2017-10-09 16:16:16

岡山の宝島ラーメンで焼めし

テーマ:中華・全国・全世界
2017年10月8日、岡山から京都への移動日。
お昼はどちらで食べようか慎重に検討した結果。
岡山に決定致しました。
選択致しましたのは『だてそば』の向かいの2階にあります『宝島ラーメン』。
戴きましたのはこちら。



焼めし!
ヤキメシであります。



ウマウマウー!

フォントを最大にするか一つ小さくするか迷いましたが。
最大にしました。
まずこの焼めしに出逢うまでのプロセスから味わいまでの経緯を。
前日かつ丼を戴くために『だてそば』開店前に並んでおりましたら、ふと向かいの建物の2階が気になりました。
お店なのか。
丸形蛍光灯の明かりが二つ、外から見てどうしても気になります。



ほら。
気になるでしょ。
前日は制服の学生が二人、店の前に自転車を停めて階段を上がっていきました。
ワタシもその階段を上がらねばなりますまい。



ワタシはこの蛍光灯の明かりに導かれたのです。
ネット情報では開店11:30とありますが、もっと早くから営業されているようです。
そんなわけで11時過ぎにステアウェイトゥー宝島を上るワタシでした。



入口!



店内!
時計は動いていません。
時間も昭和で止まっているようです。



改めまして、焼めし!
炒め時間がヒジョーに長い。
10分以上炒められていたでしょうか。
ちょっと炒めては、フライパンから離れて、またちょっと炒めては離れ、その繰り返し。
焦げちゃうんじゃないかと思いましたが大丈夫。
錦糸玉子が載っているのがステキ。
福神漬けの赤もナイスコントラスト。



そしてピーマンの緑が更にステキ。
色々あって巡り会いました。
一口食べて深く感動。

ウマウマウー!

基本塩味。
油脂多め。
チャーシューのコクと大きめ角切りのタマネギがたまりません。
ピーマンが味わい的にもナイスアクセント。
全体的に重厚さも軽快さも持ち合わせるクラシックスポーツカータイプ。
店内が昭和なら味も昭和。
でも不思議と懐かしさに浸る感じではなく。
今の自分にしっかりフィットする味。
出逢いに感謝。
焼めしブラボー。



焼めしに付いてきたスープがまたウマイ!
動物も魚も同じように感じる。
マスターに伺いましたら、スープベースは豚、それに鰹節をプラスなんだそうです。
これまた忘れられない味わい。
再食必至。
ブラボー。



また必ず伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

宝島ラーメン
岡山県岡山市北区表町2-2-41
11:30~19:30
(実際はもっと早い時間に開店)
不定休
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

小野瀬雅生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■気になっていました!

連食必至デスね(´ρ`)
南無(-人-)

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース