国際空手道連盟極真会館東京城南京浜支部
2022年夏季組手競技支部内交流試合
日時:令和4年6月26日(日)
場所:大森道場

第2部 参加者23名
スタッフ
平野、平澤、浜田、中村、廣田、平野、長

小学生高学年の部 参加者16名

現在6年生の学年はたくさん道場生が入門した学年で、この学年を中心に道場が成長してきました。この学年の道場生が関東大会や国際親善大会にも頑張って挑戦する事で、下の学年の道場生もどんどん引っ張られていったようにおもいます。
ついに小学校最後の学年での試合か?と感慨深い気持で試合を見ていました。

雄斗とても頑張っています。
力も付いてきて組手も上手くなって来ました。
駿斗に倒されずにしっかりと戦えていたので、しっかり実力は付いています。
細かい技術が使えるようになればもっと勝てるようになると思います。

朱華は、身体も柔らかくセンスもあるので頑張って毎回試合に出て欲しいと思います。
目標を持って稽古すればもっと向上出来ると思います。

瞭は本当に良く頑張りました。
現実的に考えてと3年生が6年生と戦うなんて事は到底ありえません。
駿斗には一歩およびませんでしたが、今回の参加者の中で1番高い技術を持っていると思いました。
入り際には縦系の技で入ったり、撃ち合いから上段の技を狙ったり、撃ち合うところはしっかり撃ち合い、回ったりズレたりするところではしっかりとそれをやっていました。
瞭は日本一、世界一を狙える場所にいると思うので、この勢いで掴み取って欲しいと思います。

信一朗は技術もありますし考えて戦うことも出来ますが、譲とは基礎体力や身体の強さが違うため撃ち合う事が出来なかったと思います。
補強などをコツコツとやって強い身体を作って行けばもっと戦えるようになると思います。
でもよく最後まで倒れないで戦ったと思います。頑張って欲しいと思います。

優吾はここ最近頑張って毎回試合に出ているので本当によく頑張っていると思います。
矢口渡道場は週一回しか稽古がないので、頑張って自主トレで補強などをやって強い身体を作ればもっとしっかりと戦えるようになると思います。これからも期待しています。

敢介はしっかり力を付けています。
まだ譲とは差があった感じでしたが、稽古での組手ではどんどん力を付けているのを見せていました。
これからも頑張って欲しいと思います。

琥白は頑張っているとは思いますが、基礎体力が弱いと思います。試合のし方で上手く誤魔化して何とか勝っているように見えます。
でもこのままでは蕗生、駿斗、譲には追い付くことは出来ないと思いますし、すぐ下に力を付けている人に抜かれてしまうと思います。
しっかり補強をやって力を付けてい欲しいと思います。

大楽は頑張って稽古していますし、頑張って毎回試合にも出ています。
上手さはあるのですが、今回はいなせないほど相手と身体の強さに差があったように見えました。
頑張って補強をやって、もう少し力と身体を強くすれば勝てたのではないかと思います。
今後も期待しています。

卯鶴妃は良く頑張りました。
入門してから頑張って稽古しているので、どんどん力を付けています。
身体の強さを生かしてどんどん相手に突進して戦って勝って来ましたが、身体が柔らかいのでもっと蹴りを練習して、多彩な蹴り技で戦ったほうが良いと思います。
これからも頑張って欲しいと思います。

清仁はしっかり考えて試合が出来るようになっています。前足の蹴りが上手いのですが、それに頼りすぎて後ろ体重になりすぎて撃ち合いで押し込まれてしまっているように見えました。
もう少しステップワークを使ったり、両足体重で前足を鋭く蹴ることが出来るようになればと思います。あと一息です。

陽は頑張って毎回試合に出ています。
基礎体力が弱いと思うので、腕立て伏せ、ジャンピング、腹筋などの筋トレを家でやって力を付ければ試合でも勝てるようになると思います。

光はフルコンは今回初試合でした。
身体も大きいので毎回頑張って試合に出続けて行けば勝てるようになると思います。
柔軟や補強を頑張って自主トレして欲しいと思います。
これからも頑張って欲しいと思います。



優勝 小枝 蕗生
初優勝!ここのところ着実に力を付けていたので、そろそろかと思っていたら、やはり優勝しました。得意技の上段前蹴りをしっかりと決める事が出来るのが凄いと思いました。
また撃ち合いでも負けなくなって来ていますし、ステップワークで回ったりするのも上手いのでそこが良いと思います。
来年の3月まで頑張って優勝し続けて大きな試合でも結果を出して欲しいと思います。

準優勝 菅 駿斗
安定した試合運びが出来るようになったことで好不調の波が無くなり安定して勝てるようになっていると思います。
もう少し前後の出入りや左右へのズレや素早く飛び込みながら技を出して相手の間合いに入るなどの機動力が欲しいと思います。
相手と撃ち合う距離まで近づいてから撃ち合うが始まるところがあり、またそこからさらに詰められて超接近戦になると技が出なくなってしまうところが見えました。
もう一頑張りして欲しいと思います。


