東工大を卒業した私がヒーラー、チャネラーになった訳

第30話 アソコまでもが、チクチクと音を立てるように縮んでいたのです。

 

右ポケット

 

自分を責めるを解決する専門家

阿川智昭です。

 

 

最初から読まれる方は、『東工大を卒業した私がヒーラー、チャネラーになった訳 第1話 憧れの眼差し』をクリックしてご覧ください。

 

現在、執筆中の5つ目の訳をお知りになりたい方は、『第27話 その時、私は震えていました。』からご覧ください。 

 

 

...♪...

 

 

いよいよ、その大切な

木曜日の朝を迎え

 

私はその薬の感触を

充分に確かめていました。

 

 

玄関に向かう直前。

 

前の晩にスーツの上着の

右ポケットに忍ばせた薬の

PTPシートのヒンヤリした冷たさと

 

その銀色の縁から中指の腹にメリ込む

チクチクと刺さるあの感覚を一回二回。

 

 

これで大丈夫だ...。

後は勇気を出して

飲むだけだ...。

 

 

と残りの薬が入った薬袋が

カバンにあることも確かめ

 

玄関の扉の前に立つと

深く息を吸い込んでから

 

いつもより勢いをつけて扉を開け

職場に向かいました。

 

 

いつもの道順で

いつもの電車に乗り

 

いつもの時間に

いつもの職場に着いた...

 

 

ハズなのに

ちょいちょいと身体が

フワフワと浮く感覚が

 

思い出したように

合間合間に湧いてくるのでした。

 

 

心療内科で出された薬が

身体に入ることで

 

自分ではどうにもならない

何かの反応が起きてしまうかもしれない

という恐れや不安と

 

薬で楽になるのかもしれない

意外にちゃんと効くのかもしれない

飲めば飲むほど良くなるんじゃないか

 

という期待と希望が

入れ乱れていたからでしょう。

 

 

松月庵

(余談です。不要な方は飛ばしてくださいね。職場近くのお気に入りだったお蕎麦屋さんの松月庵です。偶然にも、私の護り神の一つである龍が緑色に写っています。良く観るとウロコも確認できますね。ランチタイムのかき揚げ丼セット800円がオススメです。かき揚げと、そこにかかっている甘辛のつゆと、ご飯の織りなすハーモニーの虜になっていました。久ぶりに立ち寄り、パシャリ。)

 

 

 

そして、昼休みは...

 

いつもの時間に

いつもの蕎麦屋で

いつもの蕎麦をすすり

 

職場に戻って

出発の時を待つ頃には

 

手からジンワリと

汗が滲み出てきました。

 

 

薬を飲んだら

どうなるんだろうか?

 

 

1錠

 

 

職場を離れ、地下鉄の改札を抜け、

鼓動の高鳴りとフワフワを感じながら歩き

 

右手はスーツの上着の右ポケットの

布地の感触を掻き分けるように

そのチクチクに辿り着きました。

 

今度は中指だけでなく、人差し指も加えて

銀色の縁にメリ込むあの感触を確かめ

さらに親指をそっと縁に添えてから一気に

 

 

プスッ!?

 

 

と開けながら歩き

それをポケットの中の

空気に触れさせたのです。

 

自動改札

 

 

それでも、尚も私は歩きながら...

 

地下鉄のホームに佇む人々が

私に無関心であることを確かめて

その薬を口に入れました。

 

そして、すぐさま、もう一度だけ

誰の視線も自分に

向けられていないことを確認して

 

水の入ったペットボトルを

カバンから取り出しては

 

水を飲み込むように流し込み

胃の中へと一気に落とし込みました。

 

 

 

私はようやく立ち止まり...

 

全身に意識を広げると

水を吸い込むハズもない胃の粘膜が

グスグスと動き始めていました。

 

 

早くも薬(異物)に

反応しているのか?!

 

俺の身体も

良くできたもんだぁ...

 

だけど...

それでも...

薬を...

 

飲まなくちゃ

ならいのかぁ...。

 

 

 

そして、胃の粘膜が

チクチクと音を立てるように

縮んでいたのです。

 

 

 

(『第31話』 に続く...)

