なぜか他人の感情が、自分のココロに入ってくる。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


たとえば、


パートナーが傷つくと、

自分も傷つく。

 

自分の子どもが泣くと、

自分も悲しくなる。

 

友だちが幸せだと、

自分も幸せ。


人なら誰しもある程度、

他者の感情を

自分に取り込むことが

ありますが、


敏感体質の人は、

その度合いが激しいのです。



***



脳科学研究によると、

脳の中には、

共感システムに
特化した神経細胞があるそうです。




人の感情をまるで

鏡の映し取り、

その人の苦しみ、恐れ、怒り

そして、喜びを
感じることができる脳細胞。


この脳細胞を、
ミラーニューロン

と呼んでいます。



***



敏感体質の人は、

このミラーニューロンの働きが

極端に強いので、


他人の感情まで

まるで自分のことのように

感じてしまうということです。



その観点でみると、

サイコパスと

呼ばれる人たちの場合は、


反対にミラーニューロンの働きが

何かのきっかけで抑制されている

と考えられています。


サイコパスと呼ばれるたちは、

無条件に誰かを愛する

ということがわかりません。



敏感体質の中でも

エンパスと呼ばれる

共感力が異常に強い人たちは


サイコパスの言動に

振り回され、

疲弊してしまうことも多く見られる

現象です。



***


HSP、

エンパス、

サイコパス、

ソシオパス・・・


インディゴチルドレン

クリスタルチルドレン

レインボーチルドレン・・・


一度、これら性質について

まとめて学んでおきましょう。


  ▼


「敏感体質」の新ライフスタイルとは?

おのころ心平、自分医学講座・5月!





 


●詳しくは、コチラ から。


※お申し込み多数!!

※5月10日受付締切です。