もしも、あなたがカウンセラーを目指すなら。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


心理学用語で、


「スコトーマ」

という言葉をご存じでしょうか? 



日本語にすれば

盲点ですが、


物理的に視界には

入っているはずなのに、

 

心理的なブロックが働いて

認識できていないものが

たくさんあるのです。




私たちの脳は、

過去によく見てきたものであれば、


抵抗なく、すぐ認識できるので、

それを優先的に見ようとします。


脳には

いつものありふれた映像を

優先的に見ようとする癖がある。


ちゃんと見ているようでも、

必ず見落としがある。


僕らカウンセラーや治療家は、


そうした見落としを伴う

視覚というものを、


意識的に使うトレーニングを

積んでいます。


つまり、

普通は見ないようなものを

見ようとする訓練を

心がけているのです。


***


人が見ないものを見る

というのは、

どういうことでしょう? 


例えば、僕などは


通りに出ても、


自分の横を歩いている人、

前を歩いている人が、


カラダのどちらに

重心が偏っているのか、


足の親指の付け根に

重心があるのか、

小指側に重心あるのか、


体の右側に傾いているのか、

左側なのか・・・、



そんなふうに意識を向ければ、

新しいものを見ることは

いつでもできる。街なかに材料は

たくさんあるということですね。


***


だから、スマホのなかだけに

自分の視覚を絞っているなんて、

けっこうもったいないことだなー

と思っています。


せっかく歩いて

いろいろなものがあるのに

あの小さな窓以外を

スコトーマにしてしまうなんて・・・。



外に出たら、

今日はじめて目にするものを、

意識的に見るということ。


これは、あなたに

人と違ったきらりと光る

感受性をもたらすとても素敵な

トレーニングになるはずです。


実践的心理療法の

入門編を体験したい方はこちらー。

 

        ▼


緩和ケア医

心療内科医

黒丸尊治Dr.× おのころ心平

コラボセミナー in 福岡!


毎年恒例の特別体験セミナーに、

東京へのゲストで

呼んでいただくことになりました。


      ↓




※詳細は、コチラ から。