第3位 今野 譲

出入りの上手さ、左右へのズレや回り込み、技の豊富さ、遠い距離、近い距離、満遍なく出来て、体力も感もセンスも良いです。
引き出しの多さや体力的なことを総合的に見て、今回のメンバーで実力は1番あるように思います。
ただここ何試合がずっと反則で負けてしまっています。
強引に押し込んで勝とうとするところから反則が出てしまうと思います。
逆に大きな大会では、強引な撃ち合うに持ち込めない強い相手にも負けてしまっていると思います。
なのでもう一つ何か工夫してステップワークで相手の技をかわして自分の技を的確に当てたりカウンターを取ったり、時間差やフェイントで技を効かせられるようになればと思います。
頑張って欲しいと思います。
国際空手道連盟極真会館 東京城南京浜支部
2022年夏季組手競技支部内交流試合

日時:令和4年6月26日(日)
場所:大森道場

第2部 参加者23名
スタッフ
平野、平澤、浜田、中村、廣田、平野、長

小学生中学年の部 参加者8名
中学年も8名と出場者もけっこう多かったので頑張ってみんなが毎回試合に参加してくれれば、みんなで飛躍して行けると思います。
また日本や世界でもトップレベルの力を持っている旭がこのクラスにいるので、みんな頑張って追いかけて引っ付いて行けばみんなで大きく飛躍して行けると思います。

深楽は大技も出せて良い所もたくさん持っているので頑張って毎回試合に参加して行けば試合慣れして行き、勝てるようになるのではないかと思います。

光駿はとても良かったです。
右の廻し蹴りがとても善いです。
蹴りにバネがあってキレもとても良かったです。素晴らしいセンスを感じました。もう少し突きが打てるようになれば、このメンバーで優勝も夢ではないと思います。

怜生は今回は負けてしまいましたが、素早い動きや、右の上段廻し蹴りなど良い技をたくさん持っているので、また次回頑張って欲しいと思います。

晶は今まで見た中で1番良い試合をしていました。陽生を相手にあれだけ頑張って戦えたのですから大きな成長です。
ここのところ頑張って毎回試合に出ているのであと一息で勝てるようになると思います。

陸翔は真白に勝っての1勝なので、大きく飛躍したと思います。
自分より体の大きな相手にしっかり戦えたこと、技有りは取れませんでしたが、とても良いタイミングで右の上段回し蹴りを何度も出していました。次回あたりメダルに手が届くのではと思います。

真白は身体が大きく、みんなより有利なところがたくさんあるのにそれを全然生かせていないと思います。
自分の身体や体重を動かし切る体力がない為、逆に足かせになってしまっています。
もっと基礎体力を付けて自分の身体を使い切ることが出来るようになれば、手がつけられなくなるのではと言う期待もあるので、頑張って欲しいと思います。


優勝 菅野 陽生
良く頑張りました。
今回は圧勝だったと言って良いと思います。
身体能力も高く、撃ち合いにも強く、身体も柔らかくいろんな蹴り技も出せるので、この勢いで頑張って行けば、大きな試合でも活躍出来るようになると思います。

準優勝 馮 旭
この準優勝は大快挙です。
1年生で、2学年3学年上の人や自分より頭一つ一回り身体の大きい相手と普通に撃ち合ってしまい、決勝以外では圧倒してしまうのですから凄いです。
これだけセンスがある人が努力するのだから、同学年の人が旭に勝つのはなかなか難しいと思います。日本一、世界一の力は確実に持っていると思います。 
もちろん大人まで空手を続けて欲しいと思っていますし、これからも成長して行ってくれると信じていますが、
日本一、世界一になるチャンスなんてそうそうあるものではないですし、その時に掴まなければ、その後二度とチャンスが巡って来ないことだってあるので、掴める時に頑張って掴み取って欲しいと思います。

国際空手道連盟極真会館
東京城南京浜支部 
2022年夏季組手競技支部内交流試合
日時:令和4年6月26日(日)
場所:大森道場

第1部 参加者9名
スタッフ
長、平野、平澤、浜田、中村、廣田、平野

中学生の部 参加者2名
中学生になっても頑張って試合に出続けている道場生が2人もいる事がとても嬉しいです。
頑張って2人で切磋琢磨して行って欲しいと思います。

翼は結果は出ませんでしたが、着実に成長はしていると思います。
その場の勝ち負けに心を左右されることなく、自分の努力は無駄ではない事を信じて、これからも変わらず稽古に励んで欲しいと思います。
それとやはりもっと体重を付けて身体を大きくして行って欲しいと思います。 

理音との差が広がっているのは、技術ではなく、そこではないかと思います。

優勝 三尾 理音
身体が成長してきて突きや蹴りに重さが付いてきました。
右の蹴りはとても良いので左の蹴りと前蹴りなどの縦の技も出せるともっと良いと思います。

回転系の技や大技なども今のうちに稽古して試合で出しておくと良いと思います。
身体が大きくなるとそのような技を習得するのも難しくなりますし、試合で出すのはもっと難しくなります。
多彩な技を試合の中で試すことが出来ると良いと思います。
この勢いを止めることなく頑張って行って欲しいと思います。