 

今回は『第30話 アソコまでもが、チクチクと音を立てるように縮んでいたのです。』について、お話しました。

 


クローバー バナークリック・ヒーリング クローバー
クローバー ワンポイント・レッスン クローバー
 

クリックしても
全く何も感じないという方でも
ご安心ください。

ちゃんと
ヒーリング・エネルギーは
流れています。


もし、受け取ってる感覚を
流れている感覚を
味わいたい方は

あなたに直感が
働いている時のその感覚に
充分に意識を向けてからクリックして

流れ込んでいる
エネルギーを感じるのも
その方法の一つです。
 

 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹

 虹 バナークリック・ヒーリングの 虹

 虹 エネルギーを受け取る方は 虹

 虹 こちらから、どうぞ! 虹

 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹

 

↓↓↓

 

(クリックするとエネルギーが流れ始めます。)

 

【クリック・エネルギーの受け取り方】

 

私の顔写真のバナーをクリックして

人気ブログランキングの

画面に変わりましたら

 

エネルギーが

流れ始めますので

 

リラックスできる空間で

阿川智昭から受け取ることに

意識を向けながらクリックしてください。

 

 

詳しくお知りになりたい方は

こちらでご確認ください。

 

↓↓↓

 

【クリック・エネルギーの受け取り方】

 

 

 

エネルギーは受け取りたくないけれど

応援クリックをされたい方は

 

↓↓↓

 

をクリックをしてくださいね。

 

 


 

無料のメルマガへのご登録は

こちら ↓↓↓ です。

自分を責めるを解決するメール講座




虹 ~ 今後のスケジュール ~ 虹


魂と繋がる歌の唄い方®1Dayワークショップ

日時&場所:未定

 

 

 

 

一斉遠隔ヒーリング

『満月と新月のエネルギーと繋がり、魂の望みを生きる』

 

⇒日時:12/4(月) & 12/18(月)

(セットでのご受講となります。)

場所:リラックスして自分を感じられる空間

料金:約28日間で15,000円

 

 

 

⇒ 個人セションのお申込みはこちらから 

 

 

 

 

私がヒーラー・チャネラーになるまでの物語シリーズを最初から読まれる方は『東工大を卒業した私がヒーラー、チャネラーになった訳 第1話 憧れの眼差し』をクリックしてご覧ください。

 

 

1つ目の訳をお知りになりたい方は

第3話 実は... ゼロだったんです。』からご覧ください。

 

 

2つ目の訳をお知りになりたい方は

第13話 2つ目の訳は... 心の中にありました。 』からご覧ください。

 

 

3つ目の訳をお知りになりたい方は

第16話 笑って欲しかったぁ...ただソレだけでした。 』からご覧ください。 

 

 

4つ目の訳をお知りになりたい方は

第21話 突然、箸がつかめなくなりました。 』からご覧ください。 

 

 

5つ目の訳をお知りになりたい方は

第27話 その時、私は震えていました。』からご覧ください。 

 

 

 

どくしゃになってね!

 

 

『東工大を卒業した私がヒーラー、チャネラーになった訳』第1話   憧れの眼差し第2話   希望の光第3話   実は... ゼロだったんです。第4話   親友第5話  その正体は○○でした。第6話  転移第7話  転移のメカニズム第8話  それは、反省という名の... 第9話  ある決意第10話 大粒の涙第11話 情熱と夢第12話 情熱とは...第13話 2つ目の訳は... 心の中にありました。 第14話 それこそが、その時の神だったのです。第15話 神は何処へ?第16話 笑って欲しかったぁ...ただソレだけでした。第17話 穴派ですか?ジェル派ですか?第18話 なんの前触れもなく一気に持ってかれました。第19話 トラウマ。そこに大切なことを見逃していました。そして、、、。第20話 過去を癒すには...?① トラウマを扱い自分を愛する。
第21話 突然、箸がつかめなくなりました。

第22話 その病とは...①
第23話 その病とは...② ヒントは職場にありました。
第24話 その病とは...③ その苦しみの正体は...

第25話 その病とは...④ 診断結果 
第26話 サインが導いてくれました。
第27話 その時、私は震えていました。

第28話 懺悔(ざんげ)の奥にソレは潜んでしました。
第29話 意図が背中を押してくれたのです。
第30話 アソコまでもが、チクチクと音を立てるように縮んでいたのです。