「おなかポッコリ」はなぜ起こる? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。

 

今朝の記事で、

陰陽の話をしましたが、

 

 

東洋医学の陰陽理論では、

 

・せなかを「陽」

・おなかを「陰」

 

としています。

 

え?

 

前にある「おなか」の方が

「陽」な感じがするけど・・・。

 

はい、人間になる前の

四つ足動物では、



太陽が当たる

せなかの方が「陽」で、

 

太陽の影になる

おなかの方が「陰」なのです。


***

 

そして、

陰陽理論でいうところの

 

陽の性質とは、

 

求心的、

収縮的

集まる、集める、

下降性、

動き、

暑さ、

外から内へ入る力、

 

つまり、

 

「しまる」性質のエネルギーです。

 

一方、

 

陰の性質とは、

 

遠心的、

拡散的

広がる、広げる

上昇性、

静かさ、

冷たさ、

外へ、外へ、飛び出そうとする力、

 

という、

「ゆるむ」性質のエネルギーです。


***
 

…はい。

というわけで…、

 

陽の背中は、

収縮して凝り、

 

陰のおなかは、

ゆるんでポッコリしてしまう

 

という現象が生じるのです。



なるほど…。

 

***

 

でも、逆に言うとこれは

陰陽のメリハリの

ある生活を意識できれば、

 

背中は適度に緩み、

おなかは適度に引き締まる、

ということになります。

 

そこで、

 

おなかポッコリを鎮める

陰陽メリハリの生活法をご紹介!!


1.背中をゆるめましょう。

 

おなかをどうこうしようとする前に

背中のコリや冷えをとる!

 

2.太陽―太陰(月)バランスを

意識しましょう。

 

陰陽バランスとは結局のところ、

 

大きな陽=太陽

大きな陰=月(太陰)

 

とのバランスに帰結します。

 

陰=月を意識できていないと、

おなか=陰という局所に集中して

ゆるみを作ってしまうのです。


月を意識した生活で、

カラダ全体にリラックス効果を呼び込み、

 

背中に緩和をもたらして

おなかという局部に生じてしまった

ゆるみ(ポッコリ)を分散してあげましょう。

 

陰極まって、陽となす2週間、

ぜひ参考にしてくださいねー。

 

***

 

おのころ心平と

ゆかいな仲間たちでお送りする

1DAYオンライン無料イベント

       ↓

 

★詳細&無料エントリーは、こちらから!!