河伯ちゃんのミイラを見てきたお話 | 小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
2018-07-25 18:18:18

河伯ちゃんのミイラを見てきたお話

テーマ:街・自然・風物
7月25日は作家芥川龍之介の忌日。
芥川が生前河童を愛したことからこの日を河童忌と称します。
河童。
河童。
河童ちゃーんよー。
ふとこの4月に佐賀県伊万里市に行って河童のミイラを見てきたことを思い出しまして記事に致します。
2018年4月22日に佐賀県伊万里市の荒熊稲荷神社で奉納ソロライブをやった翌日。
荒熊稲荷神社から歩いて数分の『松浦一酒造』に伺いました。
こちらに河童のミイラがあるとのこと。
いってみましょう。



看板カワイイですね。
思ったよりポップにアピールしていらっしゃいます。



昼なお薄暗い酒蔵の中。
こちらの奥の祭壇に河童がおられます。



こちらでは河童ではなく河伯。
河伯と云う字の方が実は古いそうで、中国の伝説で黄河の神様なんだそうです。
それが日本に伝わって河伯→河童になったそうな。



昭和28年に建物の改修をしている時に、屋根の梁にひもで括り付けられていた箱を発見。
その箱に「河伯」と書かれていて、中にこのミイラがあったとのこと。
それ以来こちらに祀られてあります。



これがホントの河童ちゃんなのか。
河伯ちゃんか。
色々なところから学術的調査のため貸出の依頼とかがあるそうですが全て断っていらっしゃるそうです。
それでイイんです。
ワタシの心に河童ちゃんを。
アナタの心に河童ちゃんを。
ミンナの心に河童ちゃんを。
河伯ちゃんか。
仲良くやっていこうぞ。
ねぇ。



お酒の試飲もたっぷり出来ます。
日本酒で漬けた梅酒がヒジョーに珍しくウマかったの。
濁り酒も甘味が過ぎずにスキスキスー。



河童ちゃんいっぱいいます。



かなり見応えがあります。



こんな河童ちゃんもお出迎え。



ワタシはここで河童ちゃん歌うの目標にがんばります。
またゆっくりと伺えたらと思っております。
河童ちゃんブラボー。
河伯ちゃんブラボー。

松浦一酒造株式会社
佐賀県伊万里市山代町楠久312
9:00〜17:00
年中無休

小野瀬雅生さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース