和田町の博多ラーメン黒丸で広東風ラーメン紅龍 | 小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」by Ameba
2015-07-14 03:03:03

和田町の博多ラーメン黒丸で広東風ラーメン紅龍

テーマ:ガチめん・横浜・2015
2015年7月13日(晴)ガチめん行脚4日目!
行脚4日目の5軒目は、和田町の『博多ラーメン 黒丸』に参りました。
多分、今回のエントリーで一二を争う問題作。
レッツゴー。



エントリー№24、広東風ラーメン 紅龍!
一旦整理します。
お店の名前が、博多ラーメン 黒丸。
商品の名前が、広東風ラーメン 紅龍。
これはフランク・ザッパがオールマンのウィッピング・ポストを演る感じでしょうか。
ヴィンセント・ギャロの映画でイエスが流れる感じでしょうか。
もっとか。
カーディガンズがサバスのアイアンマンを演る感じとか。
ちょっと離れてきたな。
まあいいか。



ウマウマウー!

これが店名と商品の名前以上に情報が多い。
麺は中太の家系っぽい麺。
海苔の存在やスープの味付けにも家系めいたものを感じる。
キャベツとモヤシの存在もやはりその方向。
どうしても広東風と云う言葉がハマらない。
赤いのは鶏肉のチャーシュー。
これが広東なのかどうなのかわからないけれど、これは家系ではナイ。
そしてとてもウマイ。
香菜もあって、これが妙にマッチする。
ミクスチュアである。
ロックもメタルもヒップホップもファンクもみんな集まれ。
そして究極の天才は、レモン。
これがこのスープを激変させる。
ほんの一絞りでスープの脂っぽさがすぅーっと消えるの。
そう云えば家系ラーメンにお酢を入れる人、いるなぁ。
ワタシはお酢否定派なんだけれど、このレモンにはビックリした。
アリなのか。
新しい世界がこの先にあるのか。
悩ましい。
ネーミング、ルックス、味、オプション、全てにおいて悩ましい一杯。
広東が最後までわからないけれど、これが広東なのか。
博多はどうした。
でもとにかくウマイのだ。
そこが謎なのだ。
ブラボー。



こちらは博多ラーメンの麺の固さが書いてあるのですが。
大山愛未先生曰く。
「スゴイですね、すなおとし」。
すな。
先生、こな、ですよ。
こなおとし。
先生も謎が多いです。
それはともかく博多ラーメンも気になるの。
どこもかしこも気になってしょうがないお店。
あとこの紅い鶏肉で一杯やりたい。
また伺います。
美味しかったです! 御馳走様でした!

博多ラーメン 黒丸
神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-12-16
11:30~15:00
17:00~23:00
無休

エントリー№24 広東風ラーメン 紅龍
800円(税込・1日30食限定)
【ガチめん行脚 27/54】
折り返し地点到達!

小野瀬雅生さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