小さな節目を意識する | レンタル彼氏PREMIUM「小野寺薫」オフィシャルブログ

レンタル彼氏PREMIUM「小野寺薫」オフィシャルブログ

レンタル彼氏PREMIUM「小野寺薫」オフィシャルブログ


テーマ:

11月も今日で終わりです。月の出鼻を誕生日で迎えて、新しい仕事に就き、東京という街に少しずつ馴染んできたところです。

いよいよ今年も残るところあと1ヶ月。2018年をどのように締めくくるか、それによって2019年の景気というか、「流れ」のようなものが変わるように思います。

このブログを読んでいる方(或いは読める年齢の方)であれば、年を取るにつれて「時間の流れが速く感じる」という感覚を味わったことがあるはずです。

以前読んだ『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』という心理学の本にその理由が書かれていたので簡単に紹介します。

なんでも人間は時間に「節目」があればあるほど、時間の流れを遅く感じるようです。

例えば子供は社会に出るまでの間に小中高大と分かりやすい節目があり、授業は時間割で細かく区切られている。未経験のことや知らないことも沢山あって、毎日を新鮮な気持ちで過ごすことができる。

逆に一旦社会に出ると、節目を迎える機会は一気に減りる。結婚して子供ができるとか、仕事が変わって新しい場所に住むとか、身近な人の死など、子供の時ほど多くはありません。

そうすると段々「昨日」と「今日」の境界線がゆるやかになり、信号のない高速道路を車が走るように
あっという間に時間が過ぎていく。簡単にまとめるとそういうことのようです。

時間というものがそういうものであると理解した上で、やっぱり1度きりの人生、濃密なものにしたいですよね。

だからこそ、1ヶ月、1週間、1日と、自分なりに工夫して時間の節目を意識することが僕は大切だと思います。

そういう意味で、このブログは僕の1日の節目を意識させてくれる重要なツールです。「今日はこんな事を考えた」と認識するだけでも、昨日と今日の違いはハッキリします。

日常の中に意図的に「小さな節目」を作ることができれば、もしかしたら今までよりも濃密な気分で1日を過ごせるかもしれません。

終わりよければ全てよし、新年のカウントダウンに向けて、12月も1日1日を大切に過ごしましょう。

レンタル彼氏PREMIUM「小野寺薫」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス