眠りは、癒しである。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。

かつて、


ショートスリーパー絶賛!


=短時間睡眠によって

起きている時間を増やしたほうが

人生、お得である!


というような時代がありましたが、



最近は、医学・生理学的にも、


イギリスのロンドン大学や

アメリカのスタンフォード大学などの

世界最先端の睡眠研究所から、


ショートスリープに対して

否定的な見解が

出されるようになっています。


***


睡眠時間が極端に少ないのに

長時間働き続けることができる

人たちの睡眠遺伝子を調べてみると、


人のカラダに備わった、


「本来のリズムに関係する

時計遺伝子に変異が起こっている」


ことが分かったのです。


2009年の学術雑誌『Science』にも、


「睡眠時間の長短というのは遺伝である」


と発表されています。



これは大人だけではなく、

子どもにも見られたので、


特殊な睡眠遺伝子が

遺伝したためによるものだ

ということが分かったのです。

 


***


たしかに、

かのナポレオンをはじめ、


また、あなたの周りにも

「あの人はいつ寝ているの?」


と言われるくらいに

眠らず元気な人がいるものですが、


こういう人は

〝超人〟というよりは、
〝特定遺伝子を持った人〟

だと思ったほうがいいですね。


ただ、ほとんどの人は

短眠の遺伝子は持っておらず、


これは短時間睡眠方法などの

トレーニングでなんともならないものらしいです。


普通の人が

ショートスリーパーになるのは

健康を害したり、パフォーマンスが

明らかに低下したりする可能性が高く、


つまり、だれでも真似できるような
ものではないということを知っておきましょう。
 

***


やっぱり、

僕らの本能はわかっています。


眠い時には眠ろう。


今日も、ゆるりとお休みなさい。



***


おのころ心平と

ゆかいな仲間たちでお送りする

1DAYオンライン無料イベント

       ↓


★詳細&無料エントリーは、こちら から!!