京都祇園の山口でカレーは飲み物と再確認する | 小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
2017-10-12 10:12:12

京都祇園の山口でカレーは飲み物と再確認する

テーマ:酒場・全国・全世界
2017年10月10日、小野瀬雅生ソロライブ@京都Maydayの終演後。
ワタシのリクエストで友人達と祇園の『山口』へ参りました。
以前『山口西店』とご紹介しました(看板もある)けれど『山口』で良いようです。
カウンターと小上がりのある京都らしいお店。
祇園のど真ん中でリーズナブルな価格設定がウレシイ。
先日も某有名歌手(女優)の方がスタッフ大勢引き連れて貸し切りにしていたとのこと。
にゃるほろ。
ナイスセンス。
ワタシ達も軽く打ち上げ。
いってみよー。



カレー味牛すじ肉じゃが!
オーイエー。
たまりませんわん。

ウマウマウー!

牛すじがしっかりと煮られていてやわらかく良い案配。
カレー味の汁は粘度低くすっきりと良いお味。
これは飲み物です。
すぅーっと飲んでしまいました。
身体の隅々にまで行き渡るような滋味。
カレーはウマイけどズルイような気もします。
でもイイです許しちゃいます。
ブラボー。



おでん盛り合わせ!
ホッとしますね、ほぼ強制的にホッとする感じです。
好き嫌いが多い子供時代、おでんは大好きだったのです。
なのでおでんがあるだけでホッとします。

ウマウマウー!

でもワタシ、おでんでご飯が食べたくなっちゃうのです。
ここのおでんがまさにご飯衝動を誘発する感じのお味でして。
いつかやろう。
きーめた。



れんこん天!
しゃくっとナイス食感。

ウマウマウー!

シンプルなれど奥深し。
これもご飯が欲しくなる系。



ピーマン肉みそかけ!
ここに伺うと絶対にオーダーするメニュー。
そりゃモチロンですが
ウマウマウー!

肉味噌の程良い味の濃さとピーマン独特のフレイバーがナイスマッチ。
これが実はワタシをお酒方面にシフトするスイッチ役。
赤シソサワー、ちょっとだけよ。
ああ。
ブラボー。



おから!
ワタシの中にあるおからのスタンダードが眼前に。
これですよこれこれ。

ウマウマウー!

日本酒が欲しいところではありましたが。
そこまで行くとトコトン行くことになるので慎みまして御座います。
毎度毎度申し上げておりますが気分は素浪人花山大吉。
おからの有る無しで花山の旦那の気分が違います。
おからがあって良かったですねー旦那、by 焼津の半次。
なんのこっちゃ。



げそ塩やき!
何てことない塩焼きですが。
これがイイのです。

ウマウマウー!

イカは刺身もウマイですが、ワタシは焼きが好き。
焼くことで独特の旨味も食感の豊かさも増幅。
げそブラボー。



自家製 塩こぶ!
にゃー。
これはお酒が進むにゃー。

ウマウマウー!

塩の団結力、山椒の抑止力、昆布の旨味の国際的指導力。
世界平和の味がする。
昔、京都を歩いていた時にふと訪れた某お寺の前に掲示してあった言葉を思い出します。
なかようしなはれ。
そうですね。
そうありたいと常に思っております。



おでん、おかわり!
こんにゃくの薄い赤がキレイです。

ウマウマウー!

とってもとっても。
ゆったりしました。
ありがとう。



またゆっくりお伺いしたいと思います。
次回は、とんかつ、必ず。
美味しかったです! 御馳走様でした!

山口
京都府京都市東山区花見小路末吉町西入ル374-2
17:30〜翌1:00
日曜休

小野瀬雅生さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース