ワクチン予防効果は…40%!? | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。

 

衝撃の発表・・・

   ↓

 

WHOの

テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、

接種済みの人の多くが、他の感染予防策が

もはや不要になったと思い込んでいると指摘。

 

だが感染力の強いデルタ株のまん延により、

以前は約60%だったワクチンの感染予防効果が

約40%に低下しており、

 

接種を完了した人も感染予防策を

続けなければいけないと訴えた。

テドロス氏は「ワクチンは命を救うものだが、

完全に感染を防ぐものではない」とし、

 

接種をすれば重症化や死亡のリスクは

かなり低くなるが、自身が感染したり、

他人に感染させたりするリスクはあると説明。

 

接種後も、マスクを着け、対人距離を保ち、

人混みを避け、人と会う時は屋外か

通気の良い屋内にする、

などの対策を怠らないよう呼び掛けた。

 

***

 

40%とは、低すぎる!

と思ってしまいました。

 

・・・にもかかわらず、

アメリカ・ヨーロッパをはじめ、

各国がワクチン全普及を目指そうとする

意味が、わからなくなってきました。

 

先日の、

  ↓

 

にもあったように、

 

ワクチン接種した上、

重要な外交を務めていた

フランス首相が、

コロナ陽性で、

 

結果、各国要人に感染を広めた

というケースもありますから。

 

ワクチン主導は、限界なんだろうに、

と思います。

 

しかも、規制が長引くと、

それそのものが、

国民の免疫力を下げ、

また、希望の力も奪ってしまいます。

 

ワクチン、ワクチン、

打て打て打てと上から

押さえつけるばかりでなく、

 

コロナ治療薬開発に大きく注力して、

感染しても大丈夫!と下から支える

社会体制を一刻も早く実現してほしい

と思います。

 

***

 

おのころ心平、

自分医学シリーズ

2021ファイナル!

     ↓


 

がんのココロ、自然治癒力のココロ、


★12月8日(水)本編

    +

★12月15日(水)質疑応答編

(いずれも1週間の録画視聴付)

 

●詳細・エントリーは、こちら から!!