イギリス、ワクチンパスポート導入せず! | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


 

イギリスでは、

 

ワクチンパスポートを

導入しない方針を示しました。

       ↓


 

英政府は、人口の大半を占める

イングランドで計画されていた

イベントなどでのワクチンパスポート

(接種証明書)の提示について、

 

導入しない方針だ。

 

ジャビド保健相が

12日の英BBCで明らかにした。

 

ワクチンパスポートは

ドイツやフランスなどですでに

導入されている。

 

イングランドでもナイトクラブや

大勢が集まるイベントなどで

9月末から導入される計画だったが、

 

業界や与党・保守党内の

一部議員が反対していた。

 

ジャビド保健相は

 

「日常的な活動のために、

書類を見せなければならない

という考えは好ましくない」

 

と述べた。


 

***

 

なるほど、なるほど・・・。



 

一方、こちらアメリカでは、

     ↓

ニューヨーク州の

アンドルー・クオモ知事が

 

州内の全病院と長期療養施設の

職員に対して遅くとも今月27日までに

1回目のワクチン接種を義務付ける

と発表して以来、

 

ルイス郡では病院の職員30人

(うち21人は臨床部門の職員)が

辞職しているという。

 

このうち6人は産科病棟に勤務していた。


 

***

 

なんか、

ワクチン接種をしない

職員のせいで・・・みたいな

報道の流し方だし、

 

政府の発表の仕方ですが、

 

強引な政治の進め方の責任は

問われるべきかもしれません。

 

国民への丁寧な説明は

いつでも、どの国でも大切です。


 

癒しの本質を探求する連続講座。

      ↓

 

★内容詳細は、こちら から。