマし。
ウマし。



フルセ、お代わり!
名残惜しかったので。
そしてモチロン。

ウマウマウー!

はーるよこい。
はーやくこい。
まだ夏前ですけどね。
スプリングカモン。





また伺うその日を心から楽しみにしております。
美味しかったです! 御馳走様でした!

丸萬
兵庫県神戸市兵庫区福原町27-5
11:30~21:30
火曜休
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-16 09:09:09

福岡大名の池田屋で炊き餃子

テーマ:酒場・全国
2016年5月14日CKBinCIRCLE '16@福岡・海の中道海浜公園野外劇場の終演後。
この日の出演者多数参加で全体打ち上げがありました。
場所は大名の『池田屋』。
炊き餃子がウリの隠れ家的お店です。
看板や案内は一切なく、暗い(夜でしたので)路地を入って参ります。
足元には気をつけてください(足首ちょっとぐきっとやった)。
店内は思ったよりずっとずっと広くて開放的な空間。
さて炊き餃子とは何でしょう。
こちらです。



炊き餃子!
鉄の大鍋でぐつぐつ煮えて豪快に登場!
こりゃたまらん。



ウマウマウー!

スープはとんこつと思いきや、鶏ベースなのかしらん。
濃いけど濃厚ではなく、チョウドイイ味付け。
餃子はぷるっとグラマラス。
際限なく食い続けられるタイプ。
黒柚子胡椒プラスでさらに味わいアップ。
お酒も進みます。
ブラボー。



ゴーヤの塩昆布サラダ!
これどこにでもありそうなんだけど。

ウマウマウー!

独り占めしてテープルの下で貪り食おうかと思ったくらい気に入りました。
塩昆布が絶妙にエフェクト。
スバラシイ。



ホーレン草玉子巻サラダ!
パクッと食べられてウマし。
やるじゃん。



地鶏もも炭火焼!
これまたたまらん。

ウマウマウー!

これはもう焼酎がノンストップ。
島美人ソーダ割りリミッターオフ。
鶏肉の深く優しい味わいが炭の香ばしさで更なるステージへ。
しっかりした歯応えも絶妙。
グレイト。



刺身盛り合わせ!
マグロがねっとりとたっぷり。
さらしクジラもイイ。
キビナゴも鯛もウマし。



山芋とろろ焼!
味付けがこれまたぴったりと良い塩梅。
ちょっと焦げたところが香ばしくてシアワセ。
ウマーイ。



地味ながら大ヒット、卓上の黒柚子胡椒!
これを嘗めながらお酒が飲めます。
色々な料理に合わせて様々な魅力を引き出すナイスサポーター。
ブラボー。



炊き餃子のスープで締めのちゃんぽん麺!
至れり尽くせり。



ウマウマウー!

つるつると。
ああつるつると。
スムースにどんどんと。
ブラボーブラボー。



でした。



他にも気になるメニューがいっぱい。
足元に注意してまた伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

池田屋
福岡県福岡市中央区大名1-4-28
18:00~23:00
不定休
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